映画『暗殺教室』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『暗殺教室』のネタバレあらすじ結末

暗殺教室の概要:「魔人探偵脳噛ネウロ」を世に送り出した松井優征が新たに放つ期待の新作。今回のテーマはなんと「暗殺」!?暗殺という殺伐としたテーマの裏に隠された感動のメッセージから目が離せない。

暗殺教室の作品概要

暗殺教室

公開日:2015年
上映時間:109分
ジャンル:コメディ、アクション、ヒューマンドラマ
監督:羽住英一郎
キャスト:山田涼介、椎名桔平、菅田将暉、山本舞香 etc

暗殺教室の登場人物(キャスト)

潮田渚(山田涼介)
E組の生徒。普段は女子と見間違うような大人しい性格だが、実は誰よりも暗殺の素質に恵まれた少年。
烏間惟臣(椎名桔平)
殺せんせー暗殺のサポートの為政府から送られてきた役人。何でも卒なくこなす完璧人間。
赤羽業(菅田将暉)
E組の生徒。本来であれば学年トップレベルの頭脳を持つが、かつての教師に陥れられE組へと転落した。
自律思考固定砲台(橋本環奈)
殺せんせーを殺害するために送られてきた。固定砲台でありながら思考回路を持つ。
イトナ(加藤清史郎)
殺せんせーと同じ触手を持つ謎の人物。自らを殺せんせーの兄弟と名乗る。
殺せんせー(二宮和也)
ある日突然月を破壊した化け物。なぜかE組の教師を務める事を希望する。
イリーナ・イェラビッチ(知英)
プロの暗殺者。殺せんせーを殺す為にやってきたが、E組の英語教師を務めることとなる。

暗殺教室のネタバレあらすじ

映画『暗殺教室』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

暗殺教室のあらすじ【起】

ある日、この世界から月が消滅した。月を壊した犯人はまるでタコのような姿をした化け物で、人間とはまるで違う、まさしく怪物といった能力を備えていた。そしてその化け物は、何と月の次は地球を破壊するという。彼が今すぐに地球を破壊しない条件として提示したのは、椚ヶ丘中学校E組の教師を自分が勤める事だった。彼は1年間E組の教師を務め、その1年後に地球を破壊するというのだった。

最もその化け物の近くにいることになるE組の生徒達に、政府は化け物暗殺の極秘任務を言い渡す。その化け物を殺せば、彼らに100億円の報酬を支払うというのだ。生徒達は突如言い渡された任務に戸惑いを隠せずにいた。しかし生徒達に拒否権はないまま、教師を暗殺するための「暗殺教室」が幕を開いたのだった。

しかし、E組の面々は自分に自信のない生徒ばかり。彼らは通称エンドのE組と言われ、進学校である椚ヶ丘中学校で授業についていけなくなった、または何らかの問題を起こした生徒ばかりが集まっていたのだ。

暗殺教室のあらすじ【承】

しかし、そんな生徒達に対してその化け物は1人の先生として真摯に向き合っていく。一人一人の生徒の悩みを把握し、そしてさり気なく彼らが自信を持てるようにサポートしていくのだ。生徒達は次第にそんな化け物に心を開くようになり、いつしかその化け物は親しみを込め、「殺せんせー」と呼ばれるようになったのだ。

しかし、暗殺業務の方も忘れてはいけない。彼らが殺せんせーを殺さなければ、1年後に地球は破壊されるのである。生徒達は隙あるごとに殺せんせーの命を狙うが、正真正銘化け物級の力を持つ殺せんせーには当然だが全く歯が立たない。

元々戦闘能力も高い烏間惟臣というエリートが政府から送られてきていたが、その他にも次々と殺し屋がE組へと送られてくる。色仕掛けでターゲットを翻弄する殺し屋、イリーナ・イェラビッチや固定砲台でありながら自信で思考するプログラムを与えられたリツちゃんなど。プロの戦闘家、殺し屋のサポートを受けながら生徒達は自らの暗殺技術に磨きをかけていく。

暗殺教室のあらすじ【転】

そして、当初はバラバラであったE組は、この暗殺の日々の中で仲間と協力する事の大切さを学ぶ。生徒のそれぞれが特技を持っており、その特技を各自が活かせば殺せんせーを追い詰めることができるのではないかと考えたのだ。

