映画『8 Mile』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「8 Mile」のネタバレあらすじ結末

8 Mileの概要:2002年制作のアメリカ映画。エミネムの半生を描いた作品で、エミネムの初主演作品。役作りの為に金髪に染めていた髪をダークグレイに戻すなど、本気で取り組んでいる。エミネムが歌う主題歌「ルーズ・ユアセルフ」は2002年のアカデミー歌曲賞を受賞した。

8 Mileの作品概要

8 Mile

公開日:2002年
上映時間:110分
ジャンル:ヒューマンドラマ、青春、音楽
監督:カーティス・ハンソン
キャスト:エミネム、キム・ベイシンガー、ブリタニー・マーフィ、メキー・ファイファー etc

8 Mileの登場人物(キャスト)

ジミー・スミス(エミネム)
B・ラビットという名前で活動している白人ラッパー。ラップの才能はあるが、本番に弱く声が出せなくなるなど気弱な部分がある。普段は低賃金の工場で働いており、いつかデビューする事を夢見ている。
アレックス(ブリタニー・マーフィ)
ジミーが働くプレス工場で出会った女性。アレックスもこの町から出ていきたいと考えていて、ジミーの考え方に共感し惹かれあう。だが、モデルとして成功する為にウィンクと関係を持ってしまい、ジミーと別れる。
ステファニー・スミス(キム・ベイシンガー)
ジミーの母親。トレーラーで娘のリリーと暮らしているが、ジミーの高校時代の上級生と付き合っており仕事もせずにアルコール中毒気味。
デヴィッド・フューチャー・ポーター(メキ・ファイファー)
デトロイトでラップバトルが開催されているシェルターのメインMC。ジミーやその仲間のリーダー格で、ジミーのラップの才能を信じバトルに出る事を勧める。
ウィンク(ユージン・バード)
レコード会社とのコネを持っている男。ジミーの才能を見抜きデビューしようと持ちかけてくる。口先だけの男でフューチャーはウィンクを嫌っている。モデルの仕事を紹介するとアレックスに近寄り、肉体関係を持つ。
パパ・ドッグ(アンソニー・アッキー)
ラップバトルの優勝者。ラップグループ「フリー・ワールド」のリーダー。悪ぶっているが実際は、私立高校を卒業などデトロイトで活動しているラッパー達とは違い裕福な家庭環境。

8 Mileのネタバレあらすじ

映画『8 Mile』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

8 Mileのあらすじ【起】

ジミーは貧困地域に住んでいるラッパーを夢見る白人青年。住んでいる場所はデトロイト。デトロイトは都市である中心部と貧困地域を分ける境界線があり、その境界線は「8マイル・ロード」と呼ばれている。経済環境の境界線でもあるが、白人と黒人を分ける境目ともなっている。

ある日ジミーは、友人でありラップバトルが開催されているシェルターというクラブのMCフューチャーにバトルに参加しないかと誘われる。普段からラップを考えていたジミーは、友人たちの後押しもあり参加する事を決めるが、いざ本番になると何も言葉を発することが出来ずに負けてしまう。

さらにジミーは恋人と別れて、家と車が無くなってしまう。仕方なく母親と妹が住むトレーラーハウスに帰るジミー。そこで目にしたのが、母親であるステファニーがジミーの高校時代の先輩グレッグと寝ている場面だった。ステファニーはグレッグと同棲していたのだ。ジミーはグレッグと仲が悪く、家に泊まりたくなかったが新しく家を借りるまでの2週間だけ世話になることを決めた。

車が無くなったジミーにステファニーは車をプレゼントするがその車が故障していて、それが原因でジミーは工場のバイトに遅刻してしまう。工場長に怒られるジミー。その時、兄を探しに工場にやってきていた金髪の白人女性アレックスと出会う。

家に帰りついたジミーに、知り合いにレコード会社のコネを持っているという噂のウィンクが声をかけてくる。ウィンクはジミーに才能があると言い、レコード会社に話を通すからデビューしないかと誘う。ジミーはその話をフューチャーに相談すると、口先だけのウィンクの事を嫌っているフューチャーはラップバトルで勝ち上がり、自分たちの力でデビューしようと勧める。

その夜ジミーはいつものように、フューチャーやその他の友人とドライブをしていた。立ち寄った駐車場でラップバトルが始まっており、ジミー達も参加する事となる。

8 Mileのあらすじ【承】

バニーのラップが観客に好評で盛り上がる駐車場。そこに黒塗りの車が現れる。降りてきたのは、前回のラップバトル優勝者パパ・ドッグ。パパ・ドッグはジミーに絡んできて、それにジミーの友人が反応してしまい一触即発の雰囲気になる。フューチャーが間に入り、その場は収まりバーへと向かう一同。

そのバーでジミーは、アレックスに再会する。アレックスはモデルを目指していて「8マイル・ロード」を越える事が夢だと語る。ジミーも同じ夢を持っていた為、二人の距離は縮まる。アレックスはジミーに、あなたは必ず成功すると言った。

その後、フューチャー達と合流したジミーとアレックスは友人の家へと向かう。そこでは最近起こった少女誘拐強姦事件の話題が出ていた。デトロイトでは廃墟が多く存在しており、そこは拉致・誘拐・麻薬の売買など犯罪の温床となっていた。その話を聞いたジミー達は、その場にいた全員で事件の起こった廃墟を燃やしに行った。

