映画『甘い生活』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「甘い生活」のネタバレあらすじ結末

甘い生活の概要:ゴシップ記事専門の記者の人生を通して、ローマの社交界で生きるセレブたちの虚しい狂乱の日々を描き出す。「」や「8 1/2」で知られるイタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニ監督作品。フェリーニ監督の代表作とも言える芸術性の高い作品。

甘い生活の作品概要

甘い生活

公開日:1959年
上映時間:185分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:フェデリコ・フェリーニ
キャスト:マルチェロ・マストロヤンニ、アニタ・エクバーグ、アヌーク・エーメ、バーバラ・スティール etc

甘い生活の登場人物(キャスト)

マルチェロ・ルビーニ(マルチェロ・マストロヤンニ)
ローマで暮らすゴシップ記事専門の記者。小説家を目指していたが、享楽的な日々に埋没し、自分を見失っている。虚しさを感じつつも、不毛な生活から抜け出せない。
マッダレーナ(アヌーク・エーメ)
ローマ社交界のスター。父親が大金持ちで、金で買えるものなら何でも手に入る。しかし心は満たされない。
エンマ(イヴォンヌ・フルノー)
マルチェロと同棲中の恋人。常にマルチェロの浮気を心配しており、情緒不安定になっている。ひたすらマルチェロを束縛する。
シルヴィア(アニタ・エクバーグ)
アメリカのセクシー女優。ローマを訪れ、マルチェロと夜明かしで遊ぶ。ロビーという恋人らしき男がいる。売れっ子女優だが、私生活は不幸。
スタイナー(アラン・キュニー)
マルチェロの友人。安定した収入と幸せな家庭を手に入れているが、なぜか漠然とした不安を感じている。退廃的に生きる芸術家への憧れがある。

甘い生活のネタバレあらすじ

映画『甘い生活』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

甘い生活のあらすじ【起】

1950年代後半のイタリアはローマ。作家を目指していたマルチェロは、いつの間にかゴシップ記事専門の記者に成り下がっていた。今晩もセレブ御用達の高級クラブに入り込み、公爵の浮気現場をスクープする。

そのクラブにいた資産家令嬢のマッダレーナは、マルチェロを誘って店を出る。美しいマッダレーナはローマ社交界のスターで、常にパパラッチに取り囲まれていた。マッダレーナは、何ひとつ不自由のない贅沢暮らしをしていたが、ただただ遊び呆ける日々に疲れていた。

マッダレーナは街角の娼婦を車に乗せ、マルチェロとともに彼女を家まで送る。娼婦の家は汚い団地の一室で、水道管が故障して床は水浸しだった。マッダレーナは娼婦の寝室を借り、マルチェロと一夜限りの逢瀬を楽しむ。

朝帰りしたマルチェロは、恋人のエンマが毒を飲んで苦しんでいるのを発見する。すぐに病院へ運んだので大事には至らなかったが、マルチェロは警察の事情聴取を受ける。エンマは、マルチェロの愛を失うことを恐れていた。

アメリカからセクシー女優のシルヴィアがやってくる日、マルチェロも彼女の取材へ向かう。マスコミはシルヴィアを取り囲み、矢継ぎ早に質問を浴びせる。シルヴィアは笑顔でそれに答え、サービス満点のポーズをとる。自殺未遂以来、エンマの束縛はますます激しくなり、マルチェロは困っていた。エンマは常にマルチェロの浮気を疑っていた。

甘い生活のあらすじ【承】

シルヴィアの密着取材を始めたマルチェロは、彼女の無邪気な明るさに心を奪われる。夜のパーティーでシルヴィアと踊ったマルチェロは、甘い言葉で彼女を口説く。シルヴィアは楽しそうにはしゃぎ回っていたが、恋人のロビーに嫌味を言われ、怒って店を出てしまう。マルチェロは彼女を自分の車に乗せ、パパラッチの追跡を振り切る。

マルチェロは落ち着ける場所を探すが、なかなかいい場所が見つからない。シルヴィアは路地裏で子猫を見つけ、真夜中にもかかわらず、“牛乳を探してきて”とマルチェロに頼む。マルチェロは仕方なく、牛乳屋を探しにいく。

子猫を抱いたシルヴィアはあちこち歩き回り、トレヴィの泉にたどり着く。ようやく牛乳を手に入れたマルチェロは、ドレスのままで泉に入ったシルヴィアを見つける。シルヴィアに誘われ、マルチェロも泉の中へ入る。それはフワフワとした夢のような時間だった。

朝になってホテル前へ帰ったシルヴィアは、多くのパパラッチの前で、ロビーに殴られる。マルチェロもロビーに殴られ、パパラッチに写真を撮られてしまう。

街をうろついていたマルチェロは、友人のスタイナーが教会へ入るのを見て、彼の後を追う。スタイナーはマルチェロの記事を読んでおり、“才能があるのだから小説を書くべきだ”と言ってくれる。マルチェロは、落ち着いた雰囲気のスタイナーが好きだった。近々スタイナーの家に遊びに行く約束をして、2人は別れる。

