『アダムス・ファミリー2』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

アダムス・ファミリー2の概要:1991年にヒットした「アダムス・ファミリー」の続編。1993年の作品で、スタッフ、キャストはほとんど前作と同じ。風変わりなアダムス家に赤ちゃんが生まれたことから、再び大騒動が起こる。

アダムス・ファミリー2

アダムス・ファミリー2 あらすじ

映画『アダムス・ファミリー2』のあらすじを紹介します。

アダムス家のゴメズとモーティシアの間に赤ちゃんが生まれる。
口ひげの生えた男の子で、ピュ―パートと名づけられた。
新しい子供が生まれると上の子は必要なくなるという昔話を信じる、長女ウェンズデーと弟パグズリーは、ピューパートの命を狙ってばかり。
ゴメズとモーティシアはベビーシッターを雇うことにするが、風変わりな一家を見て、全員逃げ出してしまう。

そんな時、デビーという女性が、ベビーシッターに雇ってほしいと屋敷を訪れる。
フェスターはデビーに一目惚れ。
しかしデビーは、資産家の男性と結婚しては殺害し、財産を自分のものにする凶悪殺人犯だった。

勘の鋭いウェンズデーとパグズリーは、デビーの策略でサマーキャンプに参加させられてしまう。
その間にデビーはフェスターと結婚し、殺害計画を進行させていた。

一方のウェンズデーとパグズリーはキャンプのムードになじむことも無く、根暗な少年ジョエルは独特な雰囲気のウェンズデーに惹かれていく。
キャンプのクライマックスで、3人と目立たなかった子供たちが反乱を起こし、キャンプはメチャクチャに。

その頃屋敷では、ピューパートがバラ色のほっぺにブロンドヘアになるという、”病気”にかかっていた。
やがて、フェスターに傷ひとつつけられないデビーが逆上、屋敷を訪れてアダムス家全員を亡きものにしようとする。

アダムス・ファミリー2 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1993年
  • 上映時間:100分
  • ジャンル:ホラー、コメディ
  • 監督:バリー・ソネンフェルド
  • キャスト:アンジェリカ・ヒューストン、ラウル・ジュリア、クリストファー・ロイド、クリスティナ・リッチ etc

アダムス・ファミリー2 批評 ※ネタバレ

映画『アダムス・ファミリー2』について、2つ感想批評です。※ネタバレあり

続編でも奇妙な一族は健在

アダムス一家の祖母、グラニーを演じたのがジュディス・マリナからキャロル・ケインに変わっただけで、主なキャスティングに変更がなかった「アダムス・ファミリー2」。
独特の世界観は健在で、陣痛が来ているのに顔色ひとつ変わらないモーティシア役のアンジェリカ・ヒューストンはまだまだスタイル抜群です。
伯父フェスターがいなくなった寂しさから、ばら色のほっぺに金髪の巻き毛という一般的な可愛い赤ちゃんになるという”不治の病”にかかったピューパートという設定まで、全てが奇妙で面白いです。

フェスターとデビーの結婚式、それからラストの誕生日パーティーでも、奇怪な親戚たちが前作に引き続き登場します。
前作のラストでマーガレットと結婚したカズン・イットももちろん登場し、子供までいて立派な”奇妙な一族”の仲間入りしたマーガレットも見る事ができます。

前作でも独特の不気味さと存在感を醸し出していた、「手」だけの存在ハンドや、執事のラーチも健在です。

詰め込みすぎたストーリー

今回はフェスターの恋と結婚の他に、ウェンズデーの淡い初恋も描かれています。
嫌々サマーキャンプに参加させられていた少年ジョエルは、ウェンズデーの不思議さに惹かれて、アダムス家のパーティーに招かれるような関係に。
サマーキャンプのリーダー格アマンダと、キャンプ責任者のゲイリーとベッキーの陽気な雰囲気が、ウェンズデーとパグズリー、そしてジョエルによって崩壊させられていく展開は、アダムスファミリーならではの面白さがあります。
有名なファンタジーアニメに恐怖する3人の姿も笑いをさそいます。

殺人鬼デビーがどんなに頑張っても傷ひとつ付かず、愛情と取ってしまう純粋なフェスターにとっては、ちょっぴり悲しいストーリーです。
ピューパートの活躍で、殺人鬼デビーが命を落とした後の彼女のお墓も、アダムス家ならではの品になっていて、細部までこだわりぬいた設定には脱帽です。

屋敷でのシーンと子供たちのキャンプ場のシーンに加え、フェスターとデビーの新婚旅行先、2人の新居と場所が転々と変わっていくのは、あまりにも展開が早すぎて疲れます。
また、アダムス家の赤ちゃん役とはいえ、危険が無かったのか不安になる場面が多くあるのは、問題にならなかったほうが不思議です。

アダムス・ファミリー2 感想まとめ

近年、最新作の製作企画が出されたという噂がある、映画「アダムス・ファミリー」の続編「アダムス・ファミリー2」。
ゴメズ役の、故ラウル・ジュリアの問題もあり、企画が進んでいるという話は耳にしませんが、続編が完成した場合は注目したいです。

何度見ても、アダムス家の面々の濃いキャラクターに圧倒され、そして笑ってしまいます。
すっかり家族の一員に戻ったフェスターの家族愛や、前作から引き続き登場するキャラクターもたくさんいて、一作目から見たほうが楽しめるでしょう。

凶悪殺人鬼のデビーがフェスターのしぶとさに呆れて、爆弾をしかけてもまだ生きている彼に逆上するシーンも、「アダムスファミリーだから」という理由で妙に納得してしてしまう、そんな強烈な印象を残す一家です。
そんな奇妙な一家ですが、絆はとても強く、破天荒な愛情表現をしますがお互いを思いあう気持ちが、強く描かれています。

Amazon 映画『アダムス・ファミリー2』の商品を見てみる

関連作品