映画『愛の流刑地(2006)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「愛の流刑地(2006)」のネタバレあらすじ結末

愛の流刑地(2006)の概要:村尾菊治は愛人の入江冬香を、情事の最中に首を絞めて殺してしまう。冬香が菊治に「殺してくれ」と頼み、菊治がそれを受け入れたのだ。どうして冬香がそんな頼みごとをしたのか。そこには、家族と愛人との間で苦悩する女性の姿があった。

愛の流刑地の作品概要

愛の流刑地

公開日:2006年
上映時間:125分
ジャンル:ラブストーリー
監督:鶴橋康夫
キャスト:豊川悦司、寺島しのぶ、長谷川京子、仲村トオル etc

愛の流刑地の登場人物(キャスト)

村尾菊治(豊川悦司)
別れた妻との間に娘が1人いる。恋愛小説を書いている作家。長年スランプに陥っている。冬香に一目惚れして、相手が結婚していると知りながら猛アタックする。冬香に求められるまま首を絞めてしまい、殺してしまう。
入江冬香(寺島しのぶ)
夫との間に3人の子供がいる。富山出身の女性。菊治のファン。菊治に惹かれながらも、家族を裏切っている後ろめたさに苦しみ、菊治に「殺してくれ」と頼むようになる。
織部美雪(長谷川京子)
菊治の事件を担当する検事。検事としてはやり手で、気の強い性格。自身も上司と不倫関係にある。

愛の流刑地のネタバレあらすじ

映画『愛の流刑地(2006)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

愛の流刑地のあらすじ【起】

入江冬香は村尾菊治と情事をしている最中に、愛しているのなら首を絞めて殺してくれと懇願した。菊治は言われるがまま首を絞めるが、殺す気はなかった。しかし、セックスを終えて冬香の顔を見ると、既に息絶えていた。

菊治は屋上から飛び降り自殺をしようとするが、死ぬことはできなかった。部屋に戻って冬香の遺体を抱きしめた。そのまま眠ってしまい、目が覚めると朝になっていた。菊治はベッドの下に置いていた録音テープを再生させた。冬香が殺してくれと頼んでいる声が聞こえて、菊治は目を潤ませた。菊治は警察に連絡するが、既に冬香の死後5時間が経っていた。

平成17年8月1日。冬香は神宮外苑の花火大会に行くため、菊治の家を訪ねた。菊治は無理をして家から出て来てくれた冬香に謝罪するが、冬香は無理をしなければ出てこられないと淋しそうに微笑んだ。その日の晩、菊治は冬香を絞め殺してしまう。

菊治は取り調べを受けた。刑事は話を聞く前から、菊治に殺意があったと決めつけていた。女性が情事の最中に殺してくれと頼むのは、ただのプレイの一環だと菊治の話を一蹴した。検事の織部美雪も取り調べを見ていたが、刑事と同じような気持ちだった。だが、取り調べを受ける菊治の悲しそうな表情が気になった。

愛の流刑地のあらすじ【承】

美雪は事件の詳細を調べるため、冬香の友人である魚住祥子の家を訪ねた。事件後、祥子は冬香の3人の子供達を引き取っていた。祥子は美雪に強張った顔を向けながらも、菊治達について話し始めた。元女性誌の記者であった祥子は、作家である菊治と知り合いだった。冬香が菊治のファンだったので、祥子が2人を引き合わせたのだ。菊治は一目見たときから、奥ゆかしくて美しい冬香に惹かれていた。祥子は薄々菊治達の関係に気づいていた。だが、菊治がまた小説を書けるようになればいいと思い、深く2人の関係を聞こうとはしなかった。

美雪は菊治の事情聴取を行い、冬香と出会った最初の頃から話を確認した。菊治は冬香に会いたい思いが募り、連絡を取り合った。冬香から数時間しか会えないと言われるが、菊治はそれでも構わず、冬香の住む京都まで会いに行った。菊治は美しい冬香の手の動きに触発され、冬香の地元である「おわら踊り」をテーマに恋愛小説を思い立つ。書き上げれば一番初めに見せると言うと、冬香は涙ぐみながら嬉しそうに微笑んだ。それからも菊治は冬香に会うため、新幹線に乗って東京から京都まで足しげく通った。2時間ほどの逢瀬だったが、幸せな時間だった。

菊治はどんどん冬香に溺れていき、2人は愛し合うようになった。会えない時間はメールでやり取りをして、思いを伝え合った。だが、冬香は菊治と家族との間で板挟みにあい、密かに苦しんでいた。

菊治は娘の高子と面会した。高子は気丈にも父を責めず、体を心配していた。菊治はただ謝ることしかできなかった。だが、高子は傷ついていないわけではなかった。冬香を恨み、冬香の自殺に父が巻き込まれただけだと思うことで、心の均衡を保っていた。菊治は涙を流しながら、高子の話を聞いていた。

