映画『アバウト・ア・ボーイ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「アバウト・ア・ボーイ」のネタバレあらすじ結末

アバウト・ア・ボーイの概要:ウィルは亡き父が残した印税を使い、独りで悠々自適な生活を送っていた。嘘を巧みに使い女性とデートを重ねていた頃、マーカスという少年に出会う。マーカスは鬱病の母との2人暮らしで、辛い日々を送っていた。

アバウト・ア・ボーイの作品概要

アバウト・ア・ボーイ

公開日:2002年
上映時間:100分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
監督:クリス・ワイツ、ポール・ワイツ
キャスト:ヒュー・グラント、レイチェル・ワイズ、ニコラス・ホルト、トニ・コレット etc

アバウト・ア・ボーイの登場人物(キャスト)

ウィル(ヒュー・グラント)
38歳で定職に就かず、亡き父が残した印税で生活を送っている。自己中心的な性格で、嘘を吐くのが得意。
マーカス(ニコラス・ホルト)
12歳。鬱病で苦しむ母を支える優しい子供。学校では苛められている。
フィオナ(トニ・コレット)
マーカスの母親。鬱病で精神的に不安定。
レイチェル(レイチェル・ワイズ)
シングルマザー。ウィルといい雰囲気になるが、嘘を吐かれ別れを選ぶ。
エリー(ナット・ガスティアン・テナ)
マーカスと同じ学校の生徒。ピアスをしたり、ちょっとやんちゃな雰囲気。
クリスティーナ(シャロン・スモール)
ウィルの妹。結婚しており子供が2人いる。いつまでも自堕落な生活を送る兄のことを心配している。

アバウト・ア・ボーイのネタバレあらすじ

映画『アバウト・ア・ボーイ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

アバウト・ア・ボーイのあらすじ【起】

ウィルは独りで悠々自適な生活を送っていた。一方少年のマーカスは、学校でのけ者にされ、母のフィオナが稼いできた僅かなお金で生活を送っていた。

ウィルは妹夫婦の家を訪ねた。妹のクリスティーナから、38歳で定職もなく恋愛もまともに続けられないなんて普通じゃないと非難される。にも拘らず、妹夫妻はウィルに子供の後見人を頼んだ。ウィルは自分がどれだけ最低な人間かを説明して断った。その頃、マーカスは母と一緒に学校へ登校していた。付いて来なくていいと断っても、母が付いて来るのだ。そのため、学校では苛めの対象になっていた。

ウィルはクリスティーナに紹介され、アンジーという女性とレストランで会うことになる。だが、3歳になる息子がいると聞かされ、ウィルは逃げ出したくなった。とりあえずその場は子供が好きだと嘘を吐くが、アンジーがそれを信じてしまい付き合うことになる。だが、子供中心に物事を決める彼女にイライラは募り、ウィルは別れを意識する。すると、アンジーの方から別れを告げられる。ウィルが今まで経験した最悪な別れ方とは違い、罪悪感のない別れ方に感動する。そして、“シングルマザー”となら後腐れのない恋愛ができると確信した。

フィオナは鬱で沈み込むことも多いが朝から泣いているのは珍しく、マーカスは内心動揺していた。病気の子供への音楽セラピーの仕事もあり生活費も問題ないのに、何がそんなに悲しいのかマーカスには理解できなかった。

ウィルはシングルマザーを探すため、集会所を訪れる。シングルファザーのフリをして上手く周りに溶け込み、スージーとデートの約束をする。ウィルは子供がいると嘘を吐いていたため、デート当日は母親の元に預けたと嘘を吐いた。スージーが騙されてくれたので喜ぶが、デートにはスージーの子供の他に友人の子供であるマーカスがいた。

