映画『悪魔の起源 ジン』あらすじネタバレ結末と感想

悪魔の起源 ジンの概要:2013年の映画で監督は「悪魔のいけにえ」「ポルターガイスト」のトビー・フーパー。アラブの高級マンションで怪現象に襲われていく夫婦を描いており、アラブと言う珍しい舞台での特殊さを放つホラー映画である。

悪魔の起源 ジン あらすじネタバレ

悪魔の起源 ジン
映画『悪魔の起源 ジン』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

悪魔の起源 ジン あらすじ【起・承】

アメリカ在住の夫婦、ハリドとサラーマは、生後4ヶ月の子供を亡くしたことで精神的にも落ち込んでいた。
なかなか立ち直れず精神科にも通院。
ハリドはサマーラに転勤がてら家族の住むUAEに戻ろうと言う提案をする。
精神科の後押しもあり、サラーマは自分の仕事の事がネックにはなるものの、立ち直る為にも帰国をする事にした。

砂漠では、漁村で2人のアラブ人と白人がとある家と「ジン」にまつわる話を始める。
それは、ジンは人との間に生まれた子供を自分では育てられず、その家の子供と入れ替えたというのだ。
その家の人間は、様子のおかしくなった自分の子供は悪魔に取り付かれてしまったのだと思い、悪魔祓いやまじないで人間の姿に戻し、どこか遠い土地へと連れて行った。
ジンの女はその事で怒り、村人達を追い出し、自身は息子を探していると噂されている。

信じられない白人だったが、トイレからもどると2人が消えており、その家の前で倒れていた。そして家に引きずり込まれるように消えてしまい、白人も謎の物に襲われてしまう。

サマーラの家族が空港まで迎えに来てくれ、ハリドの会社の用意したアルハムラのマンションに。豪華なマンションだったが、サマーラは赤ん坊の泣き声を聞き、窓に怪しい姿も。
会社に行ったハリドを見送り戻ったサマーラは、監視カメラの映像の中に自分の部屋の前に居る怪しい人影を見つけた。

悪魔の起源 ジン あらすじ【転・結】

コンシェルジュのサミーに調べてもらうも異常なし、その頃に同じフロアの女性が声を掛けてきてくれるがあまり良い感触では無かった。
サマーラの家族は、家に向かう途中、謎のエンスト状態に。そこで窓を無数の手が襲ってきた、サマーラの父は車外に出て霧の中を逃げるがトラックが近付いてくるのだった。

マンションで怪奇現象に襲われ始めたサマーラは、祈り始めた。
ハリドには電話をかけるが、着信を受けたハリドは謎の幻覚に襲われてしまう。

幻覚から覚めると「殺人は罪」とパソコンに文字が浮かんでいた。
冷蔵庫に胎内の胎児の写真が貼りつけられている事に気が付いたサマーラだが、先ほど祈っていた際に母の幻影が見え、「殺人は罪」と言われた事が不思議でしょうがない。

ハリドが帰宅すると、その写真は別の写真に変わっており、同じフロアの女性から気分転換のお誘いが。行ってみると、怪しい人々が居る中でめまいに襲われてしまい、ハリドも幻覚に襲われる。皆の姿が消えていた事に慌てたハリドは警察に通報。
サマーラは子供を殺した日の幻覚を見ていた。
警察が到着したが、マンションは建設中でドアも開かない上に、気が付いてすらもらえない。

最上階に行ったハリドは、サマーラを見つけるが、サマーラから「悪魔の子で自分が殺した」と告白する。するとジンが現れ、ハリドに幻覚を見せる。
気が付くと照らすから落ちそうになり助けを求めるサマーラの姿があった。
助けようと手を掴むが、そこにはジンもおり、サマーラを殺せとそそのかした。
ハリドは自分がジンの子供と気が付き、サマーラの手を離して本性を取り戻すのであった。

悪魔の起源 ジン 評価

  • 点数:65点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★☆☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2013年
  • 上映時間:86分
  • ジャンル:ホラー
  • 監督:トビー・フーパー
  • キャスト:カリッド・ライト、ラザーヌ・ジャマル、アイーシャ・ハート etc

悪魔の起源 ジン 批評・レビュー

映画『悪魔の起源 ジン』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

場所の独特さを見つける

霧に包まれたマンションはすごくホラーや洋館さながらの雰囲気は出ていたが、まだ舞台を生かしきれて居ないなど気になる点があった。
せっかくアラブと言う富豪のイメージが残る地域での撮影なので、ホラーと言えども、少しコメディではと罵られる位に羽目をはずした派手な演出があっても良かったかもしれない。
監督がドブー・フーパーと言う有名どころなので、監督自身のファンもいるのかもしれないが、彼ゆえの独特さもそこまで今回の映画では出し切れていない印象も受けた。
かえって他の作品と見比べてみても面白いかもしれない。
良くも悪くもホラーとしては平均点な内容の映画になってしまっている。
監督の1番出したかった雰囲気をじっくり観察しながら静かに見ていくとこの映画は楽しめるかもしれない。

内容は王道

主人公は夫婦であるが、生まれた子が悪魔として問題があるのではと言う葛藤と戦う苦しみがメインである。
実は父親が悪魔の子供でしたと言う原因がきちんと用意されてはいる。
内容自体はそこまですごくひねりがあるわけではないし、少し馴染みにくい「悪魔」と言う設定が既にあるので、起こってくる怪現象に焦点をあてて観て行くほうが満足感はあるかもしれない。
この怪現象の原因をサスペンスの様にさぐるのではなく、ホラーとしてどう雰囲気を出そうとしているか、このアラブのマンションでの生活感や景色に注目したほうが平均点な内容といわれるこのホラーは観やすいであろう。
派手さはないので、静かにのんびり不気味さを味わいたいなと思う人にはお勧めの作品である。

悪魔の起源 ジン 感想まとめ

アラブ首長国連邦と言う珍しい舞台での映画であるが、たしかにそう言われると華やかそうに見え、どこか陰気さもにじみ出る部分もあると言う不思議な世界観をかもし出している。アラブについてはは意外と知らない人も多いので、この映画で街の雰囲気を知るなど色々な影響を受ける人も多いだろう。
内容自体はある意味王道のホラーなので、湿り気や陰気さ、どこか掴みどころの無い恐怖がうまく出ていると思う。
特殊な地で作られた映画だからこそ、アラブと言う場所を生かしている部分を探りつつ観ていくと楽しめるのではと思う。

Amazon 映画『悪魔の起源 ジン』の商品を見てみる