映画『あん』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『あん』のネタバレあらすじ結末

あんの概要:満開の桜の下「店長さん」は「トクエさん」と出会った。街のどら焼き屋で2人で最高の「あん」を作る。「桜がきれいだった。楽しかった。」人生はときどき残酷でときどき楽しい。人を大切にしたくなるあったかいお話。

あんの作品概要

あん

公開日:2015年
上映時間:113分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:河瀬直美
キャスト:樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子 etc

あんの登場人物(キャスト)

店長さん(永瀬正敏)
どら焼き屋の店長さん。昔暴力事件を起こし、世話になった先代のお店を継ぐ。人と距離をとりながら生活するが、トクエさんと出会い次第に心を開いてゆく。
トクエさん(樹木希林)
どら焼き屋のアルバイト。若い頃ライ病を発症し、療養所に隔離されてしまう。あん作りの名人で彼女が作ったどら焼きは評判になる。
女子中学生(内田伽羅)
シングルマザーの家庭で育つ。高校進学をためらう多感な女子中学生。黄色いカナリアを飼っているが、大家さんにばれて家出する。
施設の友人(市原悦子)
トクエさんの親友。トクエサンの死後、カセットテープとあん作りの道具を店長さんに託す。

あんのネタバレあらすじ

映画『あん』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

あんのあらすじ【起】

満開の桜の下、 ワケありの男(永瀬正敏)が、どら焼き屋をやっていた。
そこに、大きなサングラスをかけたおばあさん(樹木希林)が訪ねてくる。アルバイト募集の張り紙を見たらしい。
「あたしだめかしら。時給は300円でいいの」
男は、迷惑そうにおばあさんを追い払う。「またくるわね」と言い残しておばあさんは去った。そのお店には、できそこないのどらやきの皮をもらって帰る女子中学生(内田伽羅)がひとり。この子もワケありそうだ。

またおばあさんが訪ねてきた。彼女はトクエさんという。
「50年あんを作ってきたの。あんは気持ちよ。これちょっと食べてみて」
ビニール袋を押し付けて逃げるように去る。中には彼女が作ったつぶあんが入っていた。男は夜の居酒屋で女子中学生とまた会う。酔っぱらいながら興奮気味に話した。
「味も香りもぜんぜんと違う。びっくりするほどおいしいんだよ!」

桜の花が散って、ひさしぶりにトクエさんが訪ねてきた。
「もしよろしければ、手伝ってくれませんか?」
彼女はなぜか、涙を流した。
「どら焼きはあんが命でしょ?お天道様が顔を出す前に仕込みをはじめます。」
そんなこんなで2人のあん作りはスタートした。

あんのあらすじ【承】

「豆の渋みが残るから。」
「ゆっくりね」
「湯気の香りが変わってきた」
「おもてなしだから」
「せっかく来てくれたんだから、畑から」
「いきなり煮たら失礼でしょ」
全く違う2人が力を合わせてあんを作る。なかなか息が合っている。独特な調理法で作ったどら焼きは、無事完成した。2人でどら焼きを食べる。トクエさんは、男のことを「店長さん」と呼んだ。
「ぼく、どらやきあんまり好きじゃないんです。甘党じゃないんですよ」
驚くトクエさん。
「じゃあなんで店長さんは、どら焼き屋をやっているの?」
意味深に微笑む店長さん。2人で作ったどら焼きは近所でも評判になっていった。

女子中学生は黄色いカナリアを飼っていた。シングルマザーの母親のもとで暮らす彼女。恋人と電話をする母親に反発を覚えていた。

ある日開店すると驚くことに、行列ができていた。トクエさんのあんが評判になり、近所の人が詰めかけたのだ。2人の顔に笑顔が浮かんだ。

あんのあらすじ【転】

ある日、オーナーの奥さんが突然訪ねてきた。トクエさんのことで話があるという。
「知り合いが言うには「ライ」じゃないかって。」
トクエさんの住所はライ病患者を隔離している療養所だった。ライ病とは、別名ハンセン病ともいい、一生隔離される病。近所の評判を気にして、トクエさんを辞めさせろと詰め寄る。
「少し、時間をください」
男はうつむきながら、そう言った。

いつものようにあんを作るトクエさん。そんな彼女を男は優しい目で見つめた。
「トクエさん、接客もしてください。自由にやっちゃってください」
彼の決心は固かった。
「指どうされたんですか?」
なにげなく、女子中学生が質問してしまう。男の表情が強ばる。
「これねー、若い頃病気して、指が曲がったままになっちゃったの。」
その場ではなんとかなったものの、彼女は図書館でライ病について知ってしまう。

どら焼き屋は、お客さんがぱったり来なくなってしまった。途方に暮れる2人。彼女の噂が近所に広まったからだ。店を去るトクエさんを何も言わず見送った。

ひとりでお店に立っているとトクエさんから手紙が届いた。
「あんをたいているときの私は、いつも小豆の言葉に耳をかたむけていました。ひいらぎが店長さんに声をかけろと言うんです。迷惑かけてごめんなさい。」

あんのあらすじ【結】

家出した女子中学生が、カナリアをかかえて訪ねてきた。彼女は、昔、トクエさんにカナリアを譲る約束をしていたのだ。
「店長さん、トクエさんに会いに行きませんか?」
2人はバスに乗った。

そこは静かで木が生い茂っていた。鳥の声がする。歩いて行くとそこには楽しそうに談笑する患者の姿があった。
「綺麗な黄色ね」
久しぶりに会ったトクエさんは少し元気がなさそうだ。彼女は施設に来たときのことを語り始めた。遠くを見ながら、楽しそうに、悲しそうに。
「店長さん。楽しかったです。」
涙を流す店長さん。
「桜がきれいだった、楽しかった。」

店長さんはトクエさんに、手紙の返事を書いた。
「僕は、トクエさんとは違う理由で、社会に出られなかった時期があります。酒場で喧嘩をして、相手に重い障害を負わせてしまったのです。」
でもトクエさんは、二度と帰っては来なかった。3日前に、トクエさんは亡くなっていた。

トクエさんは施設の友人(市原悦子)にカセットテープとあん作りの道具をたくしていた。カセットテープがトクエさんの代わりにしゃべる。
「カナリアを早くに放してしまいました。ここから出してと言うんです。ごめんなさい。店長さんは私と同じ目をしていました。私に子供がいたらきっと店長さんぐらいだったでしょうね。」
トクエさんが眠る墓には、ソメイヨシノが植えられていた。春になったら満開の桜が咲くだろう。

Amazon 映画『あん』の商品を見てみる