映画『40男のバージンロード』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「40男のバージンロード」のネタバレあらすじ結末

40男のバージンロードの概要:ピーターは恋人のゾーイと結婚することを決める。しかし、ゾーイが友人達と、ピーターに男友達が1人もいないのは変だと話しているのを聞いてしまう。ピーターはゾーイの為にも、男友達を作る決心をする。

40男のバージンロードの作品概要

40男のバージンロード

製作年:2009年
上映時間:106分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:ジョン・ハンバーグ
キャスト:ポール・ラッド、ジェイソン・シーゲル、ラシダ・ジョーンズ、アンディ・サムバーグ etc

40男のバージンロードの登場人物(キャスト)

ピーター(ポール・ラッド)
不動産会社に勤める。物腰が柔らかく、喧嘩や暴力が嫌い。そして、映画やテレビを見るのが好き。その為、女性からの受けはいいが、男性には仲間に入れてもらえず友達がいない。
ゾーイ(ラシダ・ジョーンズ)
ピーターの婚約者。
シドニー(ジェイソン・シーゲル)
投資顧問。粗野で裏表のない男性。ピーターと出会い友情を育む。
ロビー(アンディ・サムバーグ)
ピーターの弟。ゲイ。
テヴィン(ロブ・ヒューベル)
ピーターの同僚。何かとピーターに構い、仕事を奪おうとする調子のいい男性。

40男のバージンロードのネタバレあらすじ

映画『40男のバージンロード』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

40男のバージンロードのあらすじ【起】

ピーターは付き合って8ヶ月の恋人であるゾーイと結婚することを決める。ゾーイは浮かれて友人に連絡をするが、ピーターには結婚の報告をする友人が1人もいなかった。ゾーイはそのことに疑問を抱きながらも、ピーターの家族に会いに行く。すると、ピーターの家族は、ピーターが恋人を優先するあまり、男友達が離れていくことを話した。

ピーターは不動産会社に勤めており、同僚の女性達に結婚の報告をして祝福される。しかし、同僚だが男性のデヴィンは、興味を持ってくれず話も聞いてくれない。しかも、フェンシング仲間で先に婚約していた男性からは、独身パーティーに誘われもしなかった。家に帰ると、ゾーイが女友達と飲んで騒いでいた。彼女らの為にこっそりドリンクを作っていると、ゾーイ達はピーターに男友達が1人もいないのは変だと言って話し合っていた。それを聞いたピーターは、友達を作ることを決める。

ピーターは弟のロビーに相談する。ロビーはゲイで、プラトニックな男友達を作るのは難しいと語った。だが兄の為に、職場で友人になりそうな人物を見つけることを約束する。そして、自分でも動き、母にも相談しろとアドバイスをした。

ピーターはロビーに励まされながら、母から紹介された人物と会う。自分でもネットを使ったり、知人の集まりに積極的に顔を出した。しかし、どれも上手くいかず、母から紹介された人物からは、ゲイだと思われキスまでされた。そんな時、異変を感じたゾーイに問い詰められる。ピーターは先日のゾーイと女友達との会話を聞いて、友人を探していることを白状した。ゾーイは友人がいなくても気にする必要は無いと、優しくピーターを慰めた。

40男のバージンロードのあらすじ【承】

ピーターは高級住宅の内覧会を開いた。そこで、投資顧問のシドニーと出会う。彼は家を買う気は無いとはっきり断り、タダ飯を食べに来ただけだと笑った。ピーターは裏表のないシドニーに興味を持つ。

ピーターは勇気を出してシドニーに電話をする。留守電になったのでコメントを残すが、緊張のせいで話がまとまらず、ぐちゃぐちゃな内容だった。電話を切ったピーターは、悪態を吐いて落ち込む。その後、ピーターはゾーイに会いに職場を訪れるが、シドニーから折り返しの連絡がきて会うことになる。電話を切った後、友人が出来たことをゾーイと喜び合う。

ピーターはシドニーとバーに行く。シドニーはオープンな人物で、セックスの話題も積極的に話した。そして、ゾーイとのセックスに不満は無いか問い掛けた。ピーターは戸惑いながらも、ゾーイがオーラル・セックスをしてくれないと愚痴を零した。だが、普段人に話さない内容に照れてしまい、すぐに話題を変えた。

デヴィンから高級住宅の販売で、タッグを組もうと持ち掛けられる。だが、ピーターは1人でやり遂げたかったので申し出を断る。憂鬱な気持ちを変える為、ピーターはシドニーに電話をして会いに行く。シドニーの犬の散歩を付き合いながら、デヴィンから高級住宅を売るのは無理だと思われていることを相談する。シドニーは“売る”と思っていれば売れるとピーターを励ます。

