映画『バクマン。』あらすじネタバレ結末と感想

バクマン。の概要:佐藤健と神木隆之介主演の青春ドラマ。週刊ジャンプで漫画家を目指す、熱き戦いを見よ!共演は桐谷健太、小松菜奈。原作は小畑健と大場つぐみの人気漫画。「モテキ」の大根仁監督の2015年日本映画。

バクマン。 あらすじネタバレ

バクマン。
映画『バクマン。』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

バクマン。 あらすじ【起・承】

夏休み前。高校生の真城最高(佐藤健)は、初恋の相手・亜豆美保(小松菜奈)をデッサンしていた。同じクラスだが、好きだと意識してしまい上手く話せない。そのデッサンを放課後、高木秀人に見られてしまう。

高木秀人(神木隆之介)は、文才があり、漫画の作画をしてくれる人を探していた。そこで、真城最高の絵を気に入り、”一緒に漫画を描かないか?”と誘う。

しかし、叔父の川口たろう(宮藤官九郎)が漫画家で若くして亡くなっていることもあり、真城は、漫画家になることをバクチだと思い諦めていた。

ところが、亜豆の前で高木が”漫画家宣言”をしてしまう。真城も勇気を出して、”僕が漫画家になって夢を叶えたら、僕と結婚して下さい!”と亜豆に告白した。

真城のプロポーズに対して、亜豆は”私も・・真城くんの事、待ってるね”と快諾。真城はその夢を実現させるべく、高木秀人とコンビを組むことを決めた。

夏休み。真城最高と高木秀人は、2ヶ月で漫画を描き上げ、集英社のジャンプ編集部へ持ち込みをした。2人の作品を見てくれたのは、編集担当の服部(山田孝之)。

服部は、2人の才能を認め、手塚賞に応募させるべく手直しをするようアドバイスした。真城最高は作画担当、高木秀人は原作を担当し、ジャンプでの連載を目指すのだ!

2人は手塚賞に応募し、準入選に入賞した。手塚賞の受賞会場で、高校生漫画家・新妻エイジ(染谷将太)に出会う。真城は彼にライバル宣言をし、若き漫画家たちの戦いが始まった。

手塚賞入選者には、ヤンキー漫画を描く福田真太(桐谷健太)やラッコを主人公にしたギャグ漫画家平丸一也(新井浩文)、アシスタント歴15年で風景を得意とする中井巧朗(皆川猿時)がいた。

一方、亜豆美保は声優を目指し、オーデションを受け続けていた。そして、声優として活動するため、高校の卒業を待たずに学校を辞めてしまう。
”ずっと、待ってるから・・。”と真城に想いを伝えたまま。

バクマン。 あらすじ【転・結】

手塚賞を受賞した真城たちは、ジャンプでの連載を決める編集会議に作品が出された。緊張した面持ちで担当からの電話を待つ、真城たち。しかし、真城たちは連載から外れてしまう。

そんな悔しさをばねに、”ジャンプの王道ではなく、邪道で俺達の漫画を描く!”と2人は決意した。そして学園SFものに挑戦し、「この世は金と知恵」で連載デビューを果たした。

一方、新妻エイジは、「CROW(クロウ)」で既に連載デビューをし、人気も急上昇していた。真城たちは、新妻エイジをライバル視して、”ジャンプの人気投票1位を取る!”と意気込むが、週刊連載の厳しさを知るのだった。

やがて、連載も順調に進み、真城たちは巻頭カラーのページを任されることになった。ところが、真城が体調を崩して倒れてしまう。

そこで、佐々木編集長(リリー・フランキー)は、高校卒業までの休載を決めるが、真城は納得しない。入院していた病院を抜け出して、巻頭カラーと原稿を描き始めた。

それを知った担当の服部や、福田真太、平丸一也、中井巧朗らも一緒になって作画を手伝うのだった。真城たちの情熱と作品の出来に、佐々木編集長も休載を撤回したのだった。

ついに読者の人気投票が発表され、真城たちの作品「この世は金と知恵」が1位に輝いた。だが、その後は、失速してゆき、数ヶ月後に打ち切りとなった。

一方、亜豆は声優として、数多くの現場をこなしていた。”真城くんたちの漫画がアニメ化したら、そのヒロインを演じる!”という夢が彼女の支えになっていた。

高校の卒業式。真城と高木は、週間漫画誌ジャンプを読みながら、”また連載したいなぁ。”と話す。すると、高木はこんな物語はどう?と次の漫画のアイデアを話し始めるのだった。

黒板いっぱいに描かれた漫画のアイデア。僕らの夢は永遠に終わらない!

