映画『アーサーとミニモイの不思議な国』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「アーサーとミニモイの不思議な国」のネタバレあらすじ結末

アーサーとミニモイの不思議な国の概要:主人公の少年が家の借金返済の為、祖父が隠したルビーを探し体長2ミリの小人の国、ミニモイへ冒険に出るファンタジー。アニメと実写を組み合わせた作品で、声優にはマドンナやデヴィッド・ボウイなど豪華なキャストが並ぶ。

アーサーとミニモイの不思議な国の作品概要

アーサーとミニモイの不思議な国

公開日:2006年
上映時間:104分
ジャンル:ファンタジー、アドベンチャー、アニメ
監督:リュック・ベッソン
キャスト:フレディ・ハイモア、ミア・ファロー、ペニー・バルフォー、ダグ・ランド etc

アーサーとミニモイの不思議な国の登場人物(キャスト)

アーサー(フレディ・ハイモア)
10歳の少年。好奇心旺盛で発明家、寂しさを強がりで隠している。祖父の冒険譚が大好き。
おばあちゃん(ミア・ファロー)
アーサーの祖母。夫は冒険家で不思議な体験をしている。天然でぼんやりさん。
おじいちゃん(ロナルド・クロフォード)
冒険家。庭に埋めたルビーの捜索でミニモイ国へ行ったきり行方不明になる。しかし、実はマルタザールに捕まっていた。アーサーと共に帰還する。
セレニア(マドンナ)
ミニモイ国の王女。気は強いが、優しく勇敢。国の事をとても愛している。アーサーと恋に落ちる。
ベタメッシュ(ジミー・ファロン)
ミニモイ族、セレニアの弟。気性はアーサーと似ており、素早い動きが特徴でおしゃべり。
マルタザール(デヴィッド・ボウイ)
悪魔Mと呼ばれている。姑息でミニモイ国を水没させようと画策。闇の都ネクロポリスの支配者。

アーサーとミニモイの不思議な国のネタバレあらすじ

映画『アーサーとミニモイの不思議な国』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

アーサーとミニモイの不思議な国のあらすじ【起】

アーサーは祖母と2人暮らし。両親は滅多に帰らず、10歳の誕生日でさえ電話1本で終わる始末。祖父は冒険家で博識だったが、冒険に出たきり行方不明で未だに帰らない。
アーサーは毎夜、祖父の描いた本を祖母から読み聞かせてもらっていた。その中でも、小人のミニモイ族の話がお気に入りで、王女セレニアに憧れを抱いていた。

そんなある日、アーサーと祖母の家に借金取りがやって来る。用意周到にも全ての書類を揃えての来訪だった。祖母とアーサーは48時間以内に立ち退きを命じられる。
アーサーは必死になって祖父の財宝を探し回り、祖母も家の物を売ったりしたが、大した金額にはならなかった。

アーサーは祖父の書斎で、ミニモイ族の国へ行く秘密の地図を発見。暗号を解読して、祖父からのメッセージを見つける。ミニモイの世界へ行くには、様々なタイミングと仕掛けが必要だった。夜中の0時前、少年は急いで荷物を準備。儀式の為に駆け付けた先住民族の助けを借りて、現れたミニモイ族のベタメッシュを説得した。月の魔法でアーサーの体を縮小し、国へ迎え入れられる。光の扉が閉まるまで36時間。それまでに戻らなければならない。

アーサーとミニモイの不思議な国のあらすじ【承】

ミニモイ族の世界へやって来たアーサーは、ベタメッシュの案内で城へ向かう。
城の広場では、悪魔Mと呼ばれるマルタザールを倒す為に聖剣を抜く儀式が行われていた。王女セレニアがそれに挑戦するも、剣は抜けず。アーサーは王様へ、国に危険が迫っている事を知らせる。その為には祖父が隠したルビーを見つけなければならかった。

王様はミニモイ国の地図を出して、祖父とルビーの冒険を語る。恐らく、ルビーは闇の都ネクロポリスにある。その都はマルタザールが支配する禁断の都で、帰って来た者は1人もいないという話だった。

その時、国の門前に来訪者が現れる。禁断の国へ行ったと言われていた大河の船頭だった。セレニアが心配して真っ先に向かったが、アーサーはこれが罠である事を示唆する。しかし、彼女は彼の話を聞かずに、船頭を助けに行く。危険を察知したアーサーは先んじて罠を破った。すると、道の先には闇の都の部隊が現れ、たちまち国内へ侵入。

軍隊モスキート隊は蚊のような相貌をしており、空を飛んでは次々と攻撃を仕掛けて来る。国は騒然となり、至る所で戦闘開始。奴らの目的はセレニアだった。彼女は3体の兵と戦い、アーサーは1体と戦う。武器を持たないアーサーは押され、聖剣を軽々と抜いて兵を圧倒した。魔法の剣は英雄の証。兵隊は跪き王女に許しを乞うた。国は英雄の誕生に沸き上がる。

