影山 美穂 | MIHOシネマ - Part 4

影山 美穂一覧

「ヤクザ戦争 日本の首領」のネタバレあらすじ結末

ヤクザ戦争 日本の首領の概要:飯干晃一の『日本の首領』を原作とした壮大なヤクザ映画。主人公のモデルは山口組3代目組長の田岡一雄であるが、物語は多くのフィクションが盛り込まれた内容になっており、ヒューマンドラマとして楽しめる。佐分利信、鶴田浩二、菅原文太といった豪華キャストに相応しい、スケールの大きな作品に仕上がっている。

「男はつらいよ 純情篇」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 純情篇の概要:男はつらいよシリーズ第6作目となる作品。マドンナの若尾文子が艶っぽい人妻を演じている。サブストーリーに登場する宮本信子の父親役に森繁久彌がキャスティングされており、少ない出番ながら強烈な印象を残す。寅さんとさくらの別れのシーンも秀悦。

「男はつらいよ フーテンの寅」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ フーテンの寅の概要:男はつらいよシリーズの第3作目となる作品。山田洋次監督の助監督をしていた森崎東が監督を務めている。山田洋次が脚本に参加しているため、物語の大筋は変わらないが、演出面では他の作品との違いを感じる。重要なキャラクターのさくらの影が薄く、満男も登場しない。

「続・男はつらいよ」のネタバレあらすじ結末

続・男はつらいよの概要:男はつらいよシリーズの第2作目となる作品。第1作目の『男はつらいよ』で博と結婚したさくらが、満男を生んで母親になっている。マドンナには佐藤オリエ、寅さんの恩師に東野英治郎、そして寅さんの実母としてミヤコ蝶々がキャスティングされており、渥美清と迫力たっぷりの親子喧嘩を繰り広げる。

「小説家を見つけたら」のネタバレあらすじ結末

小説家を見つけたらの概要:『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』(97)や『ミルク』(08)のガス・ヴァン・サント監督が2000年に発表したハートフルなヒューマンドラマ。人生を諦めた天才小説家と孤独な黒人少年の友情と再生を描きながら、前向きに生きることの大切さを綴っている。

「シャブ極道」のネタバレあらすじ結末

シャブ極道の概要:『シャブ極道』というタイトル通り、主人公はシャブが大好物の極道者。美化された任侠道ではなく、自分の生き残りを1番に考えるリアルなヤクザの姿が描かれており、破天荒な設定ながら親しみやすさを感じる作品。破茶滅茶な主人公を役所広司が好演している。

「デンジャラス・バディ」のネタバレあらすじ結末

デンジャラス・バディの概要:凶悪な麻薬組織の捜査をするため、ボストンへやって来た生真面目な女性捜査官。だが、そこで待っていたのは、性格や行動に問題のある女性刑事だった。2人は協力して捜査をすることになるが、何かにつけて意見が衝突。捜査官2人の言い合いが非常に面白い。

「バトルランナー」のネタバレあらすじ結末

バトルランナーの概要:独裁政治が執られるようになった近未来のアメリカ。政府は人々の不満を逸らすため、とあるテレビ番組を作り上げた。それが、ランニング・マン。死の番組に参加させられることになったベンは、生き残ることができるのか。

1 2 3 4 5 6 7 375