映画『悪夢のエレベーター』のネタバレあらすじ結末

悪夢のエレベーターの概要:木下半太の小説を現代に、2009年に日本で上映された堀部亮監督の処女作。主演に斉藤工や内野聖陽、モト冬樹という著名人を揃えた本格サスペンス作品。キャッチコピーは「消化試合でない人生を送っている人間はどれだけいるだろう。」

悪夢のエレベーターの作品概要

悪夢のエレベーター

公開日:2009年
上映時間:105分
ジャンル:ミステリー、ホラー、コメディ
監督:堀部圭亮
キャスト:内野聖陽、佐津川愛美、モト冬樹、斎藤工 etc

悪夢のエレベーターの登場人物(キャスト)

安井三郎(内野聖陽)
エレベーターに乗り合わせていた一人で、実は探偵事務所の所長。日々の生活に退屈を感じており、一種の諦めの様な感情を抱いている。
愛敬カオル(佐津川愛美)
ゴスロリのスタイルに身を包んだ少女。『投身自殺をする為』エレベーターに乗り込んでいた。実は探偵社のメンバー。
牧原静夫(モト冬樹)
ジョギングスーツを着た中年。『人の心を見透かす超能力者』という裏設定がある。探偵社の一員。
小川順(斎藤工)
麻奈美という本妻がいながら浮気をしている若い男。丁度愛人の家から帰る為にエレベーターに乗っていた。

悪夢のエレベーターのネタバレあらすじ

映画『悪夢のエレベーター』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

悪夢のエレベーターのあらすじ【起】

とある夜、とあるマンションのエレベーターが急に止まった。そんなエレベーターにたまたま乗り合わせていた4人は、全く動く気配を見せないエレベーターに対し、時間を潰す為にも互いに自己紹介を始める。

一人一人順番に口を開いていくメンバーであったが、しかし、その乗客は一見しても曲者ばかり。1人目はこのマンションに暮らしており、丁度ジョギングに向かおうとエレベーターに乗っていた中年、牧原静夫(モト冬樹)。2人目は明らかにガラの悪そうなチンピラ、安井(内野聖陽)。3人目はこの中で唯一の女性、ゴスロリファッションに身を包んだ若い女、カオル(佐津川愛美)。そして彼らは自ら明かしはしなかったものの、それぞれが、人の心理を読む超能力者、刑務所から出所してきたばかりの空き巣、自殺願望があり屋上から投身自殺をする為にエレベーターに乗っていた、という裏の設定があった。そして最後、4人目の男はこの中で唯一普通に見える小川順であった。

悪夢のエレベーターのあらすじ【承】

唯一の『常識人』、小川はその奇妙な同席者たちを訝しんだ。どう考えても裏のありそうな面々に対し、信頼してよいものかと悩む小川であったが、しかしこのまま狭いエレベーターに取り残されたままでも仕様がないと、仕方なく彼らと協力して脱出する事を考え始める。

しかし実は、小川を除く同席者3人は同じ探偵事務所に所属する探偵であり、小川の妻、麻奈美からの依頼で、小川の浮気の証拠を掴むためにこうしてエレベータートラブルに見せかけて小川と接触したのであった。そしてその小川は丁度、このエレベーターに住む愛人の家から妻の元に帰る途中であった。その事を知らない小川は、「万が一の為に遺書をのこしておこう」という安井の言葉に従い、ボイスレコーダーに自らの罪を吹き込もうとする。その自白テープを麻奈美に手渡せば、彼らの任務は達成される筈であった。

しかし、ここで小川はとある事に気が付く。それぞれの理由から階下に『降りよう』としていた自分に対し、上の階へ『昇ろう』としていた安井とカオルが同じエレベーターに乗り合わせていたのだった。

悪夢のエレベーターのあらすじ【転】

本格的に疑いの目を強めた小川であったが、しかし既に時は遅かったのである。自らの浮気を自らの口でボイスレコーダーに吹き込んでしまっていた小川は、睡眠薬入りの注射器を探偵たちにより首元に突き刺されてしまう。

しかし、ここで予想外の事が生じた。睡眠薬によって眠るだけの筈であった小川が、何故か命を落としてしまったのだった。このままでは自分達が殺人者になると焦った安井たちは、カオルの咄嗟のアイデアであった、小川を投身自殺に見せかけて屋上から突き落とす事にした。

屋上の鍵を手に入れる為に管理人室に忍び込んだ安井であったが、何とそこでエレベーター内と思われる監視映像を見ている管理人と鉢合わせたのだった。犯行を見られたと思った安井は、揉みあいの末管理人を殺してしまう。更に彼らにとって不幸な事に、小川を屋上から突き落とす姿を小川の愛人に見られてしまったのだった。やけになって自殺しようとする愛人を何とか踏みとどまらせる一同であった。

悪夢のエレベーターのあらすじ【結】

ハプニングに見舞われながらも何とか依頼をこなした安井は、依頼者である麻奈美に電話で報告をする。例を述べた麻奈美は、話の流れから自分の妹について語り始める。自分の事を慕っているその妹はつい先ほどまで精神病棟に入院しており、つい2週間前に退院したばかりであるという。

そこで安井は、とある事に気付く。今日小川に指した睡眠薬入りの注射器を、一時カオルに預けていたことを、そして今回の作戦を考えたのもカオル本人であったことを。そう、麻奈美の妹とはカオルの事であった。カオルは自分の大事な姉に対して不義を働いた小川を最初から殺す為に、身分をいつわりこの探偵事務所に潜り込んだのであった。

カオルにはめられ、彼女の作戦通りに小川を殺してしまった事に気が付いた安井の後ろで、大きな爆発音が鳴り響いた。後ろを振り返った小川の前では、炎に燃え盛る、つい先ほどまで自分達がいたマンションの姿があった。そこでは、まるでカオルが自分の野望を果たし炎の中で笑っているようであった。

Amazon 映画『悪夢のエレベーター』の商品を見てみる