映画『ザ・バッグマン 闇を運ぶ男』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『ザ・バッグマン 闇を運ぶ男』のネタバレあらすじ結末

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男の概要:「かばんを運び、中身を決して見ない」それだけの簡単な仕事のはずだった。しかし殺し屋ジャックの周りにかばんを狙う者が次々と現れ……。黒幕は誰か?かばんの中身とは?最後まで目が離せないサスペンス・スリラー。

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男の作品概要

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男

公開日:2013年
上映時間:109分
ジャンル:サスペンス
監督:デヴィッド・グロヴィック
キャスト:ジョン・キューザック、レベッカ・ダ・コスタ、ロバート・デ・ニーロ、クリスピン・グローヴァー etc

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男の登場人物(キャスト)

ジャック(ジョン・キューザック)
凄腕の殺し屋。ある仕事を受けたことがきっかけで婚約者を何者かに殺された。ボスのドラグナから、高額の報酬と引き換えにかばんを運ぶ仕事を依頼される。
レヴカ(レベッカ・ダ・コスタ)
ジャックの元に突然現れた謎の美女。ジャックが運ぶかばんの写真を持っており、ジャックから疑われる。
ドラグナ(ロバート・デ・ニーロ)
ジャックのボス。失敗をした者には容赦しない、冷酷な人物。
ネッド(クリスピン・グローヴァー)
かばんの受け渡し場所となっているモーテルの管理人。車いすに乗っている。神経質な性格。

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男のネタバレあらすじ

映画『ザ・バッグマン 闇を運ぶ男』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男のあらすじ【起】

凄腕の殺し屋ジャックは、ボスのドラグナから久々に仕事を依頼される。それは「かばんを指定のモーテルの部屋に運ぶ」というもの。条件は「決してかばんの中身を見ないこと」だった。ジャックはその仕事を引き受ける。

かばんを届ける途中、ジャックは何者かに襲われ手を撃たれる。ジャックは襲撃者がドラグナの手下ではと疑っていたが、電話に出たドラグナは取り合おうともしない。指定されたモーテルの管理人ネッドは、カードを持っていないというジャックに難癖を付ける。ジャックは無事、指示された13号室にチェックインするが、周りには胡散臭い連中が何人かいた。マッチを借りようと話しかけるロシア人風の小男、眼帯の男と言い争う青い髪のストリッパー、栓抜きを借りにジャックの部屋だけを訪ねて来た隣室の男。ジャックは隣室の男を怪しみ撃ち殺すが、彼はFBIの捜査官だった。

一方ドラグナの邸宅では、ドラグナが仕事をミスした女性を殴り倒していた。彼は冷酷で、仕事のミスや指示違反には容赦がないのだ。

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男のあらすじ【承】

ジャックが買い物から戻ると、部屋に侵入者がいた。青い髪のストリッパー・レヴカだ。彼女はかばんの存在を知っていて、「眼帯の男から隠れさせてほしい」と頼む。眼帯の男と小男が彼女を探していた。

ドラグナの代理だと言う男から電話がかかってくる。話をはぐらかす代理人に、ジャックはドラグナへの不信感を強める。ジャックはレヴカを連れ、かばんを持ってモーテルを出る。しかし車で逃げる途中、眼帯の男と小男に襲われてしまう。2人はレヴカとかばんを持ち去ろうとする。ジャックは2人を撃ち殺した。

ジャックはモーテルに戻り、レヴカを部屋にかくまうが、管理人ネッドがしつこく付きまとう。そのうち、眼帯の男達の死体を発見した保安官のラーソンが、モーテルにやってきた。ネッドの話を聞いて、ジャックを疑っているようだ。ジャックはついにネッドにキレた。

ジャックはレヴカに婚約者の話をする。ジャックの婚約者は、彼が引き受けた任務に反対して彼のもとを去ったが、その後ジャックの任務中に何者かに殺されたのだ。ジャックとレヴカは次第に打ち解けてきた。

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男のあらすじ【転】

ジャックはかばんをモーテルの裏に埋める。しかしその現場をネッドに見つかってしまった。車いすに乗っていたのは仮の姿で、ドラグナが自分のモーテルを取引場所に使っていることを知っていたのだ。ジャックは管理人を殺す。

ラーソン保安官がジャックの部屋に入ってきた。ジャックは連行される。保安官も、かばんを狙っていたのだ。保安官はジャックを拷問、レヴカの事も拷問しようとする。ジャックが保安官をかばんのある場所に連れていくと約束し、レヴカを解放させる。するとレヴカは保安官を撃ち殺した。

2人はモーテルに戻る。レヴカはなぜか、ジャックがかばんを埋めたこともその場所も知っていた。いまやジャックはドラグナを完全に疑っていた。ジャックはドラグナの来訪に備え、隣の14号室に潜んで彼を待つことにする。

ドラグナがモーテルに現れた。このモーテルはドラグナの所有物件だったのだ。ジャックはドラグナと会い、かばんを渡す。かばんの中を見たか尋ねるドラグナに、ジャックは見ていないと答える。ドラグナは彼の言葉に偽りはないとわかっていた。ドラグナはジャックを自分の仕事の右腕に任命し、報酬を渡し去ろうとする。

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男のあらすじ【結】

これで仕事は終わった、そう思ったが、レヴカがかばんの中身を見たことを告白する。かばんの中身は何か大変なものだったようだ。ジャックはドラグナにレヴカのことを報告し、かばんの中身を見せろと迫る。しかしドラグナはレヴカを撃ち、逃走する。

ジャックはレヴカをその場に残し、ドラグナを追って森の中に入る。ドラグナを追い詰めたジャックは、かばんの中身を見せられる。それは以前殺された婚約者の、遺体の一部だった。ジャックの婚約者を殺したのはドラグナだったのだ。ドラグナはモーテルを爆破する。レヴカが爆発に巻き込まれたのではと心配するジャックだったが、レヴカは無事でドラグナの後ろから銃を突きつける。ジャックはドラグナにとどめを刺し、彼の遺体を処分する。

数日後。レヴカは1人でドラグナの弁護士に会いに来ていた。実はレヴカはドラグナの手下で、ジャックを誘惑するために雇われたのだ。レヴカはドラグナから、「自分がもし殺されたらジャックを殺してくれ」と言われていた。レヴカは弁護士をジャックの遺体のある場所へ案内しようとする。しかし弁護士は手間を省いて、報酬の金塊だけをレヴカに手渡し帰らせた。

レヴカは金塊を手に車に乗り込む。運転席には、ジャックが乗っていた。「ジャックを殺した」と言うのはウソだったのだ。2人はキスを交わし、街の喧騒に消えていった。

Amazon 映画『ザ・バッグマン 闇を運ぶ男』の商品を見てみる