40男のバージンロードのあらすじ【転】

ピーターはシドニーの秘密基地であるガレージに招待される。そこには、色んな楽器が置いてあり、ピーターは感動する。その姿を見たシドニーは、今度一緒に演奏する約束をする。次の日、ピーターが会社に行くと、高級住宅のオーナーから電話で家が売れていないことを怒られた。そこになぜかシドニーが現れ、ピーターを楽器の演奏に誘った。

ピーターはシドニーと楽器を演奏したり、犬の散歩をしたりして友情を育んだ。そして、高級住宅の販売も、サクラとして手伝ってもらうようになる。ゾーイはそんなシドニーとピーターの友情関係を、優しく見守った。

ピーターは婚約パーティーにシドニーを招待した。夕食会が和やかに始まり、シドニーは挨拶がしたいと言って立ち上がった。そして、ピーターの人柄を褒め称えた。だが、ゾーイにオーラル・セックスをしてあげて欲しいと言った為、微妙な雰囲気になる。帰りの車でピーターとゾーイは喧嘩になるが、お互いそんなにオーラル・セックスが嫌いじゃないことが分かり、逆に話せてよかったと笑い合う。そして、ゾーイの友人のヘイリーがシドニーのことを気に入っていた為、ダブル・デートを計画する。

ピーターはシドニーの家に行き、ダブル・デートに誘う。シドニーは女性とゴルフに行くことを嫌がるが、スピーチの件を持ち出して行くことを約束させる。ゴルフ当日。ヘイリーが打ったボールがシドニーの脛に当たってしまう。しかも、プレーするのが遅く、次の客達に早くしろと責付かれる。険悪な雰囲気になり、ゴルフを途中で止めて帰ることになる。

ピーターが家に帰ると、シドニーから連絡があり2人が好きなバンドのコンサートに誘われる。ゾーイとテレビを見る約束なので行くのを躊躇うが、滅多にないコンサートなので、ゾーイを誘って行くことを決める。だが、ライブ会場でピーターとシドニーが仲良くはしゃぐ姿を見て、ゾーイは困惑する。そして、家に帰ってからもシドニーと長電話をするピーターに、不満をぶつけてしまう。

40男のバージンロードのあらすじ【結】

ピーターはシドニーを伴い、結婚式用のタキシードの試着をする為に店を訪れた。そこで、最近ゾーイと喧嘩していることを相談する。シドニーはなぜゾーイと結婚するのかを問い掛けたが、ピーターははっきりした答えが出せなかった。試着をしている時、シドニーから投資話を持ち掛けられる。だが、結婚費用を自分で出す為、ピーターは渡せるお金が無かった。すぐには無理だが、必ず渡すことを約束する。

ピーターはシドニーにこれまでの経緯を話して、シドニーしか友人がいないことを打ち明けた。そして、花婿のベストマンになって欲しいと頼んだ。シドニーは戸惑いながらも喜び、ピーターを抱きしめた。その夜、ピーターはゾーイにベストマンのことを話した。ゾーイは喜ぶ。

ピーターがシドニーと歩きながら話している時、カフェテラスでテヴィンと高級住宅のオーナーが談笑しているのを見てしまう。シドニーはピーターの制止を振り切り、高級住宅のオーナーに担当はピーターの筈だと詰め寄った。だが、オーナーは強く、返り討ちに遭う。ピーターはゾーイに会って、カフェテラスで起こった出来事を話した。そして、シドニーにお金を貸したことをうっかり言ってしまう。ゾーイは秘密にしていたピーターを怒るが、ピーターはなぜ結婚するのかゾーイに問い掛けてしまう。ゾーイはシドニーに影響を受けているピーターを非難して、家を出て行ってしまう。

ピーターが車を運転していると、ビルボードに自身の顔を使った広告が貼られているのが見えた。シドニーはピーターが渡したお金を、投資ではなく広告費用として使ったのだ。ピーターは怒ってシドニーに会いに行き、少し距離を置こうと宣言した。シドニーもそれを受け入れる。ピーターはゾーイに会いに行き、シドニーと距離を置いたことを伝えて謝罪をした。そして、友達がいないことを心配して、自分の人生を考えてくれたのは君だけだと告白する。2人は無事に仲直りをした。

ピーターが会社に行くと、ビルボードを見た人からたくさんの電話が残されていた。そして、高級住宅の買い手が見つかりそうだった。その時、テヴィンから高級住宅の件を手伝うと言われる。だが、ピーターは顔を平手打ちして黙らせた。

結婚式当日。ピーターは今まで知り合った男性を全員招待した。ベストマン不在の為、ピーターはロビーに指輪を預ける。ロビーは感激してピーターを抱きしめる。結婚式が始まると、バイクに乗ったシドニーが現れる。淋しそうなピーターを見て、ゾーイが連絡していたのだ。だが、余りにも早い到着にゾーイが訝しむと、シドニーは連絡をもらう前から向かっていたことを白状した。そして、ピーターにお金を返した。2人は無事に仲直りをして、皆が見守る中、結婚式が執り行われた。

この記事をシェアする