公園で散歩デートをしていると、ウィルはスージーからどこで働いているのか聞かれる。あまりにも嘘が多すぎるため、ウィルは亡き父が作った曲の印税で生活を送っていることを正直に打ち明けた。その後、皆でランチを食べるが、マーカスが持ってきたフィオナのパンはとても固くて食べられたものではなかった。マーカスはパンを処分するため、池にいる鴨にちぎってあげていた。だが、あまりにも量が多すぎるためそのまま投げ込むと、鴨に当たって1羽死んでしまう。マーカスは公園の管理者に怒られるが、ウィルが嘘を吐いて誤魔化したため事なきを得る。

アバウト・ア・ボーイのあらすじ【承】

マーカスの家に皆で帰ると、フィオナが自殺を図りソファの上で倒れていた。救急車を呼び一命を取り留めるが、マーカスは深く傷つき落ち込んでいた。フィオナは一晩入院することになり、マーカスはスージーと帰っていった。次の日、フィオナが無事退院するが、マーカスは安心することができず、母子を支えてくれる存在が必要だと考えた。

マーカスはスージーからウィルの携帯番号を聞くと、電話を掛けて会う約束を取り付ける。ウィルはたまにはいい人を演じようとしてマーカスの誘いに乗ったのだが、そこにはフィオナもおりデートだと気付く。その後、フィオナ達の歌まで聞かされ、ウィルはスージーを狙った天罰だと落ち込む。

マーカスはその後ウィルの行動を尾行し、家に乗り込んだ。そして、スージーに子供がいると嘘を吐いたことを盾に、フィオナと付き合ってくれと頼んだ。しかし、ウィルはきっぱりと断り、マーカスを追い返した。マーカスはめげず、2回目の訪問時には呼び鈴をしつこく鳴らして中に入れてもらった。そして、ウィルと一緒にクイズ番組を見て家に帰った。それからマーカスウィルの家にクイズ番組を見に行くようになった。

ウィルはマーカスに聞かれ、父親の話をした。父は有名なクリスマスソングを作曲したが、それを超える曲を作ろうと死ぬまで苦しんでいた。マーカスに好きな曲だと言われるが、ウィルは父の作った曲が大嫌いだった。

アバウト・ア・ボーイのあらすじ【転】

ウィルが玄関のドアを開けると、マーカスが上級生達にキャンディーを投げられながら駆け込んできた。苛められていることを初めて知り、目立たないようにしろとアドバイスを送る。しかし、マーカスは透明人間でもないのに無理だと喚き、人生には辛いこともあるのだと諦めていた。ウィルはマーカスをショッピングに連れていくと、足元から皆と同じにすれば目立たないと教えた。2人でショッピングをしていると、客の女性から素敵なパパだと褒められる。ウィルはマーカスが喜ぶ姿を見て大きな幸福感を得た。

雨の日、マーカスは靴を盗まれて家へと帰った。そこで初めて、ウィルに靴を買ってもらったことや、放課後遊びに行っていることを母親に話した。ウィルがクリスティーナと食事をしていると、フィオナがマーカスを連れて怒鳴り込んできた。ウィルはまるでマーカスに手を出しているような物言いをされたので、苛められて逃げ込んでいるだけだと怒鳴り返した。そして、二度と家に来ないでくれと拒絶するが、なぜかクリスティーナからも慕ってくる子供を切り捨てるなんて自己中だと責められる。その時、マーカスから一緒にクリスマスをやろうと誘われる。

クリスマス当日。そこにはマーカスの父親と恋人のリンジーという女性がいた。しかも、なぜかリンジーの母親までいた。奇妙なパーティーだったが、ウィルはマーカスにプレゼントを贈り和やかに過ごしていた。だが、そこにスージーが現れ、ウィルに怒りを向けてきた。ウィルは帰ろうと玄関に向かうが、マーカスに引き留められる。そして、マーカスとフィオナの口論に発展した。マーカスが母親の自殺未遂を非難しようとしたため、ウィルは鴨を殺した話をしてマーカスの口を止めた。フィオナ達は笑い出し、皆でクリスマスディナーを食べることになった。ウィルにとっても心から楽しめるクリスマスだった。

