映画『17歳のカルテ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「17歳のカルテ」のネタバレあらすじ結末

17歳のカルテの概要:精神病を患い入院することになったヒロイン。現実と向き合うことに恐れている少女達が、現実を受け入れ社会復帰するまでの心の成長を描いた作品。スザンナ・ケイセンの自伝に惹かれたウィノナ・ライダーが製作総指揮を行っている。

17歳のカルテの作品概要

17歳のカルテ

製作年:1999年
上映時間:127分
ジャンル:ヒューマンドラマ、青春
監督:ジェームズ・マンゴールド
キャスト:ウィノナ・ライダー、アンジェリーナ・ジョリー、クレア・デュヴァル、ウーピー・ゴールドバーグ etc

17歳のカルテの登場人物(キャスト)

スザンナ・ケイセン(ウィノナ・ライダー)
抑うつを患う17歳で大人しい性格。後に境界性人格障害と診断される。いつも憂鬱で不安に苛まれているが、リサと過ごすうちに自分らしさを取り戻す。デイジー自殺後、現実と向き合うことに勇気を得て、社会復帰を目指すようになる。
リサ・ロウ(アンジェリーナ・ジョリー)
病棟のボス的存在。粗野で常に強気。自由奔放。病院内での過ごし方をスザンナに教える。自分より先に退院する者をやっかみ、追い詰めてしまう。入院歴8年。
ジョージーナ・タスキン(クレア・デュヴァル)
スザンナの同室者で、妄想虚言症を患っている。リサに怯えている。
デイジー・ランドネ(ブリタニー・マーフィ)
便秘薬に固執している薬物依存症。いつもツンとしているが、ベッド下に隠し物をしている。状態が安定したため、退院するも脱走して来たリサに追い詰められて自殺する。
ポリー・クラーク(エリザベス・モス)
半身の右側に酷い火傷の痕がある女の子。気弱だが、心優しい。動物が大好き。
ヴァレリー・オーウェンス(ウーピー・ゴールドバーグ)
女子病棟の責任者。精神異常者と長年付き合って来た人物。時に厳しく寛容な心でもって、患者たちと接している。

17歳のカルテのネタバレあらすじ

映画『17歳のカルテ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

17歳のカルテのあらすじ【起】

1960年代後半、抑うつにより夢と現実の狭間にいるスザンナは17歳。彼女はある夜、頭痛を緩和させようとしてアスピリン1瓶とウォッカ1瓶を併用し、病院へ担ぎ込まれる。
回復後、精神科医のカウンセリングを受けたスザンナは、本人が知らぬ間に両親が手続きをとっていたため、否応なしに精神病院クレイモアへと入院することになった。

クレイモアへやって来たスザンナ。彼女はそこで、女子病棟のボス的存在であるリサ・ロウに絡まれる。リサはクレイモアから2週間ほど逃亡していたようで、その間に彼女の親友だった患者が亡くなったらしい。その患者がいた病室へ、スザンナが入ることになったために絡まれたようだった。
リサはすぐさま、看護師たちによって捕縛され保護室へと隔離された。

過去の夢を見ては現実に戻る。行ったり来たりを繰り返すスザンナ。監視付きの入浴、定期的な投薬、周囲は頭のおかしい人だらけだったが、徐々に周囲と溶け込み始める。

リサが解放され、彼女が自由奔放に行動を開始。攻撃的だった面は成りを潜め、一転してスザンナと友好を深める。

17歳のカルテのあらすじ【承】

両親を交えたカウンセリングで、境界性人格障害と診断されたスザンナ。そのせいで更に落ち込んでしまうも、その姿を見たリサが友人達を引き連れ、夜中に病室を抜け出す。リサはあらゆる場所の鍵を隠し持っており、前回はそれを使って脱走したらしい。

隠し部屋でひとしきり遊んだ後、院長の執務室へ潜入した一行。各々が自分自身のカルテに目を通し、病気の自慢大会で盛り上がった。

季節は秋から冬へ。ある日、ヴァレリーに連れられ、大雪の中をみんなでアイスクリームを食べに町へ出た。しかし、店でスザンナの同級生親子と鉢合わせしてしまう。
同級生は立派な大学へ進学しているが、対してスザンナは精神病院に入っている。しかも、病院は彼女の地元にあるため、スザンナの事情は同級生なら誰もが知っていた。そのせいで、肩身の狭い思いをするスザンナだったが、リサと仲間達のお陰で相手を追い返すことに成功する。

