映画『あぶない刑事』あらすじネタバレ結末と感想

あぶない刑事の概要:関係ないねとウソぶきながら、火傷しそうな危ないハートを持つヤバい刑事(デカ)が、狙いを定めたのは公安が目をつけたテロリストだった。伝説の名コンビ・タカ&ユージの第一作。

あぶない刑事 あらすじネタバレ

あぶない刑事
映画『あぶない刑事』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

あぶない刑事 あらすじ【起・承】

時はバブル真盛りの花金。
神奈川県警・港署捜査課の鷹山ことタカ(舘ひろし)と大下ことユージ(柴田恭平)は、パトロールとウソを付いて、
繁華街で女性をナンパしようとしたが、覆面車だとバレてフラれてしまう。

2人がヤケクソで向かった先は、中光製薬。
抗がん剤を開発していた担当の中野と助手の島原が鋭利な刃物で切りつけられ、研究データは、
ゲリラの豹藤(菅田俊)という男に盗まれていた。

タカとユージは兵頭をみつけ、追いかけるが逆に兵頭に捕まり、スーパーで取り逃がしてしまった上に、
近藤課長(中条静夫)から公衆女子トイレの張込みという不名誉な仕事を回される。

そんな時、捜査課の、オトシのナカさん(ベンガル)から中光製薬のライバルであるコスモ薬品の株が
はねあがり、1人30億儲かった人間が画商だったと聞かされる。

女子トイレの痴漢取締の次は風俗取締に回されたタカとユージは、ナカさんに風俗の件を丸投げし、
自分たちは、謎の画商・鳴海(室田日出男)を尋ね、鳴海の画廊のマネージャー緑(小野みゆき)に近づく事にするのだが・・・。

あぶない刑事 あらすじ【転・結】

近藤課長は、タカとユージに警邏の応援部隊に行くように命令するが、2人はNYに旅立とうとする緑を拉致し、監禁。
だが、それと入れ替わりでディスコのお立ち台でドンチャン騒ぎをして、1人取り残された薫(浅野温子)が、
豹頭に人質として捕まり、豹頭は緑と交換するように電話で交渉する。

豹頭の指定した場所で、人質交換となり捜査課の面々は周囲を張り込むが、豹頭と緑が乗り込んだはずの、
バンがいつまでも動かないのを不審に思った捜査課の面々が中を覗くと、2人が車の下にあるマンホールから脱出していた事をみつける。

ユージは薫が監禁されていた病院に乗り込み、タカは豹頭と一騎打ちになるが、豹頭の意外な強さにタカは瀕死の重傷を負う事となる。
数日後、タカとユージは鳴海の白亜の別荘に乗り込むが、そこから逃げる豹頭を追った隙に鳴海が緑を道連れに手榴弾自殺し、別荘ごと火に
包まれていくのを、目の当たりにしてしまう。

豹頭は、ボートで逃げようとしたが、タカとユージはボートで、そして警察のヘリで豹頭を追いつめる。

あぶない刑事 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1987年
  • 上映時間:99分
  • ジャンル:アクション、コメディ、ヒューマンドラマ
  • 監督:長谷部安春
  • キャスト:舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオル etc

あぶない刑事 批評・レビュー

映画『あぶない刑事』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

憧れが総て叶った時代だからこそ出来たドラマ

所轄の刑事がハーレーに乗り、拳銃をぶっ放し、ファッションに懲り、グラサンをかけて、イイ女をひっかけて、
ラストシーンはヘリに乗る。

バブルを知らない世代からみれば、ありえない暑苦しいドラマだ。
ありえない程アドリブが入り、豹頭を追いつめたはずが、逆にお互いの手を手錠で繋げと言われ、
身動きがとれなくなったタカとユージは、スーパーからバラの花一本加えてタンゴを踊りながら帰ってくる。

いざという時助っ人にくる少年課の松村課長(木の実ナナ)が元暴走族という設定もこの頃ならでは。
憧れが総て叶った時代だからこそ、出来た映画だと言える。

刑事モノがヒットする原点

現在、TV刑事ものを映画化しても『相棒』を除き、まんべんない年齢層を集められるヒット作がない。
その理由は、脇役のキャラクター設定に懲りすぎと、ストーリー展開が複雑さだろう。

TVの話がベストで、映画を作る度にしくじった『踊る大捜査線』がその例だ。

劇場でヒットする為に日本の刑事ドラマを、いきなり『ロー&オーダー』、『ブラックリスト』、『CSI:科学捜査班』の様な
米国風に変えるという試みは成功に結びついてないし、近年の劇場版テレビ映画の作り方にこの様な傾向が見られるのも変である。

『あぶ刑事』劇場版も、4~7作目までは、シリーズの大黒柱であった中条静夫を失った事で、
ストーリー展開や脇役のキャラクター設定に拘った時期があったが、いずれも興行収入に結びつかなかった。

そこで最後となる『さらば~』は、この一作目に近いテレビでウケたネタをちりばめるという『原点』に戻し、ヒットを生んだ。

劇中の小道具・今でも印象に残る宣伝

TVシリーズ終了三ヶ月後に、お正月映画として公開され、当時大入り満員だったこの映画。
ユージ愛用の覆面車・F31レパードが、この映画でのみゴールドでなくダークブルーだった事が判明している。

また主演の2人が宣伝している、ポカリとポッカが出て来るのが、この映画からで、劇中の宣伝は
契約の関係上からか劇場3作目まで続いているので、これも巧い宣伝だと思う。

あぶない刑事 感想まとめ

刑事もので観ていて面白いのは、事件が解決する過程をみる、解決する刑事がスタンドプレイで目立つという意味ではない。
主役になる彼らを支えている脇役が、主役と張り合えるもしくは同等に面白く技量があるからこそ、見ごたえがあるのだ。

その点では『あぶない刑事』は、偶然にも芸達者がバランスよく揃った刑事ものになるだろう。
主役の為に現場がピリピリとしていたり、主役1人がスタンドプレイで目立っている様な刑事シリーズや
映画は、後から見ても面白みがないし、時が来れば片付けられてしまう。

そうした意味でも、この映画はシリーズの面白さの原点が詰まっていると思う。

Amazon 映画『あぶない刑事』の商品を見てみる