映画『34丁目の奇跡』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「34丁目の奇跡」のネタバレあらすじ結末

34丁目の奇跡の概要:「サンタを信じますか?」という永遠のテーマに、アメリカ的なヒューマニズムで答えた夢のあるクリスマス映画。「自分は本物のサンタだ」と主張する老人を、ニューヨーク市民が熱狂的に支持する様子など、いかにもアメリカらしい。

34丁目の奇跡の作品概要

34丁目の奇跡

公開日:1994年
上映時間:110分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:レス・メイフィールド
キャスト:リチャード・アッテンボロー、エリザベス・パーキンス、ディラン・マクダーモット、マーラ・ウィルソン etc

34丁目の奇跡の登場人物(キャスト)

クリス・クリングル(リチャード・アッテンボロー)
本物のサンタそっくりのおじいさん。自分は本物のサンタだと主張しており、周囲からは頭のおかしい人と思われている。しかし子供たちは彼を本物のサンタだと信じ始める。普段は老人ホームで暮らしているが、その他のことは謎だらけの人物。
ドリー・ウォーカー(エリザベス・パーキンス)
コールズ・デパートでイベント部長をしているシングルマザー。クリスマス商戦のため、クリスにサンタ役を依頼する。サンタの存在は信じておらず、娘のスーザンにもサンタはいないと教えている。
ブライアン・ベッドフォード(ディラン・マクダーモット)
ドリーとはまだ恋人未満の関係だが、ドリーやスーザンのことを愛している。敏腕弁護士で、クリスが本物のサンタかどうかの裁判で、その敏腕ぶりを発揮する。
スーザン・ウォーカー(マーラ・ウィルソン)
ドリーの娘。まだ小学1年生くらいの女の子だが、母親の影響でサンタはいないと思っている。しかしクリスに会って、彼が本物のサンタではないかと思い始める。

34丁目の奇跡のネタバレあらすじ

映画『34丁目の奇跡』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

34丁目の奇跡のあらすじ【起】

クリスマスの季節のニューヨーク。34丁目にあるコールズ・デパートは、買収の危機に瀕していたが、なんとかその危機を回避しつつあった。そんなコールズにとってクリスマス商戦は正念場で、イベント部長のドリー・ウォーカーは盛大なパレードを企画する。コールズの買収を企んでいる大型安売り店のランバーグ社長は、側近のジャックにパレードの偵察を命じる。

クリス・クリングルスは、道ゆく子供から本物のサンタと間違えられるほど、サンタそっくりの老人だ。彼は子供から「サンタなの?」と聞かれると、「そうだよ」と答えており、大人たちは彼を変人扱いする。

パレードへ来たクリスは、サンタ役の男が泥酔しているのを見て、サンタの恥だと怒り出す。その男は泥酔状態でソリに乗り、ソリごとひっくり返ってしまう。先ほどクリスを見かけていたドリーは、彼を追いかけてサンタの代役を頼む。

クリスは喜んでこの役を引き受けてくれ、パレードは無事にスタートする。沿道には100万人以上の人がつめかけ、本物そっくりのサンタを見て喜ぶ。ランバーグ社長は、ジャックにクリスを見張るよう指示を出す。

ドリーはシングルマザーで、女手ひとつで娘のスーザンを育てている。そのため非常に現実的で、スーザンにも「サンタなんて本当はいない」と教えていた。近所で暮らす弁護士のブライアンは、ドリーとは友達以上恋人未満といった関係で、スーザンのことも可愛がっている。彼はスーザンが「サンタなんていない」と言うのを聞き、複雑な心境になる。

34丁目の奇跡のあらすじ【承】

パレードのサンタが大好評だったので、ドリーは引き続きクリスにサンタ役をお願いする。クリスは自前の衣装を着て、おもちゃ売り場で子供たちを待つ。クリスの衣装はとても立派で、どこから見ても彼は本物のサンタだった。子供たちは大喜びし、おもちゃ売り場には長い行列ができる。

クリスは子供たちをひとりひとり膝に乗せ、クリスマスの願い事を聞いていく。金儲けに興味のないクリスは、子供の欲しがっているものが高額なので買えないという親に、安売り店で買うことを勧める。儲けよりサービス優先の姿勢が客に喜ばれると気づいたドリーは、これを会長に伝える。会長はこのアイデアを気に入り、「当店にないものは探します」という看板を出す。このやり方は大当たりする。

ブライアンもクリスの評判を聞き、コールズにスーザンを連れてくる。願い事を聞かれたスーザンは「ママが買うから何もいらない」と冷めたことを言う。一方で、クリスと実際に話をしてみて、彼が本物のサンタではないかと思うようになる。ドリーは、スーザンが迷うので勝手なことをするなとブライアンを怒る。

ジャックはクリスを待ち伏せし、「うちの店のサンタに迎えたい」とスカウトする。しかしクリスはコールズと契約しているのでそれを断る。ジャックはクリスのサンタ話を聞き、完全にイカれていると呆れてしまう。

クリスのおかけで、コールズの売り上げは70パーセントもアップする。しかしドリーもクリスは変人だと思っていた。

スーザンはあれからもコールズに来て、クリスの様子を観察していた。そしてドリーに「あの人は本物じゃない?」と聞いてみる。友達もサンタを信じており、スーザンもサンタを信じたい気持ちになっていた。ドリーは、サンタがいるかどうかを確かめるため、内緒の贈り物を願ってみたらどうかとアドバイスしてやる。

34丁目の奇跡のあらすじ【転】

ジャックは、クリスのせいでサンタ役をクビになった泥酔男に近づく。ジャックはそいつに金を渡し、クリスを陥れる作戦に引き込む。クリスの人気はさらに高まり、テレビ番組からも出演依頼が殺到する。

