映画『N.Y.式ハッピー・セラピー』あらすじとネタバレ感想

N.Y.式ハッピー・セラピーの概要:「N.Y.式ハッピー・セラピー」(原題:Anger Management)は、2003年のアメリカ映画。監督は「裸の銃を持つ男 33 1/3 最後の侮辱」、「ナッティ・プロフェッサー2 クランプ家の面々」のピーター・シーガル。主演は「カッコーの巣の上で」、「愛と追憶の日々」、「恋愛小説家」などで三度のアカデミー賞に輝く名優ジャック・ニコルソン。共演には「ウォーターボーイ」、「アニマルマン」などのアダム・サンドラー。他にはマリサ・トメイ、ジョン・タトゥーロ、ヘザー・グラハムなど。テニスプレイヤーのジョン・マッケンロー。ニューヨークヤンキースのディレック・ジーター、ロジャー・クレメンス、元ニューヨーク市長のルドルフ・ジュリアーニなど、多彩な顔ぶれがカメオ出演している。

N.Y.式ハッピー・セラピー あらすじ

N.Y.式ハッピー・セラピー
映画『N.Y.式ハッピー・セラピー』のあらすじを紹介します。

1978年のニューヨークはブルックリン地区。気が弱い少年のデイヴは、好きな女の子とキスの寸前まで行きながら、悪友にパンツごとズボンをズリ落とされ哀れな姿で立ちすくんでいた。それから25年が過ぎ大人になったデイヴ(アダム・サンドラー)は、恋人のリンダ(マリサ・トメイ)との関係を進展できない優柔不断な性格のままだった。ある日、飛行機内での怪しげな老人のバディ(ジャック・ニコルソン)の隣に座ったデイヴは、理不尽な誤解から生じたトラブルで逮捕されてしまう。やがて行われた裁判の判決により、デイヴは20時間限定の怒りを抑制するセラピーを受けることになる。彼の前に現われたセラピストは、機内でデイヴの隣に座っていたバディだった。彼のセラピールームにはレスビアンのカップルや、風変わりな社会不適合者ばかりがグループカウンセリングを受けていたが、デイヴは刑務所上がりの暴力的なチャック(ジョン・タトゥーロ)とパートナーを組まされる。そしてバディは内向的なデイヴを危険人物と見なし、セラピーに2倍の時間を掛けるように命じた。深夜のカフェにデイヴを呼び出したチャックは、全く関係のない客にインネンをつけて大暴れし、それを止めようとしたデイヴは、誤って盲目の客の鼻を折ってしまう。再び裁判にかけられたデイヴは1年間の更生生活を言い渡され、再びバディの過激なセラピーを受けることになる。24時間体制でバディとの暮らしを余儀なくされたデイヴは、コレクションのCDも剥奪され、極度の禁欲生活を言い渡される。セラピーとは言いながらその生活はバディの身の回りの世話に始まり、会社にまでつきまとわれる始末だった。挙げ句の果てにゲイと勘違いされ、オカマのギャラクシア(ウディ・ハレルソン)の相手をさせられたりと散々な目に遭う。そんな中で恋人のリンダは、大学時代の恋人アンドリュー(アレン・カヴァート)と親密になり、デイヴとの関係が次第に崩れて行く。しかしデイヴは苦行の末に自らの解放を叶えた。そしてリンダを追いかけて野球場に向かったデイヴは、数万人の観客が見守る中でグラウンドに立ち、マイク片手に愛を告白した。二人はそこでようやく固い絆で結ばれる。そしてデイヴが受けた困難の全ては、リンダがバディに依頼したセラピーの一環として仕組まれたものであることが判明する。最後にバディのセラピーメンバーが一堂に会したハッピーエンドで物語は幕を閉じた。

N.Y.式ハッピー・セラピー 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2003年
  • 上映時間:105分
  • ジャンル:コメディ
  • 監督:ピーター・シーガル
  • キャスト:アダム・サンドラー、ジャック・ニコルソン、マリサ・トメイ、ジョン・タートゥーロ etc

N.Y.式ハッピー・セラピー ネタバレ批評

映画『N.Y.式ハッピー・セラピー』について、感想批評です。※ネタバレあり

ジャック・ニコルソンのサイコ振りが壮絶なコメディ

気の弱い恋人の行く末を案じた女性が、大がかりな仕掛けでセラピーを仕組むというストーリーである。そのセラピストが何ともクレイジーなドクターであり、そのドクターを演じる役者が、ジャック・ニコルソンという設定がものの見事に嵌ったコメディである。ここでのニコルソンの演技は「シャイニング」を彷彿とさせるようなクレイジーさで迫り、面白さの中に潜むサイコ具合が何とも不気味である。主役はアダム・サンドラーなのかも知れないが、ニコルソンの圧倒的な存在感には比べる余地もなく何とも貧相に見えてしまうのだが、その貧相さが売りの主人公なので帳尻はあっているのである。少々大袈裟にもにも映る大団円のハッピーエンドだが、最後までその不気味さを反映するに相応しい気持ちの悪い終わり方が、微妙な妖しさを醸し出しているように思えるのは自分だけだろうか。

シュールでクレイジーな演出が尾を引いてしまう

冒頭の飛行機内での演出からしてサイコ的な展開が薄気味悪い。CAも理解に苦しむような理由でデイヴにインネンを付けるし、まさかと思うような裁判の判決に、まさかと思うようなサイコ医師の出現。セラピールームにいる人間も尋常ではなく、出演する脇役の殆どが変なズレ方を演じており、最後までそのズレ方にムズムズするような演出が正直気持ち悪い。ある意味で笑えないところが多いコメディなのだが、そのムズムズ感を楽しむというつもりで観ると、独特な空気感に捕らわれて病みつきになること間違いなしの、シュールさに溢れた作品である。

N.Y.式ハッピー・セラピー 感想まとめ

冒頭シーンからジャック・ニコルソンという役者の底力を見せつけられる。彼の出演作品を観れば演技自体に大きな特徴は見られないのだが、嵌り役という点に於いて、ここまで役に嵌れるという役者は他にいないだろう。アクの強いジャック・ニコルソンと存在を消してしまいながら、その役のキャラクターに成り切るところは唯一無二の俳優でないかと思ってしまう。ひとつひとつの作品をよく観察するうちにその凄さが理解出来てくるのだが、裏付けとしてその受賞歴や受賞ノミネートの多さが物語っている。個性派という括りでは表現できない、ミステリアスでオールマイティな役者の代表格だろう。批判的な表現ではなく賞賛の意味を込めて、人の持つ気持ち悪さというものを演じれば、間違いなく右に出る者はいない。

Amazon 映画『N.Y.式ハッピー・セラピー』の商品を見てみる