甘い生活のあらすじ【転】

マルチェロは、エンマとカメラマンの3人で、子供が聖母様の姿を見たという“奇跡の木”の取材へ向かう。奇跡の木の噂を聞きつけ、無名の荒れ地には大勢の野次馬やマスコミ、そして病気の回復を願う人々が集まっていた。聖母様を見たと言い出した幼い兄妹は、ローマ教会の許可が出るまで、室内に拘留されていた。

夜、ローマからの許可が出て、兄妹が姿を現す。周辺は大騒ぎとなり、人々は2人の動向に注目する。雨が降り出す中、妹が“あそこに聖母様が見える”と言って走り出す。その後をみんなが一斉についていく。しかし、誰にも聖母様の姿など見えない。誰かが奇跡の木の枝を持ち帰ろうとしたのをきっかけに、人々は枝の奪い合いを始め、奇跡の木は倒れてしまう。エンマも枝をもぎ取り、マルチェロと結婚できるよう祈っていた。雨の中に放置されていた病人は、ひっそりと息を引き取る。

スタイナーの自宅パーティーに招待されたマルチェロは、エンマとともに彼の自宅へ向かう。そこは文化人たちの集うサロンのようだった。スタイナーには、美しい妻と可愛い2人の子供がおり、マルチェロは彼の生活を羨ましく思う。しかしスタイナーは、“夜になるとこの平和が恐ろしくなる、裏に地獄があるような気がする”と意味深なことを言う。スタイナーは、平和すぎる今の生活に漠然とした不安を感じていた。

エンマの嫉妬深さと過干渉に苛立っていたマルチェロは、海辺のレストランで執筆活動を始める。そこで出会った少女は、とても清楚で美しかった。マルチェロは彼女を見て穏やかな気持ちになり、エンマのもとへ帰る。

ローマへ帰ると、マルチェロの父親が来ていた。田舎の村から出て来た父親は、賑やかなローマの夜を楽しむ。マルチェロが幼い頃、父親は何週間も家を空け、母親はその度に嘆き悲しんでいた。マルチェロにとって父親は、どこか謎の存在だった。

翌日の早朝、父親はマルチェロが止めるのも聞かず、朝一番の汽車で村へ帰る。昨晩はしゃぎすぎた父親は、静かな村が恋しくなったようだ。

甘い生活のあらすじ【結】

街角でモデルのニコと会ったマルチェロは、彼女の恋人の公爵のお城へついていく。公爵家でのパーティーは有名で、郊外にある立派なお城には、社交界の人々が集まっていた。

そこでマッダレーナと会ったマルチェロは、彼女に誘われて奥の部屋へ行く。マッダレーナはマルチェロを残して姿を隠し、“あなたの妻になりたい”という声だけが聞こえてくる。そう言いながら、マッダレーナは別の男と抱き合っていた。

マッダレーナが見つからないので、マルチェロは他の連中と一緒に庭の屋敷へ入る。500年前に建てられたという屋敷は、荒れ放題になっていた。幽霊に取り憑かれたふりをして公爵に愛をせがむ女を見ていると、ある貴婦人がマルチェロの手を引く。そして2人は奥の部屋で情事を楽しむ。

マルチェロはエンマと別れ話をする。エンマは“別れない”と言い張るが、マルチェロは彼女を無理やり車から降ろして置き去りにする。結局、朝になってマルチェロが彼女を迎えに行き、2人の仲は復活する。

エンマとベッドにいたマルチェロに、“恐ろしい事件が起きた”と電話が入る。あのスタイナーが、2人の子供を殺して自殺したらしい。マルチェロはすぐに彼の自宅へ駆けつける。

スタイナーは夫人を友人の家に行かせた後、子供を射殺してから自分の頭を撃ち抜いていた。マルチェロは友人代表として現場を見せてもらい、刑事に同行して夫人を迎えに行く。バスから降りてきた夫人はまだ事情を知らず、パパラッチに取り囲まれて戸惑っていた。刑事は“同情の念を持て!”と、パパラッチを叱る。ただならぬ空気を察してパニック状態になった夫人を、マルチェロは抱きかかえて車に乗せてやる。

それからしばらくして。小説も記者もやめたマルチェロは、広告屋で金を稼ぎ、以前よりももっと退廃的な日々を送っていた。酔っ払っては乱痴気騒ぎを繰り返し、けだるい朝を迎える。マルチェロはいつも何かに怒りを感じ、自暴自棄になっていた。

朝方まで騒いでいたマルチェロは、砂浜で網にかかった巨大なマンタの死骸を見る。腐敗したマンタの死骸が、腐りきったマルチェロとその取り巻きの姿と重なる。そこでマルチェロは、海辺のレストランにいたあの美しい少女から声をかけられる。しかし、波音にかき消され、彼女の声は聞き取れない。仲間に呼ばれたマルチェロは、少し寂しげな表情をして去っていく。薄汚れたマルチェロとは対照的に、少女の無垢な微笑みは神々しく輝いていた。

Amazon 映画『甘い生活』の商品を見てみる