映画「バクマン。」佐藤健&神木隆之介W主役!2人の才能が新しい漫画を生む瞬間

バクマン。の概要:大場つぐみ&小畑健原作漫画「バクマン」を佐藤健と神木隆之介W主役で待望の映画化。週刊ジャンプで漫画家の頂点を目指す物語。新妻エイジ役の染谷将太の共演も光ります。漫画愛の詰まった話題作。

バクマン。 みどころ

バクマン。
映画『バクマン。』の見どころを紹介します。

週刊ジャンプで漫画家の頂点を目指す、青春物語

日本が世界に誇れる文化。それは、すなわち”マンガ”!世界中で日本の漫画が読まれています。そんな人気漫画のひとつ、「バクマン」の実写映画が完成しました。2008年から2012年まで週刊ジャンプで連載された「バクマン」は、2人の高校生、真城最高(作画担当)と高木秋人(原作担当)が週刊ジャンプで日本一の漫画を目指す物語です。

ただの成功物語ではありません。ありえないほどピュアな恋も描かれています。出演は、真城最高役に「るろうに剣心」(12~14)の佐藤健、高木秋人役を「桐島、部活やめるってよ」(12)の神木隆之介が演じます。そしてライヴァル・新妻エイジ役を染谷将太、ヒロイン・亜豆美保役を小松菜奈です。特に新妻エイジ役の染谷将太は原作のイメージに近く、カリスマ性もよく表現されていると思います。

漫画を超えた感動をぜひ映画館で楽しんで下さい。「モテキ」(11)の大根仁監督作、10月3日公開予定です。

佐藤健×神木隆之介~二人の才能が結ばれる瞬間

映画「るろうに剣心 京都大火編」(14)で2人は共演しています。異なる考えを持って幕末を闘った者同士として。共演した時間は短くても、2人の才能のぶつかる瞬間を観ることができ、幸せでした。本作では、W主役です。

配役について、反対の方がいいのではという意見があります。容姿や原作の印象から、その意見に賛成です。しかし、性格的な印象だと(健君はやんちゃで、隆之介くんは年齢の割に落ち着いている印象)今の配役でも良いのではないでしょうか。あとは2人の演技力にかかっています。

佐藤健の魅力は、感性が素晴らしく、健フィルターを通過して創造した演技は誰にもマネできないもの。稀有な才能を持っています。「るろうに剣心」の剣心を観た時、そう感じました。神木隆之介の魅力は、悪役でも愛すべき人物にしてしまう変化力。そして柔らかな印象を残す表情です。

「動と静」の個性と才能を持った2人だからこその最強コンビ!ぜひ2人の演技に注目して下さい。また神木隆之介は漫画が好きでオタクっぽいところがあるとか。漫画愛の詰まった「バクマン」、楽しみです。

大場つぐみ×小畑健が描く漫画の魅力

ジャンプの合言葉は、「友情・努力・勝利」です!ジャンプの漫画ファンにとって、この3要素がなくてはツマラナイ。筆者も、「デスノート」と「バクマン」の大ファンです。2人の描く漫画の魅力は、大場つぐみの予測のつかないストーリー展開や死神などのキャラクター、小畑健の美麗でうっとりする作画(とても細部までキレイ)などただ見ているだけでも幸せです。

少年誌がタブーとしていた犯罪物(「デスノート」)を描いたことで、さらに漫画の表現が広がったように思います。おすすめの漫画は、「デスノート」。死神リュークと天才少年・夜神月(やがみ らいと)が”デスノート”に殺したい人の名前を書くと殺せるという筋で、後に犯罪捜査をするLや日本の捜査本部との対決を描くクライム・サスペンスです。アニメ化と映画化を経て、なお人気が衰えず、2015年に日本と韓国でミュージカルになりました。

2015年4月6日~29日に日生劇場で公演がありました。日本版では、小池徹平がL役を演じると話題です。また死神リューク役を吉田鋼太郎が演じるとあって好評だったようです。韓国版では、L役をJYJのジュンスが演じます。

漫画を超えて広がる世界。これからも大場つぐみと小畑健が描く漫画から目が離せません。小畑健の最新作は、原作:榎伸晃の「学糾法廷」です。小学校を舞台にイジメや学校の問題を子供たちの力で解決する学園法廷物。「逆転裁判」っぽいと言われているようです。

まとめ

大場つぐみ&小畑健原作漫画「バクマン」を、佐藤健と神木隆之介のW主役で映画化。週刊ジャンプで漫画家の頂点を目指す物語です。2人の高校生、真城最高(作画担当)と高木秋人(原作担当)は、亜城木夢叶(あしろぎ むと)という筆名で漫画を描きはじめます。そして、ついに週刊ジャンプでの連載を始めるが。ライヴァル・新妻エイジの出現。真城最高とクラスメート・亜豆美保とのありえないほどピュアな恋。

”夢を叶えるまで会わない”という2人の約束。ただの成功物語では終わらない人間ドラマになっています。出演は、真城最高役に「るろうに剣心」(12~14)の佐藤健、高木秋人役に「桐島、部活やめるってよ」(12)の神木隆之介が演じます。ライヴァル・新妻エイジ役を染谷将太、ヒロイン・亜豆美保役に小松菜奈です。主演2人と新妻エイジ役染谷将太の演技に注目して下さい。10月3日に夢の舞台が開きます!

Amazon 映画『バクマン。』の商品を見てみる