映画『アフタースクール』あらすじとネタバレ感想

アフタースクールの概要:「運命じゃない人」、「鍵泥棒のメゾット」などを手がけた内田けんじ監督の2008年公開の映画。出演は大泉洋、佐々木蔵之助、堺雅人など。キャッチコピーは「甘くみてるとダマされちゃいますよ」。

アフタースクール あらすじ

アフタースクール
映画『アフタースクール』のあらすじを紹介します。

中学時代にラブレターを渡した美紀、それを受け取った木村。
そして現在、美紀は妊娠していた。

母校の教師をしている神野はアパートの前で、買ったばかりの車を半ば無理やり、親友の木村に貸すはめになった。
会社では、木村がひとりの女性とマンションから出てくる写真が出回っていた。
そして、借金まみれの探偵、北沢は木村の上司から彼の居場所を探す依頼を受けていた。

美紀が病院で出産したが、木村と連絡がつかなくなり、困り果てる神野。
そんな時、神野の勤める中学校に、北沢が”同級生の島崎”と名乗って探りを入れに来たことから、神野は北沢に巻き込まれる形で木村を探す事になる。
弟分から裏切られ、お金を借りているヤクザから逃げようとしていると勘違いされた北沢。
しかしそのヤクザの大黒が密かに探している高級クラブのナンバーワンあゆみの行方と、木村の会社が繋がっているとわかり、どうにかして情報を手に入れようとする。

北沢の指示で神野が情報を聞き出していたが、木村が乗っていった神野の車が発見されたと連絡が入る。
そして監視カメラに映った木村と謎の女性の姿を目にした神野は、北沢と言い合いになって自宅に戻る。
だが自宅には木村の姿があり、怪しい内容の会話をしていた。

あゆみの居場所に気が付いた北沢は木村の会社経由でお金を手にしようとするが、あゆみは何者かに殺害されてしまう。
だが北沢は意外な真実に気がつき、木村と神野も奇妙な動きを見せていた。

アフタースクール 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2008年
  • 上映時間:102分
  • ジャンル:ミステリー、コメディ
  • 監督:内田けんじ
  • キャスト:大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、常盤貴子 etc

アフタースクール ネタバレ批評

映画『アフタースクール』について、感想批評です。※ネタバレあり

大どんでん返しに驚かされるストーリー

妊婦の女性と共に仲良く食事を取る木村、そして年配の男性の様子は、どこからどう見ても夫婦と義父に気を使う夫に見えるが、そう見えるだけで言葉で表現したりはしていない。
そういった見ている側の思い込みを何度も利用して、後半のどんでん返しで驚かすストーリーが緻密に練られている。
それに加え、中学時代のマドンナ美紀を助けるため、自分の勤める会社の不正を暴くことを警察に協力させられている木村と親友で教師の神野が、警察からの命令で秘密裏に行っているいくつかの行動。
そしてちょっとした偶然で、木村と警察官の妹が付き合っているように見えたことから、ストーリーが2転3転していく。

佐々木蔵之介が演じた北沢は、狂言回しの立ち位置にあり、見ている側は彼と同じ視点でストーリーを追うことになるが、それだけでは消化しきれない展開で、何度も見て確認したくなるような魅力がある。
しかし、木村と謎の女性の密会写真が何故警察につながったのか、謎の女性の正体がどうして警察官とばれていたのか、はっきりしない部分はツッコミどころになっている。
木村の仕事が全て終わった時の警察のあからさまな冷たい態度も、現実的に考えればツッコミどころだが、フィクションの世界としては味がある。

訛りは気になるがぴったりのキャスティング

「アフタースクール=放課後」だが、卒業して30代を迎えた人間たちの物語になっており、「卒業後」という意味としても取れるタイトル設定。

神野を演じた大泉洋は、バラエティタレント出身ながらも”こんな先生、学校にひとりはいる”という雰囲気を醸し出している。
笑顔の裏で何を考えているか全く掴めない堺雅人が演じた木村は、妊娠中の妻をほって置いて不倫に走った、という印象を後半まで維持するのにピッタリの配役。
佐々木蔵之介演じる北沢役の荒れた探偵も、劇団出身ということもあり違和感なく見ることができる。

木村と神野の妹役の田畑智子が、まるでカップルのように見えてしまう監視カメラの映像も上手い。
だが、大泉洋の台詞のイントネーションに、標準語には見られない訛りが多々見受けられるのが勿体無い。

アフタースクール 感想まとめ

どんでん返しを大々的に発表してしまったり、本作のキャッチコピーのように「甘くみてるとダマされちゃいますよ」などとつけると、ハードルが上がった結果、印象が悪くなることが多いが、「アフタースクール」はまんまと騙されてしまう展開。
あゆみの死の真相など、わかりやすいトリックシーンはあるものの、美紀と木村と年配の男性の家族団欒に見えるシーンや、いかつい表情の男性が美紀の周囲にいるのには騙されてしまう。
神野、木村、北沢の3人それぞれの視点で3回は見たくなる映画。

他人を疑って生きてきた北沢が神野に対して「お前のようなやつのせいで人生はつまらない」と文句を言う場面で、神野が「つまらないのはお前のせいだ」と言い切るシーンには感動する。
つまらないのは誰かの責任だと思いながら成長してしまった大人に対する、メッセージ性を感じずにはいられない。

Amazon 映画『アフタースクール』の商品を見てみる