映画『アナザー プラネット』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『アナザー プラネット』のネタバレあらすじ結末

アナザー プラネットの概要:ある日突然空に現れた、もう1つの地球。主人公は運転中にこの光景に気を取られ、妊婦と子どもを死なせてしまう。「贖罪」をテーマにした異色のSF作品。日本では劇場未公開ながらも、サンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞。

アナザー プラネットの作品概要

アナザー プラネット

公開日:2011年
上映時間:93分
ジャンル:SF、ヒューマンドラマ
監督:マイク・ケイヒル
キャスト:ブリット・マーリング、ウィリアム・メイポーザー、ロビン・ロード・テイラー、マシュー=リー・アルルバフ etc

アナザー プラネットの登場人物(キャスト)

ローダ(ブリット・マーリング)
宇宙に興味を持っている秀才少女。しかし飲酒&わき見運転で事故を起こし、妊婦と幼い子供を死なせてしまう。贖罪のため、被害者の夫の家を訪れるようになるが……。
ジョン・バローズ(ウィリアム・メイポーザー)
ローダに車をぶつけられ、妊娠中の妻と幼い息子を亡くした大学教授。いまだに愛する家族を失った悲しみから立ち直れず、無気力な生活を送っている。

アナザー プラネットのネタバレあらすじ

映画『アナザー プラネット』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

アナザー プラネットのあらすじ【起】

17歳のローダは、宇宙を夢見る秀才の少女。飛び級でMITに合格した彼女は、つい気が大きくなり、飲酒運転をしてしまう。運転中、ラジオから「地球とそっくりの惑星が上空に現れた」と言うニュースを耳にし、ローダは空を見上げる。するとそこには、地球と瓜二つの星がはっきりと見えていたのだ。そちらに気を取られたローダは、幸せそうな一家の乗る車に衝突してしまう。その結果、父親は昏睡状態、妊娠中の母親、おなかの中の赤ん坊、小さな息子の3人を死なせてしまった。

ローダは刑務所に入り、4年後出所する。地球そっくりの惑星は「第2の地球」と呼ばれ、いまだに上空に存在していた。第2の地球はその地形や街までこちら側の地球と全く同じだった。民間団体から、第2の地球への旅が企画され、そのクルーを一般公募でも募集することとなる。

ローダは自分を罰するため、自分の才能も将来も棒に振り、清掃業者での仕事を始める。ローダは毎日黙々と掃除の仕事をこなしていた。

アナザー プラネットのあらすじ【承】

ローダは事故現場におもちゃを供える男性を目にする。調べるうち、被害者一家のうち、父親のジョン・バローズだけが一命を取りとめ、今も生きていることがわかった。ローダは自殺を図るも失敗。人生をリセットするため、第2の地球へ旅するクルーの一般公募に作文を応募する。

ローダは謝罪のためジョンの住まいを訪ねる。しかし自分が奥さんと子供を殺したのだと打ち明けられず、清掃派遣サービスだと嘘をついてしまう。ジョンは家族を失った悲しみからいまだ立ち直れず、家は荒れ放題だった。ローダはジョンに雇われ、家を掃除しに来ることになってしまう。

研究者達が第2の地球と通信を行う。向こうの通信相手がこちらの研究者と同一人物だったことから、第2の地球にも第1の地球(自分達)と全く同じ人物が存在することが判明する。

ローダは定期的にジョンの家を掃除し、ジョンから受け取った報酬の小切手はこっそり処分していた。ジョンの家を訪れるうちに、次第に2人は心を通わせていく。失意の底にいたジョンにも、次第に明るい表情が見られるようになっていた。

アナザー プラネットのあらすじ【転】

ある日、ローダとジョンは肉体関係を持ってしまう。罪悪感にさいなまれるローダだったが、2人は互いを愛するようになっていた。

ローダの元に、第2の地球への旅に選ばれたとの連絡が入る。主催者が、ローダの作文に強く心を打たれたのだ。喜びジョンに報告するローダだったが、ジョンはローダと二度とあえなくなるかも知れないと、引き留めようとする。ローダはついに自分の正体を明かす。心惹かれ、一夜を共にしたローダが、自分の家族を奪った張本人だと知り、ジョンはひどく傷ついた。ジョンはローダを罵倒し、家から追い出してしまう。

傷心のローダのもとに、第2の地球行きの航空券が届いていた。ローダはニュースで、第2の地球について専門家が話すのを耳にする。専門家いわく、「第2の地球に住む人々は自分たちと同じ記憶を持っているが、地球が2つに分かれた時点から、何らかの差異が生じているはず」だというのだ。こちらと向こうとでは見る方向ひとつ違うだけで、歴史が変わってしまう可能性があるのだと

アナザー プラネットのあらすじ【結】

ローダはある希望を抱き、ジョンの家に急ぐ。ジョンは扉を開けるのを拒んだが、ローダは窓から侵入する。ローダの首を絞めようとするジョン。しかし抵抗する気のないローダを見て、ジョンは手を緩める。ローダはニュースで先ほど聞いたことを話し、自分の考えを口にする。事故が起きた時、すでに地球は2つに分かれていた。だから、第2の地球ではもしかしたら、事故が起きずジョンの家族が死んでいない可能性もあるのではないか。そうローダは考えていたのだ。ジョンに許してもらうことはかなわなかったが、ローダは航空券をジョンの家に残して去る。

4ヶ月後。ローダは清掃の仕事を続けていた。テレビには、宇宙旅行のための訓練を終えたジョンの姿が映っている。ローダはそれを見て微笑む。ジョンはローダから受け取った航空券で、第2の地球へと旅立っていった。

ローダは自宅へと帰る。しかし自宅の前で、ローダは驚愕の表情で足を止める。家の前にいたのは、第2の地球からやってきたローダ自身だったのだ。

Amazon 映画『アナザー プラネット』の商品を見てみる