そしてE組が一丸となり、練りこまれた作戦のもと殺せんせーに暗殺を仕掛ける。いつもは冷や汗一つかかずに攻撃を避ける殺せんせーであるが、今回の彼らの攻撃には流石に押されることとなった。殺せんせーは、完全防御形態という奥の手を使い何とか生徒達の攻撃を防ぎきったのだ。

しかし、100億もの懸賞金を賭けられた殺せんせーを狙う人物は生徒達だけではなかった。突如E組に、イトナという人物が現れたのだ。彼は殺せんせーと同じ触手を持っており、何と自分は殺せんせーの兄弟であると名乗ったのだ。完全防御形態に入っている殺せんせーは、全く身動きが取れない状態。そんな殺せんせーを狙い、イトナが攻撃を仕掛けてくる。そんなイトナと殺せんせーの間に立ちはだかったのは、潮田渚と赤羽業だった。

暗殺教室のあらすじ【結】

殺せんせーと同様の力を持つイトナに苦戦を強いられる2人だったが、クラスの中でもずば抜けて暗殺の素質に恵まれている2人は何とかイトナと渡り合う。そして、これまでの暗殺の日々を活かし、見事イトナを下すのだった。

しかし、弱っている殺せんせーはそのまま政府へと連行されてしまう。この隙に、殺せんせーを殺してしまおうと考えたのだ。無敵と思われる殺せんせーにも唯一とも言える弱点があった。それはBB弾。BB弾を食らうと殺せんせーの身体は溶けてしまうのである。そして、BB弾が入った銃口を向けられ、殺せんせーはE組の事を想う。一方の生徒達も、殺せんせーの事を思いながら涙を流していた。今迄自分達にこれ程までに向き合ってくれた教師は、殺せんせー以外にいなかったのだ。

そしてBB弾の銃撃を受け、殺せんせーは消滅した、かのように見えた。しかし何と、殺せんせーが悲しむE組の後ろに立っていたのだ。そして暗殺教室の2学期が幕を開く。クラスメートに新たにイトナを加え、そして教壇にはもちろん殺せんせーが立っていたのだった。

暗殺教室の解説・レビュー

わかってて見ること

こういった映画では当たり前かもしれないが「設定がめちゃくちゃ」「荒唐無稽な少年漫画」「細部が杜撰」といったある種トンデモ映画の常識はわかったうえで観ることをおすすめする。というか、この映画を楽しむにはそれが不可欠だ。科学的論拠なんてもちろんなく、キャラクター設定もひどくざっくりしている。セリフもクサイし、とにかく完全なるファンタジーの世界が描かれている前提で見るべき作品である。

案外いいことを言っている殺せんせー

では、子供向けの幼稚な作品、として片づけていいかというと、そんなことはないと思う。もちろん先述のポイントが許容できない人はいるはずだ。そんな人は見なくていい。くらいには出来が荒い。ただ、もしそこが許せるのなら、そういった世界も楽しめるなら、ぜひ注目してほしいのがやはり殺せんせーの言動である。確かに「自分を殺しなさい」という意味の分からない要求をずっとしているが、生徒に向き合う姿はある種「理想の教師」である。無意味に怒ることは絶対にしない。きちんと向き合い、ダメなところは言葉で伝え、同時に必ず褒める。特に菅田将暉演じる生徒がナイフを持って「俺を助けるか自分が死ぬか」と迫るシーン。そんな彼に殺せんせーは、「見捨てることは絶対にしないから、殺しにきなさい」と声をかける。理屈抜きで「担任だから絶対に見捨てない」という半ば親に似た価値観で、殺せんせーは生徒たちに触れ合う。だからこそ「殺す」だとか「暗殺」だとか不穏な言葉が飛び交うなかで、何故か温かいムードがずっとなくならない。生徒たちがどんどん殺せんせーを好きにならざるを得ない理由である。そこを注目するだけでも、十分に観る価値のある作品だと感じた。

暗殺教室の感想まとめ

少年漫画が原作なので、非常に作りが荒い部分や、荒唐無稽というには雑な箇所がある。設定はとにかくむちゃくちゃだしキャラクターも実写化するには無理があったのではと思ってしまう時も。ただ、それらを理解したうえで許容できるなら、意外とメッセージ性の強い作品になっている。殺せんせーがキャラクターとして子供や若者に人気なのは、その見た目のユニークさだけでなくある種「先生がこうあってくれたらいいのに」という子供の願望を写す存在だからかもしれない。

Amazon 映画『暗殺教室』の商品を見てみる