映画『あらしのよるに』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「あらしのよるに」のネタバレあらすじ結末

あらしのよるにの概要:ヤギと狼の友情を描いたロングセラー絵本をアニメ化した、2005年の日本映画。嵐の夜に出会ったヤギのメイと狼のガブは、種族や捕食関係を超えた親友となる。しかし、お互いの群れの仲間にその関係がばれ……。

あらしのよるにの作品概要

あらしのよるに

公開日:2005年
上映時間:107分
ジャンル:ファンタジー、アニメ
監督:杉井ギサブロー
キャスト:中村獅童、成宮寛貴、竹内力、山寺宏一 etc

あらしのよるにの登場人物(キャスト)

ガブ(中村獅童)
気弱な狼。嵐の夜に山小屋でヤギのメイと出会い、友情を築く。子供の頃から体が小さく、群れの中で落ちこぼれ的立場となっていた。狼だが気が優しく、何より友情を大切にしている。
メイ(成宮寛貴)
若いヤギ。幼い頃に母を狼に殺され、祖母に育てられた。嵐の夜に山小屋で狼のガブと出会い、友情を築く。楽観的で、ガブに食べられるなどとは微塵も思っていない。雷が怖くそそっかしいところがある。
ギロ(竹内力)
ガブが属する狼の群れのリーダー。メイの母を殺した張本人でもある。その際、メイの母に耳を食いちぎられ、それ以来ヤギをひどく憎んでいる。ガブとメイを執拗に追い続ける。

あらしのよるにのネタバレあらすじ

映画『あらしのよるに』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

あらしのよるにのあらすじ【起】

ヤギのメイは幼い頃、狼に襲われた。メイの母親は彼を逃がし、自分が犠牲となる。

年月が経ち、森に嵐が来た。メイは急いで近くの山小屋に逃げ込む。山小屋の中は真っ暗で何も見えない。そこへ誰かが入ってきた。メイは蹄の音を聞き、同じヤギだと思って声をかける。しかし、実はそれは狼のガブだった。足をくじいて使っていた木の杖のコツコツいう音を蹄の音と勘違いしたのだ。2匹はお互いの正体に気付かないまま、会話を続ける。境遇や性格など似た者同士と知った2匹は、友達になることにする。

嵐が止み、2匹は明日の昼食を一緒に食べる約束をした。顔がわからないので「あらしのよるに」という言葉を合言葉にして、小屋の前で待ち合わせることにする。メイは足がしびれ、ガブが先に小屋を出たため、お互いの正体を知らないまま別れた。

約束の時間になった。ガブとメイは合言葉で顔を合わせ、互いの正体を知る。本来ヤギは狼に狩られる間柄。ガブはメイを食べるべきか一瞬迷ったが、友情を大切にしようと決める。2匹は山の上で昼食を食べることにするが、ガブは崖の割れ目に弁当を落としてしまう。葉っぱの昼食をほおばるメイを見て、空腹のガブは彼をおいしそうだと思ってしまう。ガブは葛藤するが、なんとか思いとどまった。

あらしのよるにのあらすじ【承】

狼がヤギを襲いに来る季節がやってきた。メイの属するヤギの群れは警戒を新たにする。メイはそよそよ峠でガブと会う約束をしていた。こっそりガブに会いに行こうとするが、友達がついてきてしまう。峠で待っていたガブは、メイが1匹ではないことに気付き慌てて隠れる。しかし結局、意図せずしてメイの友達を脅かしてしまった。友達はメイを置いて逃げていき、ガブとメイは2人のひと時を過ごす。

ガブの属する狼の群れでは、リーダーのギロがヤギの襲撃場所を決めていた。次の襲撃場所がメイとの待ち合わせ場所だと知り、ガブは慌てる。ガブはメイの近くまで迫ったギロを騙して、メイを助け出した。

ガブのおかげで生き延びたメイだったが、その姿を群れの仲間に目撃されてしまっていた。メイは群れの皆に問い詰められてしまう。群れの皆はガブがヤギ達の情報をスパイしているのだと言い、メイを責めた。メイの祖母は、彼の母が狼に殺され、そのオオカミの耳を食いちぎったのだと打ち明ける。ガブもメイを助けたことが群れの皆にばれ、閉じ込められてしまう。ギロの耳にはメイの母に食いちぎられた傷があり、ヤギをひどく憎んでいたのだ。

あらしのよるにのあらすじ【転】

両方の群れはそれぞれ、相手の群れの情報を聞き出すことを条件にガブとメイを群れに戻すことにする。森中の動物が見守る中、ガブとメイは河原で会うことになった。森は荒らしとなり川は激しく荒れ始める。ガブとメイは川の真ん中の岩へ移動するが、雷に驚きメイが落ちそうになってしまう。ガブが引っ張って助け、2匹はお互いを裏切ることなどできないと再確認する。2匹は荒れ狂った川へ飛び込んだ。

流れ着いたガブとメイは、無事に再会を果たした。しかし、このまま森の中にいれば、動物達に姿を見られて自分達が生きていることをそのうち知られてしまうだろう。2匹は狼達の追跡を逃れるため、誰も行ったことのない場所を目指して雪山越えを決意する。しかし、ギロ達はすでに2匹の後を追い始めていた。

ガブは夜中に餌となる動物を狩りに行く。メイはそれが不満だった。2匹は旅を続けるが、狼達に見つかってしまう。川を飛び越え、ガブとメイは命からがら逃げだした。

雪山越えを敢行したガブとメイだったが、ひどい雪の中でメイが倒れてしまう。ガブは雪穴を掘りメイを運び込むが、草のない雪山を歩き続けてきたメイには、空腹で体力も残されていなかった。メイはガブに、自分を食べて生き延びてほしいと頼む。ガブはそのようなことはできないと断るが、意思に反してお腹が鳴り、泣きだしてしまう。どちらが死んでも一緒に過ごすことはできなくなるのだ。メイはそれでも一緒に過ごした時間は変わらないとガブを諭す。ガブは初めて出会ったつもりで食べたいと嘘を言い、穴の外に出る。

あらしのよるにのあらすじ【結】

ガブは雪の中、草が一本でも生えていないかと探していた。しかし、狼達はすぐ近くまで迫ってきていた。群れに気付いたガブは、メイが見つからないよう1匹で戦いを挑む。雪崩が起こり、ガブと狼達を飲み込んだ。朝になり、激しく降っていた雪が止んだ。メイは雪穴から出て歩くうちに緑の森を発見する。メイはガブを呼ぶが、ガブは現れなかった。

メイはガブを待ちながら、長い期間緑の森で暮らしていた。しかし、親友が去ってしまった悲しみは強く、ついにメイは倒れてしまう。すると突如森の動物たちが騒ぎ始めた。狼襲来の知らせを聞き、メイはガブに違いないと元気を取り戻す。しかし、ガブに駆け寄ったメイは、気絶させられてしまう。

ガブは満月の夜にメイを食べようと、洞穴に連れ帰った。ガブは雪崩の際に記憶喪失になっていたのだ。悲しんだメイは「嵐の夜に出会わなければよかった」とつぶやく。すると、「あらしのよるに」というワードでガブの記憶が甦った。2匹は一緒に満月を眺め、再会を喜ぶのだった。

Amazon 映画『あらしのよるに』の商品を見てみる