映画『赤い糸』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「赤い糸」のネタバレあらすじ結末

赤い糸の概要:一時期一世を風靡した携帯小説。その中でも爆発的ヒットを記録したビッグタイトル、『赤い糸』を実写映画化。多くの女子たちに共感を呼んだ感動のラブストーリーから目が離せない。

赤い糸の作品概要

赤い糸

公開日:2008年
上映時間:106分
ジャンル:ラブストーリー
監督:村上正典
キャスト:南沢奈央、溝端淳平、木村了、岡本玲 etc

赤い糸の登場人物(キャスト)

竹宮芽衣(南沢奈央)
中学生。淳史の初恋の人で、心優しい淳史に次第に惹かれていくが…?
西野敦史(溝端淳平)
芽衣の同級生。芽衣が初恋の人だとわかり気になっていく。
高橋陸(木村了)
密かに芽衣に心を寄せる。その後芽衣と結ばれるが…?
中川沙良(桜庭ななみ)
芽衣の友人。陸を好きだったがとある場面を見てしまい…?

赤い糸のネタバレあらすじ

映画『赤い糸』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

赤い糸のあらすじ【起】

芽衣と淳史、そして陸は同じ学校に通う中学生である。季節は秋に差し掛かり、学校は一大イベント、文化祭の日を迎えようとしていた。芽衣のクラスは占い屋をやることとなり、芽衣は大道具、淳史は実際の占いをする側として着々と準備を進めていく。そして忙しくも楽しい準備期間が終わり、とうとう文化祭当日がやって来る。

文化祭が終わる頃淳史が教室に入ると、学生の殆どは公演の一つであるバンド演奏を見に行っていたため教室はがらんとしていた。そんなクラスに、芽衣だけが一人残っていたのだった。淳史はそんな芽衣に、占ってあげると声をかける。

そして、占いのために芽衣の誕生日を聞いた淳史は、とある懐かしい記憶を思い出す。それはまだ淳史が幼い頃のことだった。淳史はケーキ屋の前で一人の女の子とぶつかっていた。その衝撃でその子のケーキが潰れてしまい、淳史は彼女に謝罪する。自分と同年齢の、尚且つ同じ誕生日のその女の子に、淳史は恋心を覚えるのだった。そして何と、その相手とは芽衣のことだったのだ。

赤い糸のあらすじ【承】

淳史はそのことを芽衣に伝えようとするが、ちょうどその時教室にクラスメートが帰ってきたためタイミングを逸してしまう。そして文化祭が終わり、慌ただしく次の行事、修学旅行の日が近づいていた。あの日以来芽衣に再び心を寄せ始めていた淳史は、自由時間を芽衣と一緒に回りたいと申し込む。そして芽衣はその申し出を受け、二人で計画を立てるのだった。

そして、修学旅行の日がやってくる。しかし何と、淳史の母親が怪我を負ったという知らせが入り、淳史は途中で修学旅行を切り上げ一足先に戻ることとなってしまった。芽衣は淳史のそんな事情を理解し、二人はこっそりと宿から夜の街へと出かけていく。そして、二人は修学旅行の代わりに幸せな時間を過ごすのだった。

その翌日、元々淳史と二人で回るはずだったルートを芽衣は一人で回っていた。すると、密かに芽衣に想いを寄せている陸が彼女を追いかけてきたのだった。そんな二人の様子を遠目で見ていた人物がいる。その人物の名前は沙良、芽衣の友人である。沙良は芽衣に電話するが、芽衣は思わず今一人でいる、と彼女に嘘をついてしまうのだった。

赤い糸のあらすじ【転】

陸に想いを寄せていた沙良は、失恋のショックと友人に裏切られたショックで衝動的に自殺を図ってしまう。奇跡的に命は助かった沙良だったが、その衝撃で記憶を失い、最終的に遠くの学校へと転校することになってしまう。芽衣はそのことを同級生から責められ、次第にいじめの対象となってしまった。

傷つく芽衣を陸はかばい続けるが、一方の淳史は芽衣と距離を取るようになっていた。そのことにはある理由があった。実は淳史は芽衣の母親に、彼女に近づかないようにとキツく釘を刺されていたのだ。淳史に惹かれていた芽衣は、突然彼の態度が変わった理由が分からずにいたが、淳史と芽衣の距離は徐々に開いていく。そして、芽衣は淳史への恋心を諦め、ずっと自分を支えてくれていた陸と付き合うことになるのだった。

しかし陸は芽衣を強く束縛するようになる。最初は頑張ってそれに応じていた芽衣だったが、他の友人との関係性もあるため次第に陸の束縛から逃れようとする。するとなんと、陸は芽衣に暴力を振るうようになるのだった。

赤い糸のあらすじ【結】

それから、少しずつ陸と芽衣の間にすれ違いが生じてくる。友人のことを大切に思う芽衣に対して、芽衣が自分のこと以外を気にかけるのが気に入らない陸。陸は、芽衣に対して暴力を振るい続けるようになる。そんな時現れたのは、何と淳史だった。淳史は芽衣に拳を振りかざす陸を殴り飛ばす。淳史はまだ、芽衣のことを忘れてはいなかったのだ。

その後、陸は交通事故に巻き込まれて命を落とす。怒涛の一年が過ぎ、芽衣は16歳を迎えることとなる。ちょうどその頃、両親が離婚を決めていた。そして母親が、芽衣に衝撃の真実を伝えるのだった。それは、自分は芽衣の本当の母親ではないということだった。

芽衣は彼女の幼馴染の娘で、既にその人は亡くなっていた。そしてその死に、淳史の母親が深く関わっていたというのだ。そのことから、芽衣の育ての親は淳史に彼女の近づかないよう伝えていたのだった。そのことを知った芽衣は、小さい頃初めて淳史と出会ったあのケーキ屋へと向かう。そして向こうから、淳史が歩いてくるのだった。

Amazon 映画『赤い糸』の商品を見てみる