オードリー・ヘプバーンが出演するおすすめ映画5選

世界的に有名な大女優、オードリー・ヘプバーン。紹介するまでもなく、誰もが知っている作品が多いかもしれません。今回は、オードリー・ヘプバーンが出演する作品を五作品に絞ってご紹介します。

知らない人はいない大女優、オードリー・ヘプバーン。
『ローマの休日』で人気女優となって以来、常に映画界では第一線で、話題の存在でした。
オードリーは、少女時代はバレエを習っており、その道を志しますが、背が高くなりすぎたため断念したと言われています。
バレエダンサーだったためか、オードリーは「やせっぽち」という表現がしっくりくるほど細身で、当時女優としてはあまり好まれる体型ではありませんでした。しかし彼女が映画の世界で成功して以来、ファッションアイコンとして注目され、そのすらっとしたスレンダーなスタイルは憧れの的となったのです。
では、オードリー・ヘプバーンが出演する映画五作品をランキング形式でご紹介します。

ローマの休日

注目ポイント&見所

最も有名な映画の一つです。小国の王女アンと、アメリカの新聞記者のつかの間の恋をイタリアのローマを舞台に描いた作品です。
この映画への出演をきっかけに、当時全くの無名女優であったオードリー・ヘプバーンはアカデミー賞主演女優賞を受賞し、またたく間に世界の有名女優の仲間入りをします。
エレガントな中にも、初々しく可愛らしいオードリー・ヘプバーンの演技に注目してください。

⇒ローマの休日のあらすじとネタバレ感想

マイ・フェア・レディ

注目ポイント&見所

イギリスの田舎娘で、野暮ったい姿で訛り丸出しに花を売っていたイライザは、ヒギンズ教授によってきれいなクイーンズ・イングリッシュやマナーを身に着け、見違えるようなレディに生まれ変わります。
この映画は同名ミュージカルの映画化で、作中での楽曲にも注目してください。
残念ながらヒロインを演じているオードリー・ヘプバーン本人の歌声ではなく吹き替えですが、魅力的な歌ばかりです。

⇒マイ・フェア・レディのあらすじとネタバレ感想

麗しのサブリナ

注目ポイント&見所

『ローマの休日』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したオードリー・ヘプバーンの、注目の出演作でした。
富豪の運転手の娘サブリナは、富豪の次男坊デイヴィッドに恋をしますが、失恋の後、フランスでセンスを磨いて再び現れ、富豪の兄弟を惹きつけるような女性に。
作中でオードリー・ヘプバーンはたくさんの洋服を着用しています。時にはクールに、時にはスポーティに可愛らしく、その魅力的なコーディネートもポイントです。

⇒麗しのサブリナのあらすじとネタバレ感想

ティファニーで朝食を

注目ポイント&見所

ニューヨークのアパートに住み、裕福な生活を夢見る自由奔放な娼婦ホリーと、作家を目指す青年の物語です。
冒頭で、ティファニーの前でデニッシュを食べるシーンは特に有名な場面です。
この映画の主題歌「ムーン・リバー」はとてもよく知られている楽曲で、とてもきれいなメロディです。現在でも愛されているものです。この曲を気に入ったオードリー・ヘプバーンは、かなりこだわり、作中で歌うシーンもあります。

⇒ティファニーで朝食をのあらすじとネタバレ感想

いつも2人で

注目ポイント&見所

オードリー・ヘプバーン38歳の時の出演作です。
複数の時間を切り取って一つの映画にまとめたロードムービーです。
旅行で出逢った男女は結婚し、それからも旅行で喧嘩したり仲直りしたり。
当時の夫との離婚説も囁かれていたオードリー・ヘプバーンが、映画でも倦怠期を迎えた夫婦を演じるということで話題になりました。
浮き沈みはあっても結局変わらない夫婦の形を、リアリティのある演技で作り上げています。

⇒いつも2人でのあらすじとネタバレ感想

まとめ

以上、オードリー・ヘプバーンが出演するおすすめ映画をご紹介しました。
あまりにも有名な女優で、出演作も良く知られているものばかりです。ですので、観たことがあるという方も多いでしょう。
映画の内容や彼女の演技も素晴らしいですが、もし出演作をまとめてご覧になるなら、御^ドリーのファッションにぜひ注目してみてください。
オードリーのファッションは常に人々の注目を浴びるほど、素晴らしいセンスです。
また、自分なりの楽しみ方を見つけてみるのもいいですよ。

関連ランキング

⇒キャスト別<日本俳優>はこちら
⇒キャスト別<海外俳優>はこちら