映画『007 慰めの報酬』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「007 慰めの報酬」のネタバレあらすじ結末

007 慰めの報酬の概要:前作で心から愛した女性、ヴェスパーを失ったジェームズ・ボンド。何故彼女は命を落とすこととなったのか。ボンドが愛の為、正義の為、その真相に迫って行く。ダニエル・クレイグがボンドを務めた第2作目。

007 慰めの報酬の作品概要

007 慰めの報酬

公開日:2008年
上映時間:106分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:マーク・フォースター
キャスト:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ etc

007 慰めの報酬の登場人物(キャスト)

ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)
MI6に所属するエージェント。実力派であるが、単独行動が目立つ。
M(ジュディ・デンチ)
ジェームズ・ボンドの上司。破天荒なボンドに手を焼いている。
ドミニクグリーン(マチュー・アマルリック)
環境団体のCEO。しかし、とある裏の目的を持っている。
Mr.ホワイト(イェスパー・クリステンセン)
ボンドによって捕らえられた男。クォンタムという組織に所属している。
カミーユ(オルガ・キュリレンコ)
親の仇であるメドラーノに復讐を誓った女性。ボンドと行動を共にする。
メドラーノ(ホアキン・コシオ)
ボリビア軍事政権の元トップ。ドミニクグリーンと手を組む。

007 慰めの報酬のネタバレあらすじ

映画『007 慰めの報酬』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

007 慰めの報酬のあらすじ【起】

前作でヴェスパーという心から愛した女性を失ったボンドは、Mr.ホワイトを捕らえMI6の基地へと連行していた。その尋問の最中、Mr.ホワイトは「我々の組織、クォンタムはどこにでもいる」と不敵に笑みを浮かべるのだった。するとその言葉の直後、MI6の職員が何とボンド達に向けて銃口を向けるのだった。実はその職員も、クォンタムの一員だったのだ。

逃走したその職員を追い、ボンドは街中で激しい追走劇を繰り広げる。本来であれば職員を確保しクォンタムに関する情報を得る必要があったボンドであったが、その激しい応酬の中で相手を射殺してしまうのだった。ボンドは何か手がかりが残されていないかと、その職員の家を捜索する。そして、ハイチにクォンタムに繋がる何かがあるという確信を得たボンドはすぐさまハイチへと飛ぶのであった。

ハイチのホテルに着いたボンドは何者かに襲われてしまう。しかし、ボンドはMI6の中でも有数の実力者である。彼は見事その襲撃者を下すと、その場にいたカミーユという女性の後を追うのであった。

007 慰めの報酬のあらすじ【承】

ボンドをまいたと思ったカミーユは、自らの愛人であるドミニクグリーンの元へと向かう。しかし、彼は自分の利益の為に彼女をメドラーノ将軍という人物に受け渡してしまうのだった。カミーユと将軍を乗せた小型船は港を出港する。しかし、その一部始終をボンドが影から見ていたのであった。

ボンドは停泊してあった小型ボードに飛び込むと、そのボートごと2人の乗る小型船に突っ込んで行ったのだ。そしてボンドはカミーユを連れその場から逃走するのだった。しかし、ボンドのその行為に対してカミーユが怒りに燃える。実は彼女は、自身の両親を殺したメドラーノを殺す為この機会を待ち続けていたのだった。

一方のボンドは、ドミニクグリーンの正体について迫っていた。彼は環境団体のCEOであり、CIAの人間とも繋がりがある人物だった。しかし彼が何かを隠していると勘付いたボンドは、グリーンの正体を掴むべく彼を追う。しかし、グリーンもまたボンドが自分に近づいていることに気がついていた。

007 慰めの報酬のあらすじ【転】

自身の判断で調査を進めるボンドであったが、突然襲撃をかけてきた人物を殺害してしまう。しかしその人物は何とイギリス大統領の護衛を務める男であった。ボンドは00の資格を剥奪されてしまうが、それでも彼は調査を止めることはなかった。

ボンドは知り合いの協力を得ると、グリーンの主催する大規模なパーティに潜入する。しかし、その協力者が汚職警官に殺害されてしまう事件が起きる。ボンドは調査を続け、とある「不毛の地」に辿り着いた。しかし、一見死に果てたように見えるその土地であったが、実はその場所には豊富な水があった。グリーンはこの水を独占し、巨額の富を手にしようと企んでいたのだ。

グリーンの目的を掴んだボンドは、宿泊していたホテルへと戻る。すると何と、そのホテルで自らの別の協力者が石油まみれとなって殺害されていたのだった。ボンドが捜査を進める限り死者が出続ける、そう考えた彼の上司、Mは、ボンドに任務を中止するよう伝える。更にCIA職員もまた、ボンド逮捕のために動き出していたのだった。

007 慰めの報酬のあらすじ【結】

そんなボンドを利用してメドラーノに復讐を果たそうと考えているカミーユがCIAに追われているボンドを助け出す。メドラーノとグリーンが取引をする場所を突き止めた2人は、取引場であるホテルへと向かうのであった。

ボンドはホテルに正面から乗り込むが、敵と激しい銃撃戦となってしまう。ガス管を爆発させたボンドは、ホテル全体を火事に追い込む。一方、カミーユは単独メドラーノの元へと向かっていた。そして見事メドラーノを殺し、復讐を果たしてみせるのだった。ボンドはグリーンと戦っていたが、炎渦巻くホテルに取り残されたカミーユを助けるべく、ホテルの中に突撃する。カミーユを助け出したボンドは、その後同じく脱出を果たしていたグリーンを捕らえる。

グリーンを砂漠のど真ん中まで連れて行ったボンドは、その場所に彼を置き去りにするのだった。その後、グリーンは頭に銃弾が撃ち込まれ胃の中にはガソリンが入った状態で発見された。Mは、再びボンドを007に戻したいと彼に提案するが、ボンドは「元々やめたつもりはない」と不敵に笑うのだった。

Amazon 映画『007 慰めの報酬』の商品を見てみる