映画『アタック・オブ・ザ・キラー・トマト』あらすじとネタバレ感想

アタック・オブ・ザ・キラー・トマトの概要:1978年に公開された、ジョン・デ・ベロ監督の超低予算B級パニックホラー映画。一部の層からは熱狂的な支持を受けている。3作の続編映画、アニメ、ゲームも製作された。

アタック・オブ・ザ・キラー・トマト あらすじ

アタック・オブ・ザ・キラー・トマト
映画『アタック・オブ・ザ・キラー・トマト』のあらすじを紹介します。

アメリカのとある町で女性の変死体が発見される。
なぜか彼女の遺体の周りにはトマトジュースがこぼれていた。
やがて、トマトが人間を襲うというありえない事件が各地で起こり始め、捜査官のメイスン・ディクスンは、報道官のジム・リチャードと共に捜査にあたる。

その頃、政府の極秘会議が開かれていた。
実は政府が極秘に開発していた巨大トマトが突然変異を起こし、人々を襲い始めたのだった。
銃や除草剤が効かない凶暴トマトに対応すべく、これまた極秘開発されていた、半アンドロイド人間のブルースが送り込まれる。
しかし、予算が足りずに片足しかアンドロイド化されていなかったブルースは、使い物にならなかった。

そこで政府は、最後の切り札として4人の人間を送り込む。
ボンベを片時も手放さない潜水の達人グレッグ、ステロイドが好物の元水泳メダリストのグレタ、黒人だが白人の付け鼻をつけている変装の達人サム、開いたままのパラシュートを引きずりながら日本刀を振り回す、軍のパラシュート部隊のフィンレター大尉。
しかし彼らも凶悪トマトの前では歯が立たなかった。

そんな中、トマトに関する極秘情報を手に入れたゴシップ記者のロワスは、メイスンに取材を申し込む。
一方、ジムは凶悪トマトの弱点を発見する。
それは全米ヒットチャート1位の「思春期の恋」という歌だった。

アタック・オブ・ザ・キラー・トマト 評価

  • 点数:50点/100点
  • オススメ度:★★☆☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★★☆☆☆
  • 映像技術:☆☆☆☆☆
  • 演出:★☆☆☆☆
  • 設定:★★☆☆☆

作品概要

  • 公開日:1978年
  • 上映時間:87分
  • ジャンル:ホラー、コメディ
  • 監督:ジョン・デ ベロ
  • キャスト:デイヴィッド・ミラー etc

アタック・オブ・ザ・キラー・トマト ネタバレ批評

映画『アタック・オブ・ザ・キラー・トマト』について、感想批評です。※ネタバレあり

事故すら利用するという恐ろしい作品

一部の層からはカルト的人気を博しているB級映画で、日本では「Z級映画」と呼ばれることも多い、有名なおバカ映画。
序盤で唐突に流れる飛行機事故の映像は、撮影中に偶然遭遇し、カメラに収めた本物の事故シーン。
本当は死者がいなかったにもかかわらず、「パイロット死亡」という嘘と共に宣伝に利用し、ちゃっかり本編にも登場させている。
制作費のほとんどは、この事故に関するものだとも言われている。

トマトの恐怖

政府の極秘プロジェクトによって作られたトマトが凶暴化し、人々を襲い始めるというパニック映画だが、そのトマトのクオリティが酷すぎる。
襲い掛かるトマトの下の台車が丸見えだったり、トマトを動かしている足がちらちら見えたりする。
農務省の人々が凶悪トマトに襲われているシーンは、ただトマトを投げつけただけ。

終盤に登場する凶悪トマトのボスが、ヘッドフォンで歌を聞かないようにしていたという構図、楽譜を見せることによってボスも敗れ去るというシーンにも、開いた口がふさがらない。
人を襲ったトマトを映した場面が、突然コマ送り状態になるのもこの映画の恐ろしさのひとつ。

作品の内容に関係なく突然現れるスポンサーの家具屋の広告テロップは、あまりにも自由すぎる監督の意思を表しているようだ。

濃すぎる登場人物

独特で濃いキャラクターしか登場しないのも、この映画の面白さのひとつ。
半分人間で半分アンドロイドのブルースは、予算の都合というリアルな問題から、片足だけがアンドロイドという無意味な改造が施されている。
黒人なのに白人の付け鼻をしている変装のプロ、サムには不安を覚えるが、意外にもトマトと仲良くなることに成功する。
しかし「ケチャップが欲しい」という失言によって正体がバレるという情けなさ。
グレッグに至っては、公園の水槽に潜っただけでその後の出番は無し。

また、軍の極秘会議をしている部屋があまりにも狭すぎる。
ツッコミどころしかないおバカ映画だが、だからこそ人を魅了するのだと思いたい。

アタック・オブ・ザ・キラー・トマト 感想まとめ

「超低予算B級おバカ映画」、「不朽の駄作」と言われる事もある作品で、自由すぎる内容から好き嫌いが完全に分かれる内容になっている。
この映画に社会に向けたメッセージ性や隠された監督の意思などを求めるよりも、流れに身を任せたまま面白がることが重要になっている。
一応パニックホラー映画ではあるが、そうとは思えない手抜き感がなんともいえない味を出していて、このどうしようもなさが、一部の熱狂的ファンを虜にしているのだろう。

監督自身が作曲したというテーマソングは、一度聴いたら耳から離れない中毒性があり、マーチ風のテンポとテノールの効いた美声に驚かされる。

なお、1996年に公開されたティム・バートン監督の「マーズ・アタック」には、本作のパロディ要素も含まれているという説もある。

Amazon 映画『アタック・オブ・ザ・キラー・トマト』の商品を見てみる