映画『252 生存者あり』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「252 生存者あり」のネタバレあらすじ結末

252 生存者ありの概要:小笠原諸島沖の地震をきっかけに、巨大台風が東京都を襲来。これにより、地下に閉じ込められてしまった生存者の救出を、ハイパーレスキュー隊が開始する。レスキュー隊と生存者、双方の視点で描かれた感動の物語。

252 生存者ありの作品概要

252 生存者あり

公開日:2008年
上映時間:128分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:水田伸生
キャスト:伊藤英明、内野聖陽、山田孝之、香椎由宇 etc

252 生存者ありの登場人物(キャスト)

篠原祐司(伊藤英明)
元レスキュー隊員。現在は高級車ディーラーにて働いているが、向いていない。娘はろうあ者。過去の救助体験にてトラウマを抱え、レスキュー隊を除隊している。静馬は兄。
篠原静馬(内野聖陽)
東京消防庁、ハイパーレスキュー隊隊長。確固たる信念により、人命救助に挑む。過去のトラウマにより心に傷を負っているが、隠している。
重村誠(山田孝之)
手術が苦手な外科研修医。人の命を抱える重圧に自信を無くしており、自暴自棄になっている。
キム・スミン(MINJI)
韓国から出稼ぎにやって来た女性で、夜の仕事をしている。片言の日本語を話す。
藤井圭介(木村祐一)
大阪の中小企業の社長で子供が9人いる。熱帯魚用の水槽循環装置を製造販売している。
宮内達也(山本太郎)
ハイパーレスキュー隊隊員。静馬に絶大な信頼を寄せており、祐司の元同僚。

252 生存者ありのネタバレあらすじ

映画『252 生存者あり』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

252 生存者ありのあらすじ【起】

9月14日、小笠原諸島沖にて震度5の地震が発生後、3日が経過していた。調査の結果、地震の影響で海底に大穴が開き、マグマの噴出を確認。これにより、海水温度が上昇していることが判明する。

9月15日。千代田区の気象庁では、海水上昇による影響で積乱雲が発生し、巨大な台風が出来ることを事前に予測していた。しかし、報告を受けた課長は飽くまでも予測であることを示唆し、混乱を避けるために発表を控えるよう指示。

その頃、高級車ディーラーにて働いていた篠原祐司は、車の販売が上手くできずに四苦八苦していた。
祐司には、妻とろうあ者の幼い娘がいる。この日は娘の誕生日だったが、プレゼントの購入を忘れてしまった祐司。翌日の夕方に誕生日祝いをすることにして、娘を宥めた。

東京消防庁、ハイパーレスキュー隊隊長、篠原静馬はこの日も、危険な現場で被害者の救助を行っていた。彼は犠牲を最小限にするため、行けるはずの場所まで行かずに帰還。若い隊員はそれに疑問を持っていた。

9月16日、15時15分。待ち合わせのため、祐司の妻は娘と共に新橋駅へ。
15時18分。銀座四丁目のデパートで娘のプレゼントを購入した祐司は、待ち合わせ場所へ向かうため、外へ出た。だがその時、凄い早さで空に暗雲が立ち込める。突如、空から落ちて来たのは直径15㎝ほどもある雹だった。辺りはたちまち、逃げ惑う人々で騒然となる。巨大台風により、海では大きな津波が発生。都心はあっという間に大津波に襲われる。

新橋駅にいた祐司の妻と娘は、逃げ惑う人々の混乱に巻き込まれ、はぐれてしまう。
祐司は地下鉄に乗って新橋へ向かった。駅のホームでたった1人、怯える娘の姿を見かけた祐司。急いで電車を降りようしたが、逃げ惑う人々が電車へ詰め寄って来る。

地下鉄のトンネルから妙な音がしたため、人々は一斉に口を閉じて耳を澄ました。まさかと思った事態が発生。トンネルから濁流と化した海水が、あらゆるものを飲み込んでやって来る。祐司もこれに飲み込まれ、流されてしまった。

252 生存者ありのあらすじ【承】

海水が引いた後、ただちに救助活動を始めた消防庁。被害は甚大だった。
静馬は救助活動にて移動中、祐司の妻を発見する。幼い娘とはぐれたと泣く義妹。静馬は彼女を救助活動の本部が設けられた、近くのホテルへ連れて行った。

その頃、祐司は奇跡的にも、無傷で起き上がっていた。地下鉄では有事の際の予備電源にて、明かりが入る。彼は娘の無事を確かめるため、新橋駅方面へと向かった。
ホームに到着。生存者を探し回り、重村を発見。彼も無傷だった。地下鉄の出入り口は瓦礫で塞がっており、脱出は不可能と思われる。祐司は他にも生存者を探し、若い女性とロッカーに避難していた娘を発見。女性は腕に傷を負っていた。

大津波により、新橋駅付近全域が地下1階まで崩落したことが判明。地下鉄内にまだ生存者がいるに違いないと見た消防庁は、レスキュー隊を派遣。静馬もこれへ出動した。

韓国から出稼ぎに来たキム・スミンの傷に、一先ずの応急処置を施した祐司。彼の応急処置は完璧だった。その時、トンネルの向こうで再び、不穏な音が聞こえる。祐司は生存者を連れて、ある扉へと避難。他にも生き残っていた人々はいたが、間に合わなかった。