それから数カ月。病院の生活にも慣れ、仲間達とも親交を深めたスザンナの元へ、元彼が面会に訪れる。スザンナは彼を自室に誘い、身体を重ねようとするもヴァレリーに注意されて庭へ。元彼はスザンナを病院から連れ出そうとするがしかし、彼女は仲間達を思い、自分は病気だからと彼の申し出を断るのだった。

17歳のカルテのあらすじ【転】

その日の夜、ポリーが悲観的になり騒ぎを起こして保護室へ隔離される。スザンナとリサは、2人でギターを持ち出して彼女に歌を唄って慰めた。スザンナに気がある看護師が止めに入るも、彼女は看護師を誘惑して身体を重ねてしまう。

翌朝、そのことがヴァレリーに露呈し、スザンナは院長と面会することになる。院長は彼女にアンビバレンスの言葉の意味を説き、自分の弱点を抱えて一生この病院に留まるか、それとも弱点を受け入れ退院するかをよく考えるように言う。

スザンナの後はリサが面会に向かったが、彼女はそれきり戻って来なかった。関係を持った看護師も男子棟に異動となり、1人になったスザンナは隠し持っていた薬を服用し、数日を寝てばかりで過ごす。だが、それに業を煮やしたヴァレリー。スザンナに自分が置かれた状況をよく見ろと促すも、彼女はヴァレリーの言葉を素直に受け入れられなかった。

その日の夜、リサが密かにスザンナの元へ。どうやらリサはショック療法を受けさせられていたらしい。彼女はスザンナを以前の親友の名前で呼び、共に脱走することになった。町へ出た2人は、ヒッチハイクした人々に誘われていかがわしいパーティへ参加。リサがそこで資金を調達する。

退院したデイジーを頼って、真夜中に彼女の自宅を訪ねた2人。デイジーは快く受け入れてくれるも、リサが彼女の腕にためらい傷を発見。デイジーを言葉で追い詰めてしまう。そんなリサの行動にスザンナは不審を覚えるのだった。

翌朝、散歩に出たスザンナが帰って来ると、同じ曲をずっと繰り返し鳴らしており、デイジーが起きて来ないとリサに聞かされる。スザンナは家の2階へ行き、バスルームでデイジーを発見。彼女は首を括って自殺していた。
スザンナは恐慌状態に陥りながらも、すぐさま救急車を呼んだが、リサはデイジーの姿を見ても驚かずにスザンナを置いて逃亡を図るのだった。

17歳のカルテのあらすじ【結】

遺体の第一発見者となってしまったスザンナ。知らせはすぐさま病院へも知らされ、カウンセラーが迎えに来た。悲しみに暮れるスザンナは、デイジーが飼っていた猫を連れて病院へ戻る。猫はたちまち仲間達の間で人気者となった。

その日の夜、ヴァレリーが病室へやって来る。スザンナは自分の気持ちを素直に吐露。ヴァレリーは彼女に、自分の気持ちをノートに書いて精神を落ち着かせるようアドバイスした。
その後、スザンナは一転して前向きとなり、社会復帰を目指すようになる。

数か月後、発見されたリサが病院へ戻って来る。彼女はまるで人が変わったかのようで虚ろな目をしていた。
退院前日の夜、ふと目覚めたスザンナ。保護室のドアが開いているのを発見し、地下通路へと誘われる。そこでは、リサがスザンナの日記を朗読していた。側にはジョージーナと猫を抱いたポリーもいる。スザンナはリサにより言葉で追い詰められ逃げ回るも、リサの真実を彼女に告げ返し戦意を喪失させた。

翌日の退院前、ヴァレリーの好意により、保護室のベッドに拘束されたリサの元を訪ねることができたスザンナ。彼女が告げた真実によって、リサはこれから快方に向かう可能性が見えてきた。スザンナはリサに病院を退院して、自分に会いに来るのを待っていると希望を託し、笑顔でクレイモアを去るのだった。

Amazon 映画『17歳のカルテ』の商品を見てみる