映画「アリスのままで」認知症との闘い、家族の苦悩と絆を描いた感動作

アリスのままでの概要:50才で若年性認知症と診断された言語学者アリスの苦悩、家族の葛藤と絆を見つめた物語。アリスがありのままの自分でいられる最後の時間をどう家族で支えていくのか?ジュリアン・ムーア主演の感動作。

アリスのままで みどころ

アリスのままで
映画『アリスのままで』の見どころを紹介します。

記憶を失くしたくない!

リサ・ジェノヴァ原作小説を基に、50才で若年性アルツハイマー病を患った言語学者と家族の絆を描いた物語です。認知症が身近な病気になり、誰もがなり得る怖さや家族が認知症になったらどうするのか。家族の葛藤がリアルに伝わってきます。

アリスはアリスのまま、いられるでしょうか?言語学者という輝かしい経歴でさえ、病気の前には無力です。これまで積み重ねてきたものを数年で失ってしまう。とても耐えられない状況ですが、アリスは家族と共に乗り越えていくのです。
記憶を失う運命と闘うアリス役を、ジュリアン・ムーアが好演しています。今、いちばん波に乗っている女優です。認知症を他人事だと思わず、観て下さい。

ジュリアン・ムーアの魅力

ジュリアン・ムーアは、この映画でアカデミー賞主演女優賞をはじめ、数々の賞を総ナメしました。主な作品は、メリル・ストリープやニコール・キッドマンと共演した「めぐりあう時間たち」(02)、「ビック・リボウスキ」(98)、「マグノリア」(99)、そして「ハンニバル」(01)など、どれも素晴らしい作品ばかりです。

おすすめは、「めぐりあう時間たち」です。「リトル・ダンサー」を撮った、スティブン・ダルドリー監督の作品で、ジュリアン・ムーアはローラ・ブラウンの役です。

「ダロウエィ夫人」をモチーフにした3つの時代・3人の女性・3人3様の悩みが1人の一日として語られます。ジュリアン・ムーアの演技が心に焼き付きます。どんな役でも自分の物にできる、実力派女優です。

認知症について知っておきたいこと

この映画では、若年性認知症を抱えながらどう生きるかがテーマです。認知症について知っておきたいことをまとめてみました。若年性認知症は、40代から50代にかけて発病します。多くは「もの忘れ」から症状がではじめ、言語障害や性格・行動の変化が顕著に表れてきます。

とても辛いことですが、家族性アルツハイマー病だと、2分の1の確率で子供に遺伝・発症する可能性があるそうです。もし、家族に1人でも家族性アルツハイマー病の人がいたら、遺伝子検査をおすすめします。

現在はまだ治療法が確立されていないのですが、やはり早期発見・治療が重要。それに加えて、医療や就労支援、経済的な支え、介護者へのサポートなども必要です。認知症の家族の6割がうつという調査結果もあり、深刻な問題です。

この映画のように家族がなんとかうまくいくケースは少ないかもしれません。それでも大丈夫かな?と家族を気遣い、見守っていくことが大切なのだとあらためて感じます。

クリステン・スチュアートに注目!

「トワイライト」シリーズのベラ・スワン役で人気の女優です。本作では、ロスで女優を目指す次女・リディアに挑戦しています。自由で活動的な印象のクリステン。あまり服装にこだわらない、自然体なところが魅力です。

次回作は、ドレイク・ドレマン監督の「equals」(原題)です。東京でクランクインしたことが話題のSF映画。また、ウッディ・アレンの次回作のオファーもあるそうで、これからの成長が楽しみです。

リチャード・グラッツアー&ウォシュ・ウエストモアランドが伝えたかったこと

リチャード・グラッアー監督は、ALS(筋委縮性側索硬化症)という難病を抱えていました。その闘病中の想いがこの映画に投影されています。映画のリアルな闘病の様子に引き込まれます。

惜しくも、今年の3月にALSの合併症で亡くなりました。享年63才です。次回作を期待していたのに本当に残念です。本作は2作目で、過去に「ハードコア・ディズ」(01)という映画がありますよ。

まとめ

50才のアリスは、言語学者。充実した日々を送っていたが、若年性アルツハイマー病と診断されてしまう。アリスはいつまでアリスのままでいられるのか?認知症との闘い、家族の苦悩と絆を描いた感動作です。

リサ・ジェノヴァの原作小説をリチャード・グラッツアー&ウォッシュ・ウェストモアランド脚本・脚色です。アカデミー賞主演女優賞に輝いたジュリアン・ムーアが運命に立ち向かい、凛々しく生きるアリスを熱演しています。

アリスの家族を演じる、次女役のクリステン・スチュアートの演技にも注目です。認知症は誰もが罹る可能性の高い病気。そのなかでも若年性アルツハイマー病は進行が早く、治療法がまだ確立されていないのです。

絶望的な状態を家族と共にどう乗り越えていくのか。この映画を観れば、例え記憶を失っても、人生と家族がとても愛おしくなります。

Amazon 映画『アリスのままで』の商品を見てみる