映画『127時間』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「127時間」のネタバレあらすじ結末

127時間の概要:登山家アーロン・ラルストンの自伝を基に、旅行中の事故で究極の選択を迫られる登山家の心の葛藤を、雄大な自然と圧倒的な演技力で見せるヒューマン・ドラマ。監督は『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル。

127時間の作品概要

127時間

公開日:2010年
上映時間:94分
ジャンル:ヒューマンドラマ、アドベンチャー
監督:ダニー・ボイル
キャスト:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン etc

127時間の登場人物(キャスト)

アーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)
若き登山家。自由奔放な性格で、誰からも縛られない生活を好んでいる。

127時間のネタバレあらすじ

映画『127時間』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

127時間のあらすじ【起】

登山家アーロン・ラルストンはある日、仕事を終えるとその足でキャニオンランズ国立公園へと向かう。そこは雄大な自然と、どこまでも巨大な渓谷が続いており、アーロンはその場所を「第二の故郷」と呼ぶほど愛していた。

夜のあいだ車を走らせ続け、日が昇るとともに自転車に乗り換え、数十キロ先の渓谷へ向かう。アーロンはその道中をハンディカメラで記録し続けていた。

少し休んでいると、遠くから若い二人の女性観光客が歩いてくるのが見えた。どうやら道に迷ってしまっているらしい。アーロンは親切に道を教えるが「もっとスリリングな道がある」と彼女らを案内する。

そこは足場のない岩場で、岸壁にしがみついて移動しなければならない危険な道だった。騙されたと文句を言う女性たち。しかしアーロンは気にも留めない。ある地点を過ぎると、突然アーロンは手を離し、はるか下の奈落へ落ちていった。悲鳴を上げる女性たち。

しかしそこは数十メートル下に水場があり、彼はそこへ飛び込んだだけだった。勇気を出して飛び降りろと彼にそそのかされ、彼女たちも恐る恐る水に飛び込む。すっかりその爽快感の虜となった彼女たちは、アーロンと共にしばらくその場所で楽しいひと時を過ごす。

彼女たちは別れ際「明日ホテルでパーティーを開くから、よかったら来てよ」とアーロンを誘う。アーロンは「わかった」と言い、彼女たちに別れを告げた。

127時間のあらすじ【承】

再び一人になったアーロンは、ブルー・ジョンと呼ばれる裏道へと足を踏み入れる。足場がほとんどなく、先程と違い下は水場ではない。慎重に歩を進めるアーロンだったが、足を置いた岩場が崩れ、巨大な岩もろとも数十メートル下へ落下してしまう。

痛みに顔を歪めるアーロン。落ちてきた岩に右腕が挟まれ、身動きが取れなくなってしまっていた。別れたばかりの彼女たちの名前を叫ぶが、彼の声は地上には届かない。

何か使えるものはないかと、アーロンは持ち物をあらためた。まずハーネスで体を安定させ、ナイフで岩を削り始めたアーロンだったが、安手のナイフでどうにかできるほど岩は脆くなかった。さらに岩が削れていくほど、その重みが右腕にのしかかってくる。彼の右腕が岩を支えているのだった。

彼はゆっくり腕の上でナイフを滑らせるが、そのまま断ち切れるほど刃は鋭くなかった。
喉が渇いたため水筒から水分を補給するアーロンだったが、ふと思い直す。あとどれくらい身動きが取れないか分からないため、貴重な水分を無駄にはできなかった。

127時間のあらすじ【転】

二日が経ち、三日が過ぎても彼の状況は好転しなかった。食料も水分も底をついた。やがて雨が降り出すが、それは恵みの雨とはならず、薄着で来た彼の体温を奪っていくだけだった。

朦朧とする意識の中で、彼は自分のこれまでの人生を回想する。父に連れられ初めて訪れたキャニオンランズの景色。別れた恋人のこと。

今の状況は、すべてこれまでの自分自身の行動の結果だと彼は思った。今回も、誰にも旅を邪魔されたくないため行き先を告げていなかった。その結果、救助など来るはずもなく、ましてや自分が事故に遭っているとは誰も思っていないだろう。人との繋がりの大切さをアーロンは感じていた。

水分が無くなったため、自分の尿を水筒に貯め飲み干すアーロン。ふとハンディカメラに記録した映像を再生すると、若い女性客たちが彼に内緒で残したメッセージを発見する。
「あなたは魅力的だけど、どこかへ行ってしまいそうで心配よ」
その言葉を聞き、彼の中で生への執着が増していく。

ナイフを右腕に突き立てるアーロン。ナイフの先に骨の感触を感じた。あとはその決断を下すのみとなっていた。

127時間のあらすじ【結】

安手のナイフでは骨までは断ち切れないため、まずは自らの骨を折った。強烈な痛みが彼を襲う。続いてナイフで肉を切り裂いていく。耐えがたい痛みに思わず目を見開くと、ナイフは神経に到達していた。呼吸を整え、一気に神経を断ち切る。痛みにもだえ苦しむ。無我夢中で腕を切り続けるアーロン。

次の瞬間、体は離れ後方へとよろけた。岩に残された自分の右腕をしばらく凝視する。彼はカメラで切れた右腕を撮影し「ありがとう」と告げた。

決死の思いで岩場から抜け出し、水溜まりの泥水に顔をつけ飲み下す。しばらく歩くと、遠くから家族連れの観光客の姿が見えた。声を振り絞って助けを求めるアーロン。彼の体力は限界に近付いていた。

観光客の助けを借り、無事に救出されたアーロン。彼はその後、結婚し子供を授かる。片腕を失ってからも、彼は果敢に冒険を続けた。しかし一つだけ変わったことがある。彼は旅に出る際、必ず行き先を記したメモを残していくようになったという。

Amazon 映画『127時間』の商品を見てみる