たまたま、扉内に避難していた藤井も連れ、先へ進んだ一行は旧駅の新橋ホームへ辿り着く。出口はもうどこにもない。祐司はここで救助を待とうと話すも、重村は納得せず。乱闘騒ぎとなりかけたが、スミンがそれを制した。
祐司は重村と藤井に、2、5、2の順番で同じ数、柱を叩くよう指示。この合図は「ここに生存者がいる」というレスキュー隊での合図であった。祐司は元レスキュー隊員であることを明かす。

静馬率いる隊は、地下鉄へ救助に向かっていたが、本部からの通達により救助作業を中止させられる。巨大台風の襲来により、更なる崩落の危険があるとの理由からだった。静馬はやむなく救助を断念。

252 生存者ありのあらすじ【転】

藤井は必死に柱を叩いていた。彼は何としても助からなければと叫ぶ。彼には子供が9人もいて、中小企業の社長だった。藤井は熱帯魚の水槽を綺麗に保つためのポンプを作り、販売しようと東京へ来ていたのだった。それへ何だかんだと、いちゃもんをつけるばかりの重村。彼は明らかに雰囲気を乱している。

祐司は重村に、なぜレスキューを辞めたのかと問われ、過去を思い出した。大火事の現場だった。崩落に巻き込まれた隊員を助けに向かった静馬を救うため、祐司は同僚を見捨てて兄を連れて帰還した。彼は責任を感じてレスキューを辞めたのである。

娘の笛でスミンの元へ。スミンは震えて意識を失っていた。祐司に怒鳴られ、医師である重村は仕方なくスミンの状態を看る。彼女は腹腔内出血を起こしており、ただちに輸血を必要としていた。重村は人の命を背負う重圧に耐えきれず、医者を辞めようとしていたと言う。祐司は彼を説得し、その場にある器具とポンプを利用してスミンに輸血を施した。

一先ずの危機を脱し、重村に飲み物を提供。重村は自分の経歴を語り始める。彼の父親も医師だった。父親は良い医者だったが、訴えられたためにうつ病を患ってしまったと言う。そんな父を見てきた重村は、医師になる気持ちを失ってしまったのだった。
意識を取り戻したスミンは、自分は死なないと重村を励ます。
それぞれの事情を知った彼らは、絶対に生き残るのだと、気持ちを固めるのだった。

同じ頃、レスキュー隊はやきもきしていた。上からは待機の命令が出ており、出動できない。今この時にも、助けを求めている人が沢山いるはずなのだ。だが、助けられる術を持つ彼らが、被災するわけにもいかないのである。外は立っているのも難しいほどの暴風雨だった。

安全と思われた旧駅に、天井から水が漏れ始めていた。突然の揺れと共に壁の至るところから海水が噴出してくる。天井の崩落が始まり、祐司はスミンと娘を非難させようとする。だが、娘は忘れ物を取りに戻ってしまい、天井の崩落に巻き込まれた。

祐司は必死に娘を呼ぶ。ろうあ者の娘は耳が聞こえず、声も出せない。助けが呼べないのだ。彼は冷静さを失って叫んだ。頭を抱える祐司を他所に、重村と藤井が娘の救出をしようとしていた。そこで、252の音を耳にする。祐司の娘は父の教え通り、瓦礫の中から生存を知らせていたのだった。

252 生存者ありのあらすじ【結】

1人の若い隊員が待ちきれずに、単独で地下鉄の探査に出ていた。彼はそこで252の音を探知する。無線で本部へ知らせた隊員は崩落を避け、すぐさまその場を退避。

静馬は探知した音は、祐司が鳴らしているのだと確信。彼は弟を助けるため、涙ながらに上へと掛け合った。
気象庁の者が言う。もうじき台風の目に入るため、強風が止むと。隊員たちは皆が口々に出動を請う。生存者がいるのなら、助けなければならない。それが彼らの仕事なのだ。指揮官は全ての責任は自分が取ると断言し、レスキュー隊を出動させることにした。

その頃、祐司は藤井と娘の救出をしており、重村は必死に柱を叩いていた。どれくらい経ったのか、祐司はドリルの音を耳にする。要請が届いたのだ。天井を爆破して穴を開け、救助するつもりなのだろう。

台風の目は約18分で通り過ぎると予想される。その間に救助を完遂させなければ、台風の吹き返しが来て、地盤は完全に崩落するだろうと思われた。
地上では準備が着々と進み、地下では娘の救出を急いでいた。

無事に娘を救出し、列車に皆で避難。その時、地上では爆破が開始。衝撃が襲った。だが、そのせいで地盤も崩れ、列車ごと地下へと沈んでしまう。事態は悪化。
静馬が列車に突入。列車がどうにか留まっている間に救助しなければならない。

ヘリにて生存者を救出。母と娘はようやく再開を果たした。
その後、スミンと藤井が無事に脱出。次は重村だったが、予想より早く吹き返しが来る。どうにか重村を救助。
しかし、ここに来て崩落が始まってしまう。中にはまだ静馬と宮内、祐司が残っていた。

台風一過。レスキュー隊はこぞって救助を開始。先に救出されたのは静馬だった。彼は何も語らずに去ろうとする。しかし、祐司の娘が父親を呼びながら泣くのであった。
その時、呼応するかのように、救助犬が声を上げる。生存者を発見したのだ。穴から出て来たのは、宮内を背負った祐司だった。その精悍な姿に、レスキュー隊の誰もが息を飲む。
兄静馬でさえも、弟に敬礼するのだった。

Amazon 映画『252 生存者あり』の商品を見てみる