映画『嵐が丘(1939)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「嵐が丘(1939)」のネタバレあらすじ結末

嵐が丘(1939)の概要:名優ローレンス・オリヴィエのハリウッド初挑戦作品。監督は「ローマの休日」のウィリアム・ワイラー。英文学三大悲劇小説とも言われる「嵐が丘」を原作に、時を超えた男女の愛憎を叙情的に映像化。

嵐が丘の作品概要

嵐が丘

公開日:1939年
上映時間:105分
ジャンル:ラブストーリー
監督:ウィリアム・ワイラー
キャスト:ローレンス・オリヴィエ、マール・オベロン、デヴィッド・ニーヴン、ジェラルディン・フィッツジェラルド etc

嵐が丘の登場人物(キャスト)

ロックウッド(マイルズ・マンダー)
ヒースクリフから家を借りることになった男。礼儀正しいが好奇心旺盛で、エレンから嵐が丘の昔話を聞き出す。
キャシー・アーンショウ(マール・オベロン)
嵐が丘で生まれ育った娘。活発で美しく、気性は激しい。大人になりリントン家に嫁いでからは、持ち前の優しさや穏やかな部分も引き出され良き妻になる。
ヒースクリフ(ローレンス・オリヴィエ)
リバプールの港でキャシーの父に拾われた孤児。ジプシー風の容貌に、虐げられ育った恨み心が相まって「悪魔的」と評される人物。しかし、自分を助けてくれる人への恩は忘れず、特にキャシーに対しては強く執着し愛している。
エドガー・リントン(デヴィッド・ニーヴン)
領主の息子。上品で優しく、理性的。快活なキャシーを愛するが、彼女から見ると青白くやわな印象も。
イザベラ・リントン(ジェラルディン・フィッツジェラルド)
エドガーの妹。愛らしく、優しい令嬢。紳士になったヒースクリフに恋をしてからは、周りが見えなくなり嫉妬と焦りで人が変わったようになる。
エレン(フローラ・ロブソン)
嵐が丘の使用人。キャシーの結婚を機にリントン家に移るが、女主人の死後は再び嵐が丘に戻る。キャシーを愛し、見守ってきた。
ヒンドリー(ヒューゴ・ウィリアムズ)
キャシーの兄で、父の死後に嵐が丘を相続するが、ヒースクリフにその地位を奪われる。臆病で暴力的。早くから酒におぼれ、借金と中毒症状に苦しんでいる。

嵐が丘のネタバレあらすじ

映画『嵐が丘(1939)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

嵐が丘のあらすじ【起】

イギリスはヨークシャーの荒野に、ポツンと建つ館がある。この「嵐が丘」と呼ばれる館に、猛烈な吹雪の中、一人の男が転がり込んだ。彼は新しい借家人で、家主で嵐が丘の当主であるヒースクリフに挨拶にやって来たのだ。荒れた館内で当主夫妻と使用人らが暖炉を囲み、あまりに陰鬱な雰囲気で気圧されるロックウッド。しかし、ひどい嵐の為、今晩はここに泊めてもらうしか無さそうだ。

通されたのは、何年も使われていない部屋だった。埃を払って何とか床に就くが、壊れた雨戸がバタつき起こされてしまう。窓辺に行くと、割れた窓から女の声がする。「ヒースクリフ、中に入れて、キャシーよ」。雨戸を閉めるため伸ばした手に、氷のように冷たい手が触れた気がした。驚いて、助けを求め叫ぶロックウッド。すぐにヒースクリフが駆け付けた。

ロックウッドは我に返り、気のせいだろうと誤魔化す。しかし、冷淡で幽霊話など到底信じそうもないこの当主が、必死で窓辺にすがりつくではないか。ロックウッドを部屋から追い出し、夜の猛吹雪に向かって「キャシー」を呼ぶ。それでは埒が明かず、とうとう外に飛び出してしまうヒースクリフ。

あっけにとられているロックウッドに、使用人のエレンが声をかける。あの声は聞き間違いなどではない、亡くなったキャシー様の声だ。今晩あなたは、死者を呼び戻すほどの強い愛の力に出会ったのだ、と。興味をひかれたロックウッドに、エレンが昔話を始めた。