ドリーとブライアンはスーザンの子守をクリスに頼み、2人で食事に出かける。スーザンはクリスに不動産物件のチラシを見せ、「これが私の欲しいものよ」と打ち明ける。チラシには、一軒家の庭に集まる幸せそうな家族が写っていた。スーザンの欲しいものは、家と弟とパパだった。「本物のサンタならこの願いを叶えてくれるはず」と言われ、さすがのクリスも即答ができない。クリスは、そのチラシを貸してもらう。

ドリーとブライアンはデートを楽しみ、いい雰囲気になっていた。ブライアンはクリスマスの贈り物だと言って、ドリーに婚約指輪を渡す。ドリーは驚き、その指輪を返す。前の結婚で手痛い目にあっていたドリーは、ブライアンの愛情を素直に受け止めることができなかった。ブライアンは傷つき、帰り道で会ったクリスに「贈る相手がいる幸せな男にあげてくれ」と言って、婚約指輪を渡す。

泥酔男はコールズのおもちゃ売り場に現れ、子供たちの前でクリスを口汚く罵る。クリスは子供たちのことを考え、その場は我慢する。しかし帰り道でもしつこく泥酔男がからんできて、クリスを散々侮辱する。クリスが思わず杖を振り上げると、泥酔男は殴られたふりをして倒れる。様子を見ていたジャックたちが「コールズのサンタだ」と騒ぎ立て、クリスは警察に連行される。

この事件は「ニューヨークで最も有名なサンタが悪人だった」と大きく報道され、クリスは精神病院に入れられてしまう。ドリーはクリスを救うため、ブライアンに助けを求める。

一方、検事のコリンズは、ランバーグ社長から賄賂を受け取り、クリスの拘禁令状の許可を判事に求めていた。判事も金に目がくらみ、書類にサインをしようとする。そこへブライアンが現れ、審問を願い出る。判事は仕方なく、審問を行うことにする。

ブライアンは精神病院にいるクリスに会いにいく。その後の捜査で、これが仕組まれた罠だったことが明らかになっており、クリスが罪を償う必要はなくなっていた。しかしクリスはサンタの名誉を守るため、わざと検査に落ちて精神病院に入っていた。自分が頭のおかしい老人になれば、サンタの誇りを守れると考えたのだ。しかしブライアンの「サンタは存在する、君がサンタだと証明する」という言葉を聞き、クリスも闘う決意をする。

ドリーは重役会議に乗り込み、クリスに対する心ない噂を我々で変えるべきだと主張する。会長はその意見に賛同し、テレビで「コールズはサンタを信じます、あなたはサンタを信じますか?」というメッセージを送る。このメッセージは視聴者の心に届き、ニューヨーク中に「私たちは信じます」という看板が立つ。

34丁目の奇跡のあらすじ【結】

いよいよ「サンタを信じるか信じないか」という前代未聞の審問が始まる。クリスはコリンズに「自分がサンタだと思うか?」と質問され、「信じている」とだけ答える。ブライアンは、コールズでクリスと話をした子供を証人喚問し、「クリスはサンタだ」という証言を引き出す。次にコリンズの妻を証人喚問し、コリンズ自身が自分の子供に「彼は本物のサンタだ」と言っていたという証言を引き出す。「彼がサンタだと証明しろ」というコリンズに対し、ブライアンは「サンタが不在であると証明しろ」と反論する。

翌日の審問で、コリンズはクリスが正気かどうかを追求していく。北極にあるおもちゃ工房は夢の世界にあるので見えないと言ったり、トナカイはイヴにしか飛ばないと言ったりするクリスは、どうしても頭のおかしい人に見えてしまう。コリンズは、クリスは病気なので、子供たちの安全を守るために入院させるべきだと主張する。ブライアンは、子供たちは彼を信じているし、彼は子供たちのサンタ像を守るため、自分を犠牲にしているのだと反論する。

その日の審問後、ブライアンは1ドル札に印刷された文字を見て、あることを思いつく。

結審の日はクリスマス・イヴだった。裁判所の周りは、クリスがサンタだと信じる人々で埋め尽くされていた。判事は、クリスは異常だと判断するしかないと考えていたが、スーザンから渡されたクリスマスカードを見て考えが変わる。

カードの中には1ドル札が入っており「我々は神を信じる」という印刷文字に赤丸がしてあった。それは、アメリカ政府が目に見えない神の存在を認めているのだから、サンタの存在も認めるべきだというブライアンからのメッセージだった。判事は「サンタの存在を認める、クリスがサンタだ」という結論を出す。サンタが勝ったと聞いて、ニューヨーク市民は歓喜する。クリスはブライアンにお礼を言い、「今夜は仕事で忙しい」と言って、笑顔で姿を消す。

その夜。ドリーは「ミサが終わる頃教会へ」というブライアンからのメッセージを受け取る。ブライアンもドリーから同じ内容のメッセージを受け取り、ミサの終わった教会へ行く。すると祭壇の前に神父が現れ、教会にウェディングマーチが流れ始める。神父は「始めるよ」と声をかけて、ブライアンにあの時の婚約指輪を渡す。

翌朝、スーザンは婚約指輪をしたドリーと幸せそうに彼女の肩を抱くブライアンを見る。スーザンはパパを手に入れたのだ。その後、あのチラシの家に向かった3人は、その家が自分たちのものになっていると聞いて驚く。クリスに頼まれたコールズの支配人が、ドリーのボーナスでこの家を購入してくれていた。スーザンは、やっぱりクリスが本物のサンタなのだと確信し、3番目のプレゼントを楽しみにする。3番目のプレゼントが弟だと聞き、ドリーとブライアンは顔を見合わせてキスをする。

Amazon 映画『34丁目の奇跡』の商品を見てみる