映画『イーオン・フラックス』あらすじ・ネタバレ結末と感想

イーオン・フラックスの概要:2005年に公開された、シャーリーズ・セロン主演のSFアクションムービー。日系人のカリン・クサマがメガホンを取った。原作となったのは、カルト的人気を持つアメリカの短編アニメ映画。

イーオン・フラックス あらすじ

イーオン・フラックス
映画『イーオン・フラックス』のあらすじを紹介します。

人類の99%がウィルスによって滅んだ世界。
生き残った人々は、人類を救った科学者グッドチャイルド家の管理下にある、閉鎖された都市ブレーニャで暮らしている。
しかし政府が黙認し続けている、忽然と人が消える事件も多かった。

反政府組織モニカンに所属するイーオンが任務を終えて妹ユナの家に向かうと、彼女は政府によって殺害されていた。
1年後、トレヴァー・グッドチャイルド暗殺指令が下される。

両足を手に移植したシサンドラと共に任務に向かったイーオンは、トレヴァーに銃を突きつけるが、謎のフラッシュバックに襲われる。
捕らえられたイーオンが脱走し、トレヴァーの部屋で見つけたのは覚えのないイーオンの写真だった。
自分が何者か突き止めたいイーオンは、見つけた手がかりから飛行船に向かい、ユナが“再生”されたと知る。

一方、モニカンを利用してトレヴァー暗殺を計画していた弟オーレンは、周囲を言いくるめてトレヴァー追放を決定させる。
そしてモニカンを裏切ったとみなされたイーオンは、組織から命を狙われることとなる。

イーオン・フラックス ネタバレ結末・ラスト

トレヴァーが開発したウィルスの治療薬の副作用で、人間は妊娠できなくなっていた。
そのためにクローン技術を開発して、人間は死と再生を続け、一方で不妊治療が続けられていた。
だが、自然妊娠していたユナたち女性は、変化を嫌うオーレンによって抹殺されていたのだ。

そしてイーオンは、過去の自分がトレヴァーの妻キャサリンだったことを聞かされる。
モニカンとオーレンたちに囲まれたイーオンとトレヴァーだったが、シサンドラを説得して味方にし、オーレンの暴走を防いだ。

そしてイーオンはたった一度の生を大切にするため、全てのDNAが保管されている飛行船を爆破させる。

イーオン・フラックス 評価

  • 点数:50点/100点
  • オススメ度:★★☆☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★☆☆☆

作品概要

  • 公開日:2005年
  • 上映時間:95分
  • ジャンル:SF、アクション
  • 監督:カリン・クサマ
  • キャスト:シャーリーズ・セロン、マートン・ソーカス、ジョニー・リー・ミラー、アメリア・ワーナー etc

イーオン・フラックス 批評・レビュー

映画『イーオン・フラックス』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

SF映画にありがちな設定の多さ

ウィルスによって人類のほとんどが死亡した近未来、怪しい行動をするグッドチャイルド政権と、反政府組織モニカンといった、どこかありがちな設定やキーワードであふれかえっている作品。
人類はクローン人間になってしまっているという設定も、どこかパッとしない。

父親が日本人だという監督のカリン・クサマの描いた近未来には、障子や畳が使われているユナの部屋が登場したり、日本の要素が詰まった小道具がいくつか見受けられる。
クライマックスでは、満開の桜の下で戦いのシーンが繰り広げられ、印象的な場面になっている。

独創的な武器やシステム

体内に埋め込まれたチップを使い、仮想空間のような場所に意識を飛ばして仲間と連絡を取ったり指令を受けたり、それを使って裏切者と判断したイーオンを追跡するなど便利なシステムが登場する。
しかし、装置自体の見た目はとってつけたような仕上がり。

モニカンの司令塔ハンドラーが口から出した花の花粉を通してイーオンの手に地図が埋め込まれたり、捕まったイーオンが呼び出したパチンコ玉のようなものが壁を破壊するなど、斬新な道具なども登場する。
だが、暗殺に失敗して捕まったのだから、身体検査によって装置を奪われるだろう、というツッコミどころもある。

独創性が生かし切れていないアクションシーン

バレリーナを目指していたというシャーリーズ・セロンが、柔軟な体を使ってグッドチャイルドの敷地に侵入するシーンはお見事。
開脚しながら前のめりになるシーンは、シャーリーズだからこそ出来たものだろう。
しかしその他のアクションシーンでは、体の柔らかさを使った独創的なものは登場せず、もったいなさを感じさせる。

また、足を手に移植したシサンドラが登場するものの、移植した手はほとんど役に立っていない。

イーオン・フラックス 感想まとめ

ありがちな設定が多く、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の「ウルトラヴァイオレット」とは特に酷似した設定の映画。
大ヒット映画「マトリックス」シリーズのスピンオフアニメ「アニマトリックス」の監督のひとり、ピーター・チョンが製作した短編アニメが基になっていて、マトリックスを彷彿とさせる要素もある。

シャーリーズ・セロンのスレンダーな体系にフィットした衣装や、持ち前の金髪から黒く染めた髪と、ショートヘアがとても美しい。
意表を突くような独創的な武器などが多く、片目が真っ黒に染まるシーンや体内に地図を埋め込む場面もある。

なお、反政府組織モニカンの司令塔、ハンドラーを演じたフランシス・マクドーマンドと主演のシャーリーズ・セロンは、同年公開の「スタンドアップ」でも共演している。

Amazon 映画『イーオン・フラックス』の商品を見てみる