映画『ナインスゲート』のネタバレあらすじ結末

ナインスゲートの概要:世界に3冊しか現存しない「影の王国への9つの門」という本には悪魔を呼び出す力があると言われていた。本の探偵コルソは、ある収集家からこの本についての依頼を受ける。ロマン・ポランスキー監督作品。1999年公開のフランス・スペイン・アメリカの合作映画。

ナインスゲートの作品概要

ナインスゲート

公開日:1999年
上映時間:133分
ジャンル:ミステリー、ホラー、サスペンス
監督:ロマン・ポランスキー
キャスト:ジョニー・デップ、フランク・ランジェラ、レナ・オリン、エマニュエル・セニエ etc

ナインスゲートの登場人物(キャスト)

ディーン・コルソ(ジョニー・デップ)
貴重な古書を発掘したり、鑑定したりする本の探偵。相当な腕利きだがあくどい商売をするので同業者の評判は良くない。ニューヨーク在住。
ボリス・バルカン(フランク・ランジェラ)
バルカン出版の経営者で古書の収集家。悪魔に関する貴重なオカルト系の古書を集めた秘密の書斎を持つ。悪魔の本の最高傑作とされる「影の王国への9つの門」に執着している。
リアナ・テルファー(レナ・オリン)
フランス貴族のサンマルタン家出身だが、家が没落しお金目当てで大富豪のテルファー氏と結婚した。悪魔を崇める秘密結社「銀の蛇」の主宰者。
謎の女(エマニュエル・セイナー)
コルソの行く先々に出没する謎の女。人間離れした雰囲気を持ち、正体を明かさない。

ナインスゲートのネタバレあらすじ

映画『ナインスゲート』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ナインスゲートのあらすじ【起】

ニューヨークの大富豪テルファー氏が首吊り自殺を図る。貴重な本が並ぶ彼の書斎からは1冊の本が消えていた。

古書の発掘や鑑定を生業とするディーン・コルソはあくどい商売をするため同業者からは嫌われていた。それでもコルソの腕は確かなので仕事の依頼は多かった。ある日、コルソはオカルト系の古書収集家であり悪魔研究の第一人者でもあるバルカンから呼び出される。

バルカンは秘密の書斎にコルソを招き入れ、そこで世界に3冊しか現存しない「影の王国への9つの門」という本を見せる。この本は1666年のベネチアでアリスティデ・トルキアが、悪魔が書いたとされる「デロメラニコン」を書き直したものだった。中には9枚の版画があり、これが本物ならば悪魔を呼び出せるとバルカンは信じている。バルカンは3冊のうち1冊しか本物は存在しないと考えており、自殺したテルファー氏から買い取ったこの本が本物かどうかを他の2冊と比較して確かめて欲しいとコルソに依頼する。コルソは破格の報酬で雇われ、バルカンの本を預かって調査を開始する。

ナインスゲートのあらすじ【承】

コルソはテルファー夫人のリアナを訪ね、テルファー氏がこの本を手に入れた経緯を聞き出す。本はスペインで製本業を営むセニア兄弟から買い取ったものだった。リアナは夫が最も大切にしていた本を手放していたことに驚いていた。

この本に関わってからコルソの前に謎の女が出没し始める。自宅アパートまで何者かに荒らされ、コルソは安全のため本を馴染みの古書店経営者のバートに預かってもらう。

その夜、コルソの自宅をリアナが訪れる。リアナはあの本を買い戻したいとコルソに商談を持ちかけるが、コルソはこれを断る。するとリアナはコルソを誘惑し、2人は体の関係を持つ。しかし本がコルソの手元にないと知ると、リアナは態度を豹変させる。

コルソは旅立つ前にバーニーの店へ本を取りに行く。しかしバーニーは何者かに殺されていた。コルソは隠し戸棚から本を持ち出し、電話でバルカンにこの仕事を降りたいと申し出る。しかしバルカンは聞き入れてくれない。コルソは仕方なくスペインへ向かう。

スペインでセニア兄弟と会ったコルソはあの本を欲しがったのがリアナの方だったと知る。さらに版画はトルキアと2名の協力者によって作成されており、そのせいでトルキアが火あぶりにされたことも聞き出す。

ナインスゲートのあらすじ【転】

3冊のうちの1冊を持つファルガスの屋敷を訪ねたコルソは、ファルガスの本とバルカンの本を比較させてもらう。すると9枚の版画のうち3枚の絵にわずかな違いがあった。さらにその絵に記されたサインも違っていた。

コルソはこれをバルカンに報告する。バルカンはファルガス所有の本も欲しがるが、ファルガスに本を手放す気はなかった。

翌朝、謎の女がコルソをホテルから連れ出す。女がバイクで向かったのはファルガスの屋敷だった。ファルガスは何者かに無残な姿で殺され、版画だけが抜き取られた本は暖炉で燃やされていた。コルソは半分燃えた本を持ち出し、女とパリへ向かう。

パリにはもうひとりの所有者ケスラー夫人がいた。夫人はこの本を崇拝する「銀の蛇」という秘密結社の存在を教えてくれ、リアナが結社の主宰者であることもわかる。しかし夫人はバルカンを毛嫌いしており、自分が所有する本は見せてくれなかった。

翌日、コルソは再び夫人を訪ねて版画の秘密を伝える。夫人はその話に興味を示し、本を見せてくれる。やはり夫人の本とバルカンの本の版画には3つの違いがあった。夢中で本を調べていたコルソは何者かに襲われて意識を失い、気付いた時には夫人が殺され、書斎に火が放たれていた。そして夫人所有の本も燃えてしまう。

ナインスゲートのあらすじ【結】

コルソがホテルに隠していた本も盗まれていた。盗んだのはリアナと用心棒の男で、コルソと謎の女は2人の後を追う。リアナたちはサンマルタン家の城へ向かっていた。城では秘密結社の集会が行われることになっていた。

コルソと謎の女は城に侵入して本を取り返そうとするがリアナと用心棒に捕まってしまう。しかしコルソが反撃して用心棒を倒し、2人は集会へ潜入する。ところが集会にバルカンが現れ、リアナを殺して本を奪っていく。コルソは謎の女と別れてバルカンの後を追う。

バルカンはとある古城にいた。ファルガスとケスラー夫人を殺して版画を盗んだバルカンは、本物が揃ったと信じて悪魔を呼び出す儀式を始める。しかしバルカンは自ら放った炎に包まれ苦しみ始める。9枚のうちどれかが偽物だったのだ。コルソはバルカンに銃でとどめを刺し、版画を持ち去る。

城の外では謎の女が待っていた。コルソと謎の女は燃えさかる城の前で結ばれる。謎の女は正体を明かさないまま“セニア兄弟”と書かれたメモを残して姿を消す。

コルソは閉店となったセニア兄弟の店で1枚の版画を見つける。その絵の中の女は謎の女にそっくりだった。それを持って古城へ戻ったコルソは、光を放って開いた門の中へ消えていく。

Amazon 映画『ナインスゲート』の商品を見てみる