映画『13階段』あらすじネタバレ結末と感想

13階段の概要:江戸川乱歩賞を受賞した高野和明の同名小説を原作とした日本映画。2003年公開。反町隆史と山崎努がそれぞれに重い過去背負った男を演じ、10年前の冤罪事件を解決していくサスペンス。

13階段 あらすじネタバレ

13階段
映画『13階段』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

13階段 あらすじ【起・承】

松山刑務所で刑務官を務める南郷正二(山崎努)は、杉浦弁護士から“死刑囚樹原の冤罪を晴らしてほしい”という依頼の手伝いを頼まれ、相棒に三上純一(反町隆史)を選ぶ。

三上は3年前、傷害致死により佐村恭介という男を殺してしまい、最近まで南郷のいる松山刑務所に服役していた。

三上の事件以降、家族の生活は困窮しており、三上は金のために南郷の依頼を受ける。

樹原は10年前千葉県中湊郡で起きた“宇津木夫婦殺害事件”の犯人とされ、7年前に死刑が確定していた。
しかし、樹原は事件当日の夜バイク事故で頭を打ち、前後の記憶がない。

2か月前、そんな樹原の冤罪を晴らしてほしいという依頼人が現れた。
樹原の死刑執行までのタイムリミットは3か月とされていた。

偶然、三上が殺した佐村恭介の実家もこの町であり、三上は父の佐村光男へ謝罪に行くが
“死んで償え”と罵倒される。

樹原は“階段を上っていた”という記憶だけを取り戻し、南郷と三上は現場周辺のどこかに階段があると信じて、それを探し始める。

しかし、三上の前歴を聞いた依頼人から抗議があり、三上は帰ろうとする。南郷は“自分も人を殺したことがある”と言って三上を引き止め、自分の過去を語る。

南郷は東京拘置所に勤務していた頃、寺田(宮迫博之)という死刑囚の死刑執行ボタンを押したことがあった。
悔い改めた寺田の死刑を執行した自分を責め続けており、そのことで妻ともうまくいかなくなっていた。

13階段 あらすじ【転・結】

殺害された宇津木は元受刑者たちの保護司をしており、樹原もその中の一人だった。

南郷と三上は殺人の前歴で宇津木の保護下にあった安藤を訪ねる。
安藤は現在大きなホテルのオーナーとして成功しており、宇津木は人格者だったと話す。

そんな中、南郷は事件当日の夏祭りの夜、三上がこの町にいたことを知る。
南郷は三上に“お前を信じたい”と告げ、三上に正直に話してほしいと頼む。
三上は“この町にはいたが宇津木夫婦は殺していない”とだけ答える。

2人は、昔この近くに“満願寺”という寺があり、その寺が土砂に埋まっていることを知る。

捜索した結果、土砂に埋もれた満願寺を発見し、ついに階段も見つける。
そしてそこには凶器も隠されていた。

警察の鑑定の結果、その凶器から三上の指紋が見つかり、三上が真犯人として疑われる。
南郷が姿を消した三上を探す中、樹原への死刑執行命令が出てしまう。

嵐の夜、南郷は安藤を訪ね、2人で満願寺へ向かう。
車中で南郷は安藤が真犯人だと確信し、安藤も宇津木に脅迫されていたことを告白し罪を認めるが、2人は外でもみ合いとなる。

一方、三上は満願寺で宇津木の通帳を見つける。そこには佐村がいた。
佐村は三上を死刑にするため、10年前の事件の真犯人を三上に仕立て上げようと裏工作をしていた。そして、今回の依頼人も佐村であった。

佐村は三上を殺そうとするが、倒れてきた柱の下敷きとなり、三上は佐村を助ける。
そこへ南郷が駆けつけ、2人は無事に事件を解決し、樹原も再審請求が認められる。

三上は、植物状態になっている恋人の友里のもとを南郷と訪れ、10年前の夏祭りの夜にあったことと、佐村恭介殺害の真相を話す。

やっと自分と向き合えるようになった2人は、それぞれの新しい道を歩き始める。

13階段 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2003年
  • 上映時間:122分
  • ジャンル:サスペンス、ヒューマンドラマ
  • 監督:長澤雅彦
  • キャスト:反町隆史、山崎努、田中麗奈、笑福亭鶴瓶 etc

13階段 批評・レビュー

映画『13階段』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

見せ場がどうしても…

この映画では、山崎努演じる刑務官南郷と反町隆史演じる元受刑者三上の過去が物語の重要なポイントとなる。

というより、東京拘置所で刑務官をしていた南郷と宮迫博之演じる死刑囚の物語が本作の中で一番心に残る。
刑務官と死刑囚の心の交流から、死刑執行そのものの様子まで描いたシークエンスは短い時間ながら胸に迫るものがあり、山崎努が執行直前の宮迫に向かって“寺田!”と呼びかけるシーンには鳥肌が立つ。

心から懺悔している死刑囚に対する刑の執行はどうなのだろう…執行する刑務官もまた人間なのだからこういう心の葛藤は当然あるだろう…と、この部分でいろんなことを考えさせられる。
それはとてもこの映画を意義あるものにしているのだが、前半の山場にこれがあるので、後半からの事件解決に至る展開とクライマックスが印象に残りにくい。

この映画の見どころを聞かれ“やっぱり山崎努の寺田!”と答える人は多いだろう。

殺されていい人なんていないよ

三上の恋人である友里はラストでようやく登場する。
事件が全て解決し、三上が植物状態になっている友里と南郷を会わせ、過去を語り始めるという設定だ。

細かく書くと長いので省くが、友里は自分をレイプした男を殺した三上に対して“殺されていい人なんていないよ”と言い、三上の復讐を穏やかにたしなめる。
このセリフは本作のテーマにもなっている重要なセリフだ。

しかし、それを言った直後に友里が自殺したとなると“自分を殺すのはいいのか?”という矛盾をどうしても感じてしまう。

友里の健気さと悲劇性を描きたかったのだろうが、都合よく意識を取り戻すラストの展開も加わって、何もかもが綺麗事くさくなってしまったのは残念だ。

13階段 感想まとめ

この映画の原作は同名のミステリー小説なので、物語のクライマックスは事件の解決なのだが、そこがイマイチなのでどうしても評価が下がる。

事件を解決するのが警察ではないとはいえ、証拠品となる凶器や通帳を南郷や三上が見つけ、佐村の浅はかな裏工作(凶器に三上の指紋をつける)を警察が鑑定で見抜けないというのはどうもあまりに都合が良すぎる。

事件当日の夜、安藤がどう宇津木夫婦を殺害し、樹原はそれにどう関わっていたのかが全く描かれていないのも、観客としてはストレスを感じるところだ。

山崎努の演技は抜群だし、すごく良くなる要素を含んだ作品なだけに残念な点も多いが、死刑執行現場の緊迫感を知ることができるだけでも観る価値はある。

Amazon 映画『13階段』の商品を見てみる