廃墟を燃やし、家に帰りついたジミーに母親のステファニーは、トレーラーハウスの管理局から退去命令が出たと伝える。ギャンブルが好きなステファニーは家賃3ヶ月分を滞納していたのだ。その事で口論になるジミーとステファニー。ジミーは家を飛び出し職場へ向かう。

工場で働いていると、ジミーの元恋人が来て口論になり工場長から注意を受けるジミー。その後にフューチャー達と会いドライブをしていたジミーは、パパ・ドッグ達を見かける。イライラが募っていたジミーはパパ・ドッグ率いるグループに喧嘩を売り、殴り合いへと発展する。

その殴り合いの最中に、ジミーの友人が銃を取り出しパパ・ドッグ達に突きつける。それを見たジミーやフューチャーは激怒し、銃をしまうよう友人に言う。それに従い、友人は銃をしまおうとするが暴発して自分の足を撃ち抜いてしまう。それを見たパパ・ドッグ達は警察が来ることを恐れて逃げていく。ジミー達は足を負傷した友人を病院へと運ぶのだった。

8 Mileのあらすじ【転】

友人に命の別状はないと分かり安心するジミー達。ジミーはそのまま工場へと出勤し仕事を始める。その昼休み、売店に並んでいた工場で働いているメンバーがラップバトルをし始める。その中の一人が、相手の容姿や性癖を馬鹿にしたようなラップを披露し続ける。見かねたジミーがラップで対抗し、黙らせることに成功。周りのメンバーもジミーを讃える。

その光景を工場に来ていたアレックスが見ており、ジミーを誘って人目の付かぬ場所へと移動する。先ほどのラップを褒めるアレックス。そのまま二人は結ばれる。

仕事が終わり家に着いたジミー。そこには、アレックスとウィンクの姿があった。トレーラーハウスに住んでいる事や母親がジミーの事をウサギちゃんと呼んでいるという事がばれてしまい、ウィンクに激怒するジミー。それを止めながらアレックスは、ウィンクにカメラマンを紹介してもらう事になったとジミーに伝える。

ウィンクはジミーにも話があると言い。その内容はジミーと有名な歌手が収録する話がセッティング出来たとの事だった。ジミーは契約への光が見えてきた気がして、ウィンクに謝り感謝する。

収録の日、ジミーはフューチャーが勝手にジミーをラップバトルにエントリーしている事を知る。前回の失態が胸に残っていたジミーはそれに激怒し、フューチャーにひどい言葉を突きつけて収録へと向かう。

収録現場へと向かいウィンクを探すジミー。ウィンクがいると聞いた部屋へと向かい、小窓から中の様子を覗く。そこにはウィンクとアレックスが、セックスしている光景がジミーを待っていた。

8 Mileのあらすじ【結】

その光景を見て激怒したジミーは部屋へと飛び込み、ウィンクを殴り倒す。アレックスがジミーを止めた事で殴ることを止めるが、そのまま収録をせずに帰ってしまう。家に帰ったジミーを待っていたのはウィンクの仇を取るために来たパパ・ドッグだった。

パパ・ドッグ達にリンチされたジミーはボロボロな体で家に帰る。家の中にはなぜか上機嫌なステファニーがおり、ジミーが訳を聞くとクジが当たったという。そのおかげで家賃も払えて、立ち退かなくてすむとの事だった。

デビューへの道も閉ざされ、まじめに工場の仕事をするようになったジミー。その姿を見て、工場長がジミーに夜勤の仕事を頼んでくる。頼まれた日はラップバトルの日だったが、ジミーは仕事を引き受ける。

夕方の休憩中にアレックスが工場を訪ねてくる。モデルの仕事が決まったとジミーに伝え、今日町を出ると言った。そして、ジミーにも夢を諦めずに今日のラップバトルに出て欲しいとお願いしてくる。ジミーはそれを聞き、同僚にラップバトルの時間だけ仕事を変わってもらい工場を後にする。

シェルターへと着いたジミーは、フューチャーの元へと向かい暴言を吐いた事を謝る。フューチャーと仲直りし、ラップバトルの舞台へと向かうジミー。いよいよパパ・ドッグ率いるフリー・ワールドとの対決が始まる。

ジミーのラップは以前のものとは大違いで、観客に大ウケする。その勢いで1人2人と勝ち抜いていき、ついには優勝者であるパパ・ドッグと対決する事になる。ジミーが先攻となり、自分の生い立ちや相手の人種差別に対して見事なラップを披露する。観客もジミーのラップに歓声を上げ、パパ・ドッグの番となる。しかしジミーの勢いに押されたパパ・ドッグは、一言も声を発する事無くマイクを置いてしまった。

優勝したジミー。フューチャーは大喜びでジミーに駆け寄ってきて、このままMCの仕事を一緒にしないかと持ちかける。しかしジミーは、自分の仕事はラップを作りそれを歌う事だと改めて感じていた。その為、フューチャーの申し出を断る。そして工場へ仕事に戻るとフューチャーに伝え、夜の街へ歩いていくのだった。

Amazon 映画『8 Mile』の商品を見てみる