映画『バクマン。』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「バクマン。」のネタバレあらすじ結末

バクマン。の概要:かつて、週刊少年ジャンプにてデスノートを生み出した伝説的なコンビが、再びタッグを組んだ話題作。ジャンプで連載する漫画家の現実を描き、アニメ化も果たした人気作の実写化。

バクマン。の作品概要

バクマン。

公開日:2015年
上映時間:119分
ジャンル:ヒューマンドラマ、ラブストーリー
監督:大根仁
キャスト:佐藤健、神木隆之介、染谷将太、桐谷健太 etc

バクマン。の登場人物(キャスト)

真城最高(佐藤健)
アズキに密かに恋心を寄せる平凡な男子学生。画力が高く、その事を知った秋人に漫画家を目指そうと誘われる。
高木秋人(神木隆之介)
最高の同級生。名高い賞を受賞するなど高い文才を誇る。作画を担当してくれる人間を見つけ、漫画家としてのデビューを狙っていた。
新妻エイジ(染谷将太)
彗星の如く現れた100年に一度の天才漫画家。最高達と同い年で、憧れかつライバル的存在。
亜豆美保(小松菜奈)
最高が恋する女子学生。声優を目指しており、いつか最高の描く漫画で声を担当すると約束した。
福田真太(桐谷健太)
漫画家志望者の一人。ガサツであるが面倒見がよく、最高達と打ち解ける。
平丸一也(新井浩文)
元々サラリーマンをしていたが、電車の網棚に置いてあったジャンプを読み、これなら自分にも書けると思い漫画家になった天才。

バクマン。のネタバレあらすじ

映画『バクマン。』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

バクマン。のあらすじ【起】

真城最高(以下サイコー)は、クラスメートの亜豆美保(以下アズキ)に密かに恋心を寄せていました。絵が得意なサイコーは、授業中こっそりノートにアズキのスケッチをするなど、青春真っ只中です。しかし何とその秘密のノートを、同じくクラスメートである高木秋人(以下シュージン)に見られてしまいました。

気持ち悪いと馬鹿にされると思い焦るサイコーでしたが、予想に反してシュージンはそのノートを見ながら目を輝かせました。そしてサイコーに、「一緒に漫画家になろう!」と声をかけるのでした。実はシュージンは兼ねてより漫画家を目指していました。文部科学大臣賞を受賞するなどその類稀なる文才でストーリーは考えつくシュージンでしたが、如何せん努力ではどうにもならない程の酷い画力の持ち主で、作画を担当してくれる人間を探していたのです。

迷うサイコーでしたが、サイコーの背中を押したのがアズキでした。アズキは密かに声優を志しており、いつか2人の描いた漫画で声優を務めたいと夢を語ったのでした。

バクマン。のあらすじ【承】

調子のいいサイコーは、アズキとの約束の為漫画家を目指し始めます。2人が連載を目指す漫画雑誌は、漫画界において知名度・売上ともに他者の追随を許さない、漫画界の王ともいうべき「週刊少年ジャンプ」です。実は既に故人であるサイコーの叔父も、かつてジャンプで連載していた漫画家で、その時の作業所がそのまま残されていました。シュージンとサイコーは、その作業場で連載を勝ち取るためのストーリーを練り始めます。

一方その頃、2人と同じ17歳である新妻エイジが手塚賞を受賞し、週刊少年ジャンプでの連載を勝ち取りました。新妻エイジはまさしく100年に一度といった天才で、2人はエイジに遅れを取らぬよう『Wアース 二つの地球』という短編を書き上げました。

編集部に持ち込んだ2人は、漫画が没ではなく書き直しを命じられた事に希望を感じ、更に作品にのめり込みます。そして、何とこの作品で手塚賞の準入選に輝いたのでした。授賞式で初めて顔を合わせたエイジに対して、2人は「絶対に負けない」という挑戦状を叩きつけました。

バクマン。のあらすじ【転】

また、漫画家としての一歩を踏み出した二人に、同じく漫画家の卵である仲間が出来ました。男受けする熱い展開が売りの「KIYOSHI騎士」を代表作に持つ福田、細かな描写を得意とするアシスタント歴の長い中井、そして平丸です。特に平丸に関しては、元々サラリーマンをしていましたが電車の吊り棚に置いてあったジャンプを読み、『これなら自分でも書ける』と初めて漫画を描いた結果、編集部の目にとまった天才でした。

一行はそれぞれ原稿を編集部に持ち込みますが、サイコーとシュージン以外は連載を勝ち取るといった結果になります。このままではいけない、と二人は自分たちの持ち味を再び考え直します。そして、シュージンの元々持っている天才的文才を存分に活かした、邪道とも呼べるSF路線で勝負をしかけたのでした。

