映画『アヒルと鴨のコインロッカー』あらすじとネタバレ感想

アヒルと鴨のコインロッカーの概要:井坂幸太郎の推理小説を原作とした、2007年の映画。監督は「フィッシュストーリー」、「ゴールデンスランバー」などを手がけた中村義洋監督。濱田岳、瑛太のW主演作品となっている。

アヒルと鴨のコインロッカー あらすじ

アヒルと鴨のコインロッカー
映画『アヒルと鴨のコインロッカー』のあらすじを紹介します。

仙台の大学に入学、そしてひとり暮らしを始めた椎名。
ボブ・ディランの”風に吹かれて”を口ずさみながら荷物を片付けていると、隣人の河崎が声をかけてきた。

彼の部屋の、隣の隣には、ブータン人が住んでいるという。
変わり者の河崎は、隣の隣に住むブータン人にプレゼントするために本屋を襲って広辞苑を盗みに行こうと誘ってくる。
最初は断った椎名だったが、結局、河崎が広辞苑を盗むために強盗に入る手伝いをする。
本屋強盗に入った河崎だったが、目的の広辞苑ではなく広辞林を盗み、それすら一向に構わない様子。

ある日、大学構内でペットショップの店長、麗子と出会う椎名。
河崎が椎名に気をつけろと忠告し、バス停で困っていた外国人女性を助けた女性でもある彼女は、河崎に気をつけろと言ってくる。
やがて河崎の正体に気が付いた椎名は、隣の隣のブータン人に話を聞く。
そして麗子からも、河崎、琴美、そしてブータン人のドルジの、3人の物語を聞く事となる。

ドルジと琴美は2年前に起こっていたペット殺害事件の現場に出くわし、巻き込まれることになった。
住所がバレた琴美の危機を救った彼女の元カレの河崎、そしてドルジと河崎の不思議な友情。
だが、悲劇は起こってしまった。
ドルジと河崎は、ペット殺しの犯人が店長を務める本屋を襲撃しようとしたが、直前になって頓挫してしまったのだという。

そして椎名は、駅のコインロッカーにボブ・ディランが流れるCDプレイヤーを仕舞い込み、病気の父を見舞うために実家に戻るのだった。

アヒルと鴨のコインロッカー 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2006年
  • 上映時間:110分
  • ジャンル:青春、ヒューマンドラマ、ミステリー
  • 監督:中村義洋
  • キャスト:濱田岳、瑛太、関めぐみ、田村圭生 etc

アヒルと鴨のコインロッカー ネタバレ批評

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』について、感想批評です。※ネタバレあり

2年前と現在の物語がパズルのように形を作るストーリー

大どんでん返しにやられた、と思う映画。
かといって、スピード感あふれる作品でもなく、淡々と進む日常の中で椎名と河崎、そこから2年前の出来事へと発展していく作品だ。

回想シーンで、最初は日本人のようで日本人ではない雰囲気のある俳優、田村圭生をドルジ役に置きながら、椎名が河崎の正体に気が付いた後はドルジを瑛太が演じるという、こだわりぬいた演出がされている。
現在が進むと共に、2年前のドルジ、河崎、琴美の物語も同時に進むというカットバック形式の映画で俳優まで変わるのだが、ドルジ役が変わると共に、椎名が引っ越してくるシーンでピタリとパズルのピースがはまったかのような、スッキリとした感覚を味わえる。
ストーリーにもひとりの傍観者として、ありふれた雰囲気を持つ”普通”の若者であり、3人の物語に巻き込まれてしまった椎名役の濱田岳が、出すぎず引きすぎず、視聴者と同じ目線で見ている、という雰囲気があるために感情移入しやすい。

キャストの演技力が底上げしている映画

つかみどころのない、ちょっと変わった青年河崎と、平凡な青年椎名のやりとりから、徐々に重い雰囲気のストーリーになっていくにもかかわらず、濱田岳の飄々とした演技が息継ぎになっている。
ブータン人だと思っていた隣人が、実は山形出身で訛りがあったというだけであり、隣の隣、つまり河崎がブータン人のドルジだったと判明してからも、真剣さはあれど重い雰囲気にはさせない。
どう見ても日本人であり、片言の日本語も使わない河崎と、日本語が上手く話せないブータン人のドルジ、2役を演じた瑛太も違和感がない。
しかし、急に日本語をマスターしてしまっている点はツッコミどころになっている。

ラストを見ている側の想像にお任せ、という大量生産されている作風ではあるものの、2年前の琴美が見た最後の映像に映った犬と重なり、なんともいえないラストになっている。
また、麗子が常に怒っているような表情だと説明するシーンは、必要あったのだろうか。
そしていくら名物だとしても、牛タン弁当について何度も確認を取るシーンの多さにはあきれてしまう。

アヒルと鴨のコインロッカー 感想まとめ

ボブ・ディランの「風に吹かれて」をテーマに、2年前に起こってしまった悲劇への復讐と、その物語に巻き込まれた平凡な青年の様子を、淡々と描いた映画。
後に「まほろ駅前多田便利軒」シリーズで共演する事となる、瑛太と松田龍平が共に出演しているのも面白い。
「信じるかどうかはあなた次第」という決め台詞で、都市伝説を紹介する事で有名になった、芸人の関暁夫がペット事件の犯人役で出演しているのも意外性がある。

名言が数多く作られた作品でもあり、ラストシーンで椎名がコインロッカーに、ボブ・ディランが流れたままのCDプレイヤーをしまいこんでしまうシーンは印象深い。
映画を見た後、ボブ・ディランの「風に吹かれて」を、思わず口ずさんでしまうような作品だ。

Amazon 映画『アヒルと鴨のコインロッカー』の商品を見てみる