嵐が丘のあらすじ【承】

40年前の嵐が丘は、笑い声の溢れる明るい屋敷だった。若かりし頃のエレンが仕えたキャシーの父は、陽気で面倒見のいい人物だった。ある日、リバプールから帰宅した父親は、港で拾った孤児を連れ帰った。エキゾチックな顔立ちの子供で、ひどく汚れている。嵐が丘の子供、キャシーと兄のヒンドリーは、このヒースクリフと名付けられた汚い孤児に驚いた。しかし、ヒースクリフは兄妹と同等の立場で扱われ、キャシーもすぐに打ち解けていく。

ヒンドリーだけは、自分の地位を脅かすヒースクリフを憎み恐れていた。彼はヒースクリフの持ち物を取り上げ、暴力をふるった。ヒースクリフも尊大なヒンドリーを激しく憎み、「復讐してやる」と口にする。そんな彼をキャシーは励まし、岩山を城に見立て、本当は中国皇帝とインドの女王の息子に違いないと言ってやる。ヒースクリフはキャシーを姫と呼び、幼い二人は甘く楽しい日々を過ごしていた。

しかし、ヒースクリフの運命は一転した。優しい保護者であるキャシーの父が、病で亡くなったのだ。次の当主は、もちろんヒンドリーだ。ヒースクリフの地位は奪われ、馬丁としてどうにか家に置いてもらう有様だった。それでも、何年経っても兄の目を盗んでヒースクリフと愛を語り合うキャシー。ここから逃げて、王子様のように金持ちになって私を助けに来てほしい。だけど、一緒に逃げて貧しい暮らしをするのは嫌。わがままなキャシーだが、ヒースクリフは下男でいいから側にいたいと言って苦境を耐える。

素朴な生活をしていた二人は、ある日、上流階級の暮らしに触れてしまった。地元の名家リントン家の舞踏会を覗いていた時、犬に襲われて見つかってしまったのだ。屋敷で手厚い治療を受けるキャシーと、追い出されるヒースクリフ。豪華な屋敷にすっかり魅了されたキャシーは彼をかばってやらず、「このまま遠くへ逃げて」と言うだけだ。ヒースクリフはここでもまた、リントン家の若者エドガーと一家を呪い、屋敷を去るのだった。

数週間、エドガーや彼の妹イザベラと夢のような生活をしたキャシー。美しいドレスを借り、意気揚々と嵐が丘に帰る。すると、ヒースクリフは逃げずにキャシーを待っていた。一度はアメリカ行きの船に乗ったのだが、彼女から離れられず戻ったのだ。キャシーは彼が残ったことに怒るが、エドガーがヒースクリフを下男扱いすると今度はエドガーを責めたてる。元の質素なドレスに着替えてヒースクリフの元へ走るキャシー。しかし、彼女はリントン家での上質な暮らしへの憧れを、心から捨てきれずにいた。

エドガーもまたキャシーを諦められず、高価な贈り物を続ける。浮かれるキャシーに、ヒースクリフは彼女の虚栄心を指摘してしまった。自己嫌悪に苦しんだヒースクリフは、謝ろうと彼女を探す。すると、キャシーとエレンの会話を立ち聞きしてしまう。エドガーの求婚を受け入れようと思う。ヒースクリフは日に日に悪化するから、もう一緒にいられない。それを聞いたヒースクリフは、ひどい雨の中、嵐が丘を去っていった。

一方、ヒースクリフに話を聞かれたなどつゆ知らず、キャシーはエレンを相手に話し続ける。そういえば、天国で暮らす夢を見た。嵐が丘に帰りたくて仕方なかった。やはり、自分とエドガーは合わないだろう。ヒースクリフとは、幼い頃から悲しみも喜びも共にしてきた。私は、ヒースクリフそのものだ。

キャシーが自分の気持ちに気が付いた時、ヒースクリフはすでに姿を消していた。思い出の岩場まで探しに行くが、暴風雨に倒れるキャシー。再びリントン家に助けられたキャシーは、そのままエドガーの元に嫁ぐ。挙式が終わり、ふと言いようのない不安に襲われる。キャシーは思わず、エドガーにすがりついて助けを求めるのだった。

