映画「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」最後の愛を守れ!シリーズ最新作

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロンの概要:ジェス・ウェドン監督「アベンジャーズ」の第2弾。アイアンマンが起動させた人工知能<ウルトロン>をめぐり、再び人類存亡の危機が訪れてしまう。ロバート・ダウニー・jr主演作。

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン みどころ

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン
映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の見どころを紹介します。

アベンジャーズの雄姿を見よ!

前作から3年。人類の滅亡を防ぐためにアベンジャーズが再集結します。これで最後なのか?アメコミファン待望の「アベンジャーズ」シリーズ第2作です。メンバーは前作と同じですが、今回は2人の特殊能力を持つ双子が登場。どんな特殊能力や闘いを魅せてくれるのか楽しみです。

気になるのは、アイアンマンの言葉「すべては私の過ちだ。だから私が終わらせる」です。また何かしでかした様ですね。そして人工知能<ウルトロン>の存在が人類の未来に及ぼす影響とは?

今回のミッションは手ごわそうです。もちろん、おなじみのメンバーも命を賭けて闘います。紅1点のブラック・ウィドウのアクションが楽しみ。多彩なアクションが魅力ですが、この映画ではアベンジャーズの仲間たちのプライベートな部分も描かれていますよ。

そんなアベンジャーズの雄姿をぜひ劇場でご覧下さい。

スカーレット・ヨハンソンの魅力

華麗なアクションと色気が魅力的なスカーレット・ヨハンソン。まさしく女優になるために生まれてきた様な人です。代表作は「アベンジャーズ」(12)や「her 世界でひとつの彼女」(13)の人工知能サマンサ役、「LUCY ルーシー」(14)です。

本作も、ブラック・ウィドウ役。ブラック・ウィドウがいないと画面が引き締まらないような感じがしませんか。アベンジャーズは大人数だから、アクションを詰め込みすぎて物語が失速しない事を祈っています。

クールな美女という印象ですが、なぜ彼女がアベンジャーズにいるのか気になります。次回作はまだ企画段階なのですが、「攻殻機動隊」のハリウッド実写版を撮る計画があるようです。草薙素子役に名前が挙がっています。

配役について反対意見もあるようですが、ファンとしてはとても楽しみです。

ジョス・ウェドン監督の魅力

テレビやアニメの脚本家として活動後、自身のアメコミ好きが高じて、「アベンジャーズ」シリーズ(12)の監督をしています。映画のあおり文句でしょうか、「最後の希望」なんて書いてあるので最後なのかな?と思っていたら「アベンジャーズ」の続編も考えているようですよ。

続編を作る度に仲間が増えていくから、「アベンジャーズ」って一つの大家族みたい。本作ではこれまで描かれなかったアベンジャーズの個人的な生活や秘密も描くそうなので楽しみです。

監督作ではないのですが、一つおすすめ作品があります。制作総指揮として加わった映画「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」(14)。ゾーイ・カザン主演のテレパシーで会話し、想いを深める新感覚ラブストーリーです。

東京・新宿シネマカリテで5月16日から公開されます。併せて観るのもいいですよ。

クリス・ヘムズワースの魅力

「アベンジャーズ」では、神の国の戦士ソー役を演じています。代表作は、ナタリー・ポートマンと共演した「マイティ・ソー」(11)の主人公ソー役や「ラッシュ/プライドと友情」(13)です。

オーストラリア出身でアクション俳優として活躍中。セクシーな俳優として人気です。最新作は、5月8日から公開中の「ブラックハット」(15)。服役中のハッカーを演じます。サイバーテロを防ぐために奮闘するかっこいいクリス・ヘムワースに注目です。

まとめ

ジェス・ウェドン監督の「アベンジャーズ」シリーズ第2弾!またもや人類存亡の危機が訪れます。アベンジャーズの仲間は前作と同じ。アイアンマン、キャプテンアメリカ、ハルク、ソー、ブラック・ウィドウです。

本作では、アイアンマンが人工知能<ウルトロン>を起動させてしまったために大変危機的な状態になります。そこで、アベンジャーズは再結集し人類を守るために闘う、物語は変わらないのですが、新たに2人の特殊能力者が加わります。どんな特殊能力なのか気になりますね。

前作よりもパワーアップしたアベンジャーズに期待して下さい。前作に出ていたロキが本作では出るのか?気になっている人も多いと思います。それは本編を観てのお楽しみです。

ロバート・ダウニー・jr主演「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」は、7月4日公開予定です。

Amazon 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の商品を見てみる