ウィルは大晦日に出会ったレイチェルに恋に落ちるが、無職だと言うと相手の表情が曇った。これで終わりだと思ったが、ウィルが12歳でラップが好きな男の子がいると発言すると興味を持たれる。レイチェルの子供も含めて会うことになり、ウィルはマーカスに協力を頼みに行った。その頃、マーカスはウィルから貰ったCDを聞きながら、過激なラップの歌を口遊んでいた。すると、ヤンキーの女の子が侮辱されたと誤解してマーカスに絡んだ。しかし、歌を口遊んでいただけだと分かると、その女の子(エリー)は特に何もせずに去っていった。

ウィルは好きな人がいることを正直に話し、マーカスに息子の振りを頼んだ。ウィル達はレイチェルの家を訪れ、マーカスはレイチェルの息子であるアリの部屋で遊ぶことになる。だが、アリは母親に恋人ができるのが嫌で、邪魔をするようにマーカスを脅していた。ウィルが緊張しながらレイチェルと話していると、マーカスが家を飛び出してしまう。ウィルが慌てて追いかけて家に戻ると、アリが真相を聞いた母親に叱られて泣いていた。マーカスはアリの謝罪を受け入れ、ウィルがレイチェルのことを好きだと言っていたことをポロッと話してしまう。ウィル達は照れたように笑い合った。

アバウト・ア・ボーイのあらすじ【結】

マーカスはエリーと仲良くなるが、ウィルからペットになるなと忠告を受ける。しかし、マーカスは恋人にしたい女性に嘘を吐いていることの方が問題だと非難した。その夜、ウィルは独りで考え、マーカスの考えが正しいことを受け入れた。レイチェルをディナーに誘いマーカスが自分の子供ではないことを打ち明けると、あなたは“空っぽ”だと非難される。

マーカスは鬱で苦しむ母のために、“校内ロック・コンサート”の参加を決める。エリーに伴奏を頼みに行くが、マーカスでは無理だと断れられる。マーカスは自殺しそうな母を止めて欲しいとウィルに頼みに行くが、家族ではない俺にはどうすることもできないと拒絶される。マーカスは傷つき、ウィルのことを自己中だと非難して家から飛び出していった。そして、自力で何とかするため、“校内ロック・コンサート”の募集用紙に自分の名前を書き込み、チラシを母に渡した。

ウィルは無意味な生活な中で、マーカスが意味のある存在だったことに気付く。そんな彼の一部であるフィオナが崖っぷちなら何とかしなければと、急き立てられるように家に急いだ。家にはシングルマザーの集会のポスターが貼ってあり、ウィルはフィオナに自殺をするのは止めてくれと頼みに行った。フィオナは戸惑いながら自殺する予定はないとはっきり告げ、代わりに学校のコンサートにウィルを誘った。

ウィルはマーカスがいつも口遊んでいる歌を歌えば学校中の笑い者になると焦っており、学校へと急いで車を走らせた。車中、フィオナは好きなら自由に歌わせてあげるべきだとウィルに話すが、ウィルはマーカスが母親のために作った曲だと教えた。フィオナは自分のせいでマーカスが傷つくのは嫌だと頭を抱えた。ウィルはフィオナに駐車を頼んで、1人体育館へと急いだ。そこにはアリを見に来たレイチェルの姿もあった。ウィルは舞台袖にいるマーカスに声を掛け、フィオナが幸せになるには自力で立ち直るしかないと説得する。しかし、マーカスは舞台に出て、歌を歌ってしまう。観客達のブーイングが起こり、マーカスは傷つき震えていた。そこに、ウィルがギターで伴奏を行いながら登場し、一緒に歌を歌った。会場は素敵な歌に聞き惚れ、レイチェルとフィオナは微笑みながら舞台を見ていた。

1年後のクリスマス。ウィルの家には、マーカス親子にレイチェル親子、エリー、ウィルの友人の姿があった。

Amazon 映画『アバウト・ア・ボーイ』の商品を見てみる