セレニアは王に使命続行の許可を問う。王は勇敢で純粋なアーサーと共に行けと言った。
画してセレニア、弟のベタメッシュ、アーサーの3人は旅に出た。

アーサーとミニモイの不思議な国のあらすじ【転】

庭の中を進み駅に到着。渋る駅長を説き伏せ、ネクロポリス行を3枚購入。クルミの殻を繋ぎ合わせた乗り物に搭乗し、スプリンクラーで飛行するが、飛んでいる虫と激突。軌道が逸れて小さな小川に落ちた。セレニアが慌てる。ミニモイは泳げないらしい。川の先には滝がある。アーサーはセレニアの紐を使って地上へ登った。

一行は休む場所を探す。話の流れで年齢を聞くと、ベタメッシュは300歳であと60年もすれば、大人になるらしい。セレニアはじき1000歳になる。驚異的である。3人は花の中で休む事にした。

セレニアの乱暴な起床法で起きた一行。朝食後に畑へ向かう。ネクロポリスの兵隊達が、畑へ水を撒く為にアーサーが作った装置を解体していた。ストローを短く切断。3人はそれへ隠れるも、ストローは再び川へ投げ込まれ滝を落ちる。そこで更に短く切断。あわや見つかるかと思われたが、別のミニモイ族に助けられる。彼らは兵隊に協力させられている部族らしい。

彼らはクラブを経営していた。そこには、ネクロポリスの兵隊も来る。クラブへマルタザールの息子が来店。セレニアは見つかってしまい、ダンスを断った事で戦闘になる。店主の計らいで店を閉店。店内は暗転し、セレニア達は密かに裏口から逃がしてもらった。

その頃、家の方ではアーサーが、忽然と姿を消した事で祖母が酷く心配。警察にも捜査を依頼。夜には両親が帰宅し、事情を知った彼らは庭中をほじくり返そうとしていた。

ネクロポリスへ潜入した3人。そこで、セレニアは1人でマルタザールを倒しに行くと言う。アーサーは宝を探しに行く。王女はマルタザールの討伐に失敗したら、アーサーに全てを捧げる事を約束し、キスをして別れた。どうやら結婚を約束した事になったらしい。アーサーとベタメッシュが門前で慌てていると、マルタザールの息子に発見されてしまう。

アーサーとミニモイの不思議な国のあらすじ【結】

一方、マルタザールの元に辿り着いたセレニア。聖剣を構え奴の話を聞く。
1000年の干ばつを救う為、食料と水の捜索に向かったマルタザールは、任務を無事に完了して帰還。長い時間をかけて祝賀パーティーを催した際、泥酔した彼は毒を持つ女とキスをしたらしい。それが運の尽き。今や征服者となり悪魔Mと呼ばれるようになった。彼はセレニアが成長するまで待ち、彼女の夫になるつもりだった。だが、王女のキスは1度きり。彼女は城に入る前にアーサーとキスをした為、マルタザールはもう夫にはなれない。セレニアは捕縛されてしまう。

牢に放り込まれたアーサーとベタメッシュはそこで、祖父に出会う。祖父はここで長い間、捕まっていたらしい。邂逅も束の間、セレニアも投獄されて来る。彼女はマルタザールを倒せなかった。アーサーは彼女の夫として勇気づけ、キスをする雰囲気となるが、2度目のキスは1000年後らしい。

牢から出された4人。マルタザールの前に突き出される。奴はミニモイ族を水没させようと仕掛けを作っていた。制限時間を設けられ、4人は解放される。排水溝を出口へと進むが、祖父が立ち止まってしまう。そこで、アーサーは奇跡的に自分のミニカーを発見。彼らはそれに乗り込みアーサーの運転で脱出。背後からは水流が迫っていた。
排水溝を進んでいた4人は、国の入り口まで辿り着いた。ぎりぎりで城内へ入り、門を閉める。

庭を穴だらけにしていた両親の前に、先住民族が現れる。じきに光の扉が閉まる時間となるらしい。両親は慌てて警察へ連絡しようとするが、電話は止められている。そこへ、家の立ち退きに借金取りが訪れる。

アーサーと祖父はミニモイ族との別れ、人間界へ戻った。
長い間、行方不明だった祖父が現れた事に借金取りは驚愕。祖父と祖母は、アーサーがルビーを掘り出すまでの時間を稼ぐ事になった。

アーサーは城で見つけたミニモイの仲間の合図を探す。彼はルビーの光を上に照射。アーサーは合図を見逃さずそこへ、テニスボールを投げ込んだ。城内の装置は破壊され、排水溝の穴が塞がれる。城は水没。マルタザールは逸早く逃げ出して行く。ルビーは穴から仲間のミニモイと共に浮かんで来た。アーサーはルビーを持って祖父の元へ。

借金取りへルビーの一欠片を渡すと彼は突如、警官の銃を奪いルビーを全て持ち去ろうとする。しかし、先住民族が借金取りを足止めし、警官が彼を逮捕した。
アーサーは国の上部からストローを挿して、ミニモイの仲間を国に返還。セレニアは聖剣を元の場所に戻した。
自宅では食事会が催されていた。アーサーは2階の部屋から庭を眺め、セレニアとの再会を心待ちにする。

Amazon 映画『アーサーとミニモイの不思議な国』の商品を見てみる