嵐が丘のあらすじ【転】

キャシーやエレンの不安をよそに、リントン家での生活は幸せに満ちていた。領主夫人として立派に務めるキャシー。そこへ、再びヒースクリフが現れる。アメリカで財を成したらしく、馬丁だったとは信じられない紳士ぶりだ。今や酒で借金まみれのヒンドリーを出し抜き、嵐が丘と土地の権利を買い占めたという。キャシーとヒースクリフは隣人として付き合う事を約束し、ヒースクリフは彼女の結婚を祝う。

すっかり男らしい紳士になったヒースクリフに、イザベラが惚れ込んだ。独身でリントン家でも孤独を感じ始めていた彼女は、兄夫婦が止めるのも聞かずにヒースクリフにのめり込んでしまう。ヒースクリフもまた、彼女の気持ちを利用していた。イザベラと幸せな家庭を築くことこそが、自分を捨てたキャシーへの復讐だと考えているのだ。

必死にイザベラを止めるキャシー。しかし、いまだにヒースクリフの視線を独占するキャシーはイザベラにとって脅威でしかなかった。自分に嫉妬しているのだとののしり、イザベラは家出してしまう。そのまま嵐が丘でヒースクリフと結婚し、酒浸りのヒンドリーとの同居生活を始めて、兄とは縁を切ってしまうのだった。

ヒースクリフとイザベラの結婚は、数か月と待たず破たんしていた。長らく嵐が丘の世話をしてきたケネス医師も、この家はもうダメだと匙を投げる。ヒンドリーの酒癖は直せないし、すっかりやつれて薄汚れたイザベラを救う事も出来ない。ケネス医師は、イザベラにリントン家に帰るよう勧めた。キャシーが病で死にかかっているから、兄の側にいてあげて欲しいと頼む。しかし、キャシーなんか死ねばいい、それで自分は生きられると言うイザベラ。嵐が丘に毒されてしまったイザベラを、ケネス医師は諦めに満ちた目で見つめていた。

希望を抱いたイザベラは、何とかヒースクリフを自分に振向かせようと懇願する。しかし、彼にとって、イザベラやエドガーは空虚でつまらない人間でしかなかった。キャシーの目には、ヒースクリフを畏れさせる美徳や信仰心が溢れているというのに。そこに、エドガーの使いでエレンがやって来た。イザベラの帰宅を待っているのだ。ヒースクリフもキャシーの異変を察し、イザベラが泣いて引き止めるのも聞かず、嵐が丘を飛び出していった。

嵐が丘のあらすじ【結】

病床のキャシーもまた、幼い頃のヒースクリフとの記憶に思いを馳せていた。しかし、エドガーへの愛も嘘では無かった。彼女は夫の優しさをたたえ、感謝を伝える。キャシーに病と闘う気力は無く、彼女は死にたがっていた。

エドガーが部屋を去った間に、部屋に押し入って来るヒースクリフ。キャシーは再会の喜びに目を輝かせるが、ヒースクリフは死を選んだ彼女を責めた。彼女の事も、呪うという。キャシーは、エドガーに求婚されヒースクリフが嵐が丘を去ったあの雨の日の話を始めた。ヒースクリフが聞かずに行ってしまった、キャシーの本心を打ち明ける。彼女の愛を思い知るヒースクリフ。二人は窓から思い出の岩山を眺めた。キャシーは、あの城で待っていると言い残し、ヒースクリフの腕の中で息を引き取った。

戻ったエドガーは、ヒースクリフがいることを責めなかった。これで彼女は天国へ行けるだろうから、と。しかし、ヒースクリフはキャシーが天国へ行くことを望まなかった。自分が生きている限り、亡霊になって嵐が丘を彷徨うが良い。自分を呪え。キャシー無しでは生きられない。

エレンの昔話が終わると、すっかり日が昇っていた。吹雪も止んだようだ。まだ信じられないと言った顔のロックウッドに、あなたが出会ったのは、キャシー様の霊というより時を超えた愛の姿だと言うエレン。そこへ、ケネス医師が大慌てで飛び込んできた。雪原で、ヒースクリフが女と歩いている所を見たのだが、追いかけると彼一人だった。場所は、あの岩山だ。二人はようやく一緒になれたのだと、エレンは優しく微笑んだ。

Amazon 映画『嵐が丘(1939)』の商品を見てみる