映画『A.I.』のネタバレあらすじ結末

A.I.の概要:ロボットが普及した未来社会。新しく開発された少年型ロボット「デイビッド」は、人間と同じように母親への愛情を持っていた。母の愛を求めて旅をするロボットを描く、切なくも美しいSFファンタジー。

A.I.の作品概要

A.I.

公開日:2001年
上映時間:146分
ジャンル:SF、ファンタジー、ヒューマンドラマ
監督:スティーヴン・スピルバーグ
キャスト:ハーレイ・ジョエル・オスメント、フランシス・オコナー、ジュード・ロウ、サム・ロバーズ etc

A.I.の登場人物(キャスト)

デイビッド(ハーレイ・ジョエル・オスメント)
人間のように愛情を持つようプログラミングされた少年型ロボット。母親としてインプットされたモニカを実の母親だと思っている。モニカに愛されるため、人間になりたいと願う。
ジゴロ・ジョー(ジュード・ロウ)
男性型セックス・ロボット。殺人事件の犯人に仕立て上げられてしまい逃亡の身となる。外の世界に疎いデイビッドをフォローする。
テディ(ジャック・エンジェル)
モニカの家にあったロボット。見た目はテディベアだが、人工知能搭載のため自分で考え、歩いたりしゃべったりできる。デイビッドの良き友となる。
モニカ・スウィントン(フランセス・オコナー)
デイビッドの母親となる女性。息子が不治の病にかかりおり悲しみに暮れていたが、デイビッドを家に受け入れたことで笑顔を取り戻す。

A.I.のネタバレあらすじ

映画『A.I.』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

A.I.のあらすじ【起】

地球温暖化の深刻化により子どもを持つことが制限され、ロボットが働き手として普及した未来社会。アレン・ホビー教授は「人を愛し、望みを持つことのできる子ども型ロボット」を作ることを提案する。それから20ヶ月後、ロボット会社に勤めるヘンリーと妻のモニカは、5年間不治の病で冷凍睡眠している息子・マーティンの見舞いに来ていた。悲しみに沈むモニカに、ヘンリーは少年の姿をしたロボット・デイビッドを連れ帰る。会社から動作テストの依頼を受けたのだ。モニカは「息子の代わりなんて」と激怒する。しかし「嫌なら返せばいいから」と説得される。

本当の人間と見間違えるような姿に気味悪がるモニカだったが、家に子どもがいる状況に、久しぶりの笑顔を見せるようになる。デイビッドを受け入れることに決めたモニカは、自分を母親としてインプットする。すると、デイビッドはモニカの事を「ママ」と呼び、まるで人間の子どものようにモニカの事を愛し始めた。モニカもデイビッドの事を実の息子のように思い始める。「ママはいつか死ぬの?」とさびしがるマーティンに、モニカは息子のおもちゃだったロボットのテディを与える。

A.I.のあらすじ【承】

しかし新しい生活がスタートした矢先、マーティンが奇跡的に回復する。モニカの愛を一人占めしたくて張り合うマーティンとデイビッド。ある夜、モニカは「ピノキオ」の話を読み聞かせる。「ブルー・フェアリー」が人形のピノキオを人間の男の子に変えてくれるというラストシーンに、デイビッドは自分も人間になれるのではと希望を抱く。

マーティンにそそのかされ、デイビッドはモニカの髪の毛を切ろうとするが、そのせいでモニカにけがを負わせてしまう。マーティンの誕生パーティーでも、彼の友達のいたずらに危険回避システムが発動し、デイビッドはマーティンをプールに引きずり落としてしまう。度重なる事故に、ヘンリーはデイビッドを返却することを決める。車でデイビッドを研究所に連れていく道中、モニカはデイビッドが廃棄されないよう、彼とテディを森へ逃がした。

一方夜の歓楽街では、セックス・ロボットのジョーが客のところへ向かっていた。しかし部屋には女性の死体。彼女の夫が、ジョーに嫉妬して殺人の濡れ衣を着せたのだ。警察に追われる身となったジョーは森へと逃げだす。

森ではロボットのスクラップ回収が行われていた。必死に逃げるがジョーとデイビッドはつかまってしまう。使い道のなくなったロボットは、ロボット反対派が集まるショーで破壊されてしまうのだ。恐怖のあまりジョーから離れようとしないデイビッド。命乞いするデイビッドの姿に同情した人々は、主催者に石を投げ始める。そのすきにデイビッド、ジョー、テディは会場から逃げ出した。

A.I.のあらすじ【転】

「ママに愛されるために、ブルー・フェアリーに人間にしてもらう」と言うデイビッドを、ジョーは人工知能「Dr.ノウ」のもとへ連れて行く。そこで彼らは「マンハッタンのホビー教授がブルー・フェアリーを知っている」という情報を手に入れる。ジョーを追ってきた警察のヘリを奪い、3人は水没した都市マンハッタンへ向かう。

マンハッタンに着いたデイビッド達を待っていたのは、デイビッドとそっくりのロボットだった。デイビッドは「ママは渡さない」と逆上してロボットを殴り壊してしまう。そこへデイビッドの作り主、アレン・ホビー教授が現れる。彼は行方不明のデイビッドをずっと探していたのだ。しかしデイビッドは、自分と同じ顔のロボットがたくさん作られているのを見つけてしまう。自分がママの特別な子ではなく、作られたロボットの1つだと知ったデイビッドは、望みを失って海に身を投げる。

海の底でデイビッドはブルー・フェアリーの姿を目にする。ジョーに助けられたデイビッドは海の底を目指すことになるが、ジョーが警察につかまってしまう。自動操縦のまま、デイビッドとテディを載せたヘリは海中に沈んだ遊園地にたどり着いた。そこには、ブルー・フェアリーの彫像があった。ずっと探していたブルー・フェアリーを前に、デイビッドは「僕を人間にしてください」と祈り続ける。観覧車が倒れてきてヘリが動かなくなっても、海が凍り、やがてデイビッドたちの機能が停止するまで、長い年月デイビッドは祈り続けた。

A.I.のあらすじ【結】

2000年もの歳月が過ぎ、デイビッドたちの乗ったヘリは未来のロボットたちによって引き上げられる。長い年月の間に人間は絶滅し、人間の記憶をとどめているのはデイビッドだけなのだと、ブルー・フェアリーの姿を借りて話す未来のロボットたち。デイビッドのために、誰か友達を生き返らせてあげようという彼らに、デイビッドは「ママを生き返らせて」と頼む。DNAのサンプルとなる体の一部が必要だと言われうなだれるデイビッドに、テディはモニカの髪の毛を差し出す。昔デイビッドが切ろうとした髪の毛を、テディが持っていたのだ。

1日だけモニカが生き返ることになった。夜になって眠れば、もうそのまま目覚めることも、再び生き返らせることもできないのだという。デイビッドは生き返ったモニカと幸せなひと時を過ごす。モニカは眠りに落ちる前、「デイビッド、愛しているわ」とささやく。この言葉こそが、デイビッドの本当に欲しかったものだった。永遠の眠りに落ちたモニカの横で、生まれて初めてデイビッドは眠り、夢を見るのだった。

Amazon 映画『A.I.』の商品を見てみる