愛の流刑地のあらすじ【転】

冬香は菊治に恋をしたことで、初めて生きていることを実感できていた。冬香の夫が東京に転勤になったことをきっかけに、東京に引っ越すことになった。それから、菊治と冬香は会う頻度を増やし、菊治の家で情事に耽るようになった。

菊治は弁護士と面会した。弁護士から問い掛けられ、一番初めに冬香が「殺してくれ」と言い出したのはいつだったか、記憶を思い起こした。菊治と冬香の逢瀬はいつも時間に追われ、水槽に飼われた金魚のように密室でしか会えなかった。せめて冬香の誕生日ぐらいは、外でゆっくりと会おうと予定を立てた。冬香はワインを飲みながら、死んでもいいぐらい今までで一番幸せだと微笑んだ。私のために死んでくれますかと問い掛けられ、菊治は首を横に振った。菊治は冬香と出会ったことで作家としても息を吹き返し、冬香と一緒に生きたいと思っていた。冬香は微笑みながら涙ぐんだ。その夜、情事の途中で、冬香は「殺してくれ」と菊治に懇願した。菊治は言われるまま冬香の首を絞めるが、すぐに手を離した。冬香は殺してくれなかった菊治を激しく責めた。その時、菊治が設置した録音機が、布団から飛び出しているのが見えた。冬香はその録音機に向かって、死んでもいいぐらい幸せだと呟いた。

事件当日。夜中に冬香は目を覚ますと、ベッドの下に録音機を設置した。そして、菊治を起こして、抱いてくれと懇願した。菊治は戸惑いながらも、冬香とセックスをした。裁判当日。検察側は菊治の罪状を殺人罪としていたが、弁護士側は嘱託殺人の適用を求めた。冬香の首の甲状軟骨は折れており、菊治が強く首を絞めないとこのような状態にはならなかった。美雪は冬香の首の状態と遺族の心情を合わせて、厳罰を望んだ。傍聴席にいた高子は話を聞いておれず、泣きながら席を立った。

愛の流刑地のあらすじ【結】

引き続き裁判が行われ、冬香の夫である徹が証言台に立った。徹は仕事に忙しく、菊治の存在を全く知らなかった。徹は検事や弁護士から質問され、取り乱してしまう。そして、菊治が妻を誑かして殺したのだと叫んだ。菊治は徹の顔を見ながら、昔のことを思い出していた。冬香は徹に触れられるのを嫌がっていた。それに苛立った徹は、子供を置いて家を出て行けと冬香に迫った。

冬香は菊治が書き上げた小説「虚無と熱情」を大切そうに抱きしめ、私達の子供のようなものだと微笑んだ。しかし、その小説は若者受けするものではなかったので、出版の目途が立っていなかった。だが、冬香はいつか受け入れられればいいのだと、菊治を優しく励ました。皮肉にも事件が起こった後、「虚無と熱情」は飛ぶように売れた。

録音テープが証拠として採用された。美雪は証言台に立つ菊治に、なぜ被害者が死にたいと発言していたのか問い掛けた。上手く説明できない菊治に、冬香とは心を伴わない関係で、重荷になって殺害したのだろうと詰め寄った。菊治はそれを聞いて、死にたくなるほどの喜びをどう表現すればいいのかと反論した。そして、「死にたくなるほど人を愛したことがあるのか」と叫んだ。

冬香の母が証言台に立った。冬香の母は菊治のことを殺したいほど憎んでいた。だが、本当の冬香のことを語ることが、娘のためだと信じていた。事件の前日、冬香は子供達を連れて母の家を訪れ、子供達のために誕生日のような豪華な料理をたくさん作っていた。母は冬香が綺麗に化粧をする姿を見て、嫌な予感を感じた。だが、どうすることもできなかった。冬香は後悔しないからと呟いて家を出て行った。菊治は証言台から立ち去る冬香の母に土下座した。

裁判の最終日、菊治は最後に証言台に立ち、今までの気持ちを語った。冬香を殺して本当によかったのか、裁判が進むにつれて疑問を抱くようになった。菊治の知らない時間を生きる冬香がいたのだ。そして、本当に冬香と愛し合っていたのか疑問を抱くようになった。だが、菊治が最後に感じたのは、冬香が誰にも渡したくないほど菊治を愛してくれていたことだった。菊治は冬香に選ばれた殺人者だった。

菊治は殺人罪で8年の刑に処されることになった。ある日、冬香の母から郵便が届く。中には冬香が大切にしていた、菊治が出版した本が入っていた。本の中には、冬香が書いた菊治への手紙が挟まっていた。家族に対しての後ろめたい気持ちと、菊治に対しての深い愛情、菊治への謝罪と感謝の言葉が綴られていた。菊治は冬香の気持ちと共に、刑を全うすることを決める。

Amazon 映画『愛の流刑地(2006)』の商品を見てみる