『バンド・ワゴン』あらすじとネタバレ映画批評・評価

バンド・ワゴンの概要:「バンド・ワゴン」(原題:The Band Wagon)は1953年のアメリカ映画。監督は「巴里のアメリカ人」でオスカーに輝いたヴィンセント・ミネリ。主演は「トップ・ハット」、「イースター・パレード」のフレッド・アステア。共演は「雨に唄えば」に出演したシド・チャリシー。

バンド・ワゴン

バンド・ワゴン あらすじ

映画『バンド・ワゴン』のあらすじを紹介します。

ダンス映画で名を馳せたトニー(フレッド・アステア )は、自分の人気が下り坂になったことを自覚する時期に迫られていた。ブロードウェイ時代からの親友レスター(オスカー・レヴァント)とリリー(ナネット・ファブレイ)のマートン夫妻が、トニーのためにミュージカル・コメディを書き上げたと、執拗に誘いをかけて来た。トニーは舞台に自信が持てず躊躇したが、ニューヨークへ行く決心をした。マートン夫妻の新作タイトルは「バンド・ワゴン」。彼らの売り込みに乗ったのは、芸術指向の高いジェフリー(ジャック・ブキャナン)という男で、彼は「バンド・ワゴン」を「ファウスト」的な近代歌劇に採り入れようと考えた。

その事実にトニーやマートン夫妻は落胆するが、ジェフリーは巧みな話術を操り資金も握っており、彼のアイディアを一同は受け入れることにした。

そしてジェフリーは、トニーの相手役にクラシックバレエの新星ギャビー(シド・チャリシー)を選んだ。トニーとギャビーは新しい仕事への不安で最初から対立したが、ある夜に二人だけで話し合い、お互いの誤解やわだかまりを解いた。そして「バンド・ワゴン」は幕を開けたが、ジェフリーのあまりにも現代離れしたアイデアのため、興行は惨憺たる結果となった。しかし一方でトニーやマートン夫妻は自分たちの「バンド・ワゴン」を忘れていなかった。トニーは失敗の原因が、ジェフリーが楽しさを盛り込む事をしなかったからだと考え、歌とダンスに楽しさを加えたショーに作り上げた。そして公演の資金作りに、トニーは自分の所有する絵画を全て売り払い、自分の非を認めたジェフリーも新しいショーに参加することになった。トニーたちはニューヨーク公演以前に、地方都市を狙い地味に従業を重ねた。巡業中にトニーのギャビーを愛する気持ちが次第に膨らんでゆくも、彼はそっと胸にしまい込む。しかしギャビーも心秘かにトニーを愛していた。

やがての大一番でブロードウェイの公演は大成功を収め、ギャビーはサプライズの下でトニーに愛を打ち明け、物語はハッピーエンドに幕を閉じる。

バンド・ワゴン 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1953年
  • 上映時間:112分
  • ジャンル:ミュージカル、ラブストーリー
  • 監督:ヴィンセント・ミネリ
  • キャスト:フレッド・アステア、シド・チャリシー、ジャック・ブキャナン、オスカー・レヴァント etc…

バンド・ワゴン 批評 ※ネタバレ

映画『バンド・ワゴン』について、2つ批評します。※ネタバレあり

MGMミュージカルの一つの頂点

アステアのベストと言えばジンジャー・ロジャースと組んだ「トップ・ハット」という人は多いだろうが、MGMミュージカルのベストと言うならこの「バンド・ワゴン」ではないだろうか。アステア、ブキャナン、レヴァント、ファブレーの四人によるナンバーの「ザッツ・エンタテインメント」はミュージカル史上無類の楽しさであり、何よりも「ダンシング・イン・ザ・ダーク」は、優雅で気品のあるアステアのダンスと、シド・チャリシーの得意とするバレエが絡み合う絶妙のナンバーである。ジャズの名曲としても有名なスタンダード・ナンバー「あなたと夜と音楽と」。「バイ・マイセルフ」、「シャイン・オン・ユア・シューズ」、「ガールハント・バレエ」など印象深いシーンに彩られた数々の名曲がエッセンスとなり、アステアの気品に似つかわしい、上質で洗練されたエンターテインメントを醸し出している。

エンターテインメントに徹底された作品作りの妙

代表曲「ザッツ・エンターテインメント」に象徴されるように、あらゆるエンターテインメント性が凝縮され、いかなる状況をもミュージカルに仕立てる奥の深さがスクリーンの中で主張する。ストーリーの中でも登場人物が思い描くエンターテインメントの姿が追求され、その姿勢が本作を名作と成し得た制作現場の想いに結実している。その徹底した思想的な重みを排除する作品作りが、長きに渡り多くの観客に映画の楽しさを提供し、愛された要因である。

まとめ

本作を観ると、映画は目と耳で体感し感動するものであるという鑑賞の原点を呼び起こしてくれる。この時代を象徴するミュージカル映画は、メディアやTVのリバイバルでしか接する機会もないが、映画の原点として存在する「エンターテインメント」という概念は、過去の映画にも力強く残されており、いつでもまた観ることの出来るリアルな一作品として、現代に作られた映画と遜色のない作品として、愛すべき存在であると再認識させてくれるだろう。

Amazon 映画『バンド・ワゴン』の商品を見てみる