バクマン。 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2014年
  • 上映時間:119分
  • ジャンル:青春、ラブストーリー
  • 監督:大根仁
  • キャスト:佐藤健、神木隆之介、染谷将太、桐谷健太 etc

バクマン。 批評・レビュー

映画『バクマン。』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

漫画好き必見!漫画の神が降臨する瞬間

漫画を描く喜びと大変さが、画面いっぱいに溢れています。原作ファンとしては、物足りない点もいくつかありますが、主演の佐藤健と神木隆之介の名コンビぶりににやけてしまいました。

まず、ジャンプ編集部の雑多な感じや冒頭のジャンプ・トリビアには、心躍るのではないでしょうか。そして、真城たちと新妻エイジとの漫画対決をCGでアクション・シーンのようにダイナミックな表現で魅せたのはさすがです。

漫画を描くペンの音なども、心地良くて漫画の世界に浸れますよ。劇中で使用されている漫画は、作画者(小畑健)が描いているのもポイント。美麗な漫画に目を奪われます。

このように、主人公たちを取り巻く環境や個性的な漫画家たち、漫画家だった叔父のエピソードなど丁寧に描かれているものの、真城と亜豆の恋愛に関しては不満が残ります。

特に、入院した真城を亜豆が見舞うシーン。”恋愛禁止だから、もう会えないの・・。”と亜豆が告げますが、ここは原作通りに表現して欲しかったと思います。

この「バクマン。」という作品の素晴らしさは、漫画家になるという夢を叶えるだけでなく、初恋も成就させることに意味があるからです!別れを告げるのではなく、真城の手を握りながら”私が支えるから。”と想いを通わせるシーンが絶対に必要なんです!

佐藤健&神木隆之介コンビは最高!

映画「るろうに剣心」シリーズから、2人の仲の良さは知られています。「バクマン。」では、より息の合った演技を見ることが出来ます。

特に、真城最高を演じる佐藤健の根暗っぽい演技が堪らない!繊細なだけじゃなくて、過去や恋の重みを背負った感じも伝わってくるのです!

反対に神木隆之介からは、明るさと知性が感じられ、一心同体な感じもいい。当初は、役柄について、2人が入れ替わった方がいいなんて意見もありましたが、この作品を見れば全くの杞憂だったことが分かります。

2人がハイ・タッチする瞬間は、何度観ても胸が躍ります。また、個性的な漫画家たちも魅力です。その中でも、ラッコが主人公のギャグ漫画を描く、平丸一也役の新井浩文が面白い。

変人ぶりが際立っています。原作ファンも、見れば納得の配役だと思います。

ただ真城たちが、アシスタントを1人も使わずに作品を仕上げていたりするシーンはありえないけれど、漫画に人生を賭ける情熱は火傷しそうなほど熱い!

この映画を観て、諦めかけていた夢に挑戦しょうと考える人が現れないだろうか?また佐藤健&神木隆之介の名コンビが観たい!

バクマン。 感想まとめ

最近、毎週火曜日の夜が楽しみでならない。ドラマ「重版出来」を観ながら、漫画家や編集者について考えるのだ。

このドラマで、副編集長の五百旗頭さんが、「俺たち編集者は誰に給料を貰ってると思う?」と主人公・心に問うシーンがあった。

同じように、「バクマン。」でも、真城たちの担当である服部が、「僕たち編集者は君たちの敵じゃない!君たちが相手にするのは、読者だ!」と話すのだ。

大切なのは、読者。漫画家や作家は、このことを忘れてはならない。

日本が世界に誇る、文化である漫画。原作ファンとしても、映画「バクマン。」は、最高にファンキーで切ない作品です!

Amazon 映画『バクマン。』の商品を見てみる