結果、物議を醸したものの二人はジャンプで連載の権利を勝ち取ったのでした。そして、サイコーはエイジと、どちらが人気アンケートの一位を獲得するかといった勝負をするのでした。

バクマン。のあらすじ【結】

しかし、全てが順調に行くわけではありませんでした。学校と週刊連載というハードスケジュールにサイコーの体が悲鳴を上げ、血尿という症状が出て入院を余儀なくされてしまったのです。入院した2人は、編集長に休載を命じられます。そして更に、サイコーのもとにアズキから、「もう会えない」という連絡が届いたのです。

サイコーは今回の作品のヒロインにアズキをモチーフにしたキャラクターを起用していましたが、アズキの所属事務所のスタッフがその漫画を目にしてしまったのです。アズキの事務所は恋愛禁止である為、2人の仲を疑ったスタッフにより今後サイコーとの逢瀬を禁止されたのでした。

アズキに捨てられ、ボロボロの身体に鞭を打ちサイコーは漫画を描き続けます。そして編集長の制止も振り切り、何とか漫画を完成させるのでした。その今作の一話は見事アンケートで第1話を獲得しました。その後徐々に人気が低迷し、結果漫画は打ち切りとなってしまいます。しかし2人は諦めることなく、再び新たな作品へ打ち込み始めるのでした。

Amazon 映画『バクマン。』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    漫画を描く喜びと大変さが、画面いっぱいに溢れています。原作ファンとしては、物足りない点もいくつかありますが、主演の佐藤健と神木隆之介の名コンビぶりににやけてしまいました。

    まず、ジャンプ編集部の雑多な感じや冒頭のジャンプ・トリビアには、心躍るのではないでしょうか。そして、真城たちと新妻エイジとの漫画対決をCGでアクション・シーンのようにダイナミックな表現で魅せたのはさすがです。

    漫画を描くペンの音なども、心地良くて漫画の世界に浸れますよ。劇中で使用されている漫画は、作画者(小畑健)が描いているのもポイント。美麗な漫画に目を奪われます。

    このように、主人公たちを取り巻く環境や個性的な漫画家たち、漫画家だった叔父のエピソードなど丁寧に描かれているものの、真城と亜豆の恋愛に関しては不満が残ります。

    特に、入院した真城を亜豆が見舞うシーン。”恋愛禁止だから、もう会えないの・・。”と亜豆が告げますが、ここは原作通りに表現して欲しかったと思います。

    この「バクマン。」という作品の素晴らしさは、漫画家になるという夢を叶えるだけでなく、初恋も成就させることに意味があるからです!別れを告げるのではなく、真城の手を握りながら”私が支えるから。”と想いを通わせるシーンが絶対に必要なんです!

  2. 匿名 より:

    佐藤健&神木隆之介コンビは最高!映画「るろうに剣心」シリーズから、2人の仲の良さは知られています。「バクマン。」では、より息の合った演技を見ることが出来ます。

    特に、真城最高を演じる佐藤健の根暗っぽい演技が堪らない!繊細なだけじゃなくて、過去や恋の重みを背負った感じも伝わってくるのです!

    反対に神木隆之介からは、明るさと知性が感じられ、一心同体な感じもいい。当初は、役柄について、2人が入れ替わった方がいいなんて意見もありましたが、この作品を見れば全くの杞憂だったことが分かります。

    2人がハイ・タッチする瞬間は、何度観ても胸が躍ります。また、個性的な漫画家たちも魅力です。その中でも、ラッコが主人公のギャグ漫画を描く、平丸一也役の新井浩文が面白い。

    変人ぶりが際立っています。原作ファンも、見れば納得の配役だと思います。

    ただ真城たちが、アシスタントを1人も使わずに作品を仕上げていたりするシーンはありえないけれど、漫画に人生を賭ける情熱は火傷しそうなほど熱い!

    この映画を観て、諦めかけていた夢に挑戦しょうと考える人が現れないだろうか?また佐藤健&神木隆之介の名コンビが観たい!

  3. 匿名 より:

    以前、ドラマ「重版出来」を観ながら漫画家や編集者について考えたことがあります。

    このドラマで、副編集長の五百旗頭さんが、「俺たち編集者は誰に給料を貰ってると思う?」と主人公・心に問うシーンがあった。

    同じように、「バクマン。」でも、真城たちの担当である服部が、「僕たち編集者は君たちの敵じゃない!君たちが相手にするのは、読者だ!」と話すのだ。

    大切なのは、読者。漫画家や作家は、このことを忘れてはならない。

    日本が世界に誇る、文化である漫画。原作ファンとしても、映画「バクマン。」は、最高にファンキーで切ない作品です!