映画『バンコック・デンジャラス』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「バンコック・デンジャラス」のネタバレあらすじ結末

バンコック・デンジャラスの概要:ジョーは凄腕の殺し屋として世界中を飛び回っていたが、引き際を感じ取り、次の街で引退することを決意していた。バンコクに降り立ち、いつものように準備を行うが、様々なアクシデントがジョーを襲う。

バンコック・デンジャラスの作品概要

バンコック・デンジャラス

公開日:2008年
上映時間:100分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:オキサイド・パン、ダニー・パン
キャスト:ニコラス・ケイジ、チャーリー・ヤン、シャクリット・ヤムナーム etc

バンコック・デンジャラスの登場人物(キャスト)

ジョー(ニコラス・ケイジ)
凄腕の殺し屋。殺し屋としての様々なルールがあり、捕まらないために厳格に守っている。薬局で働いていたフォンに一目惚れする。
コン(シャクリット・ヤムナーム)
バンコクでジョーと出会い、運び屋として雇われる。明るく陽気な性格。ジョーに気に入られ、殺し屋の弟子として鍛えられる。
フォン(チャーリー・ヤン)
薬局の店員。ジョーと出会い恋に落ちるが、ジョーが人を殺す現場を見てしまい会わなくなる。耳が聞こえず、同僚とは手話で会話している。

バンコック・デンジャラスのネタバレあらすじ

映画『バンコック・デンジャラス』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

バンコック・デンジャラスのあらすじ【起】

ジョーは仕事で世界中を飛び回っていた。報酬のいい仕事だが、根なし草のように1人でいることに淋しさも感じていた。ジョーはプラハを訪れると、事情聴取をしている男を狙撃して殺害した。これがジョーの仕事だった。

ジョーには仕事において4つの掟あった。「その1 質問はするな」「その2 堅気の人間と交わるな」「その3 跡を残すな」「その4 引き際を知れ」。掟のその4にもあるように、暗殺者として長く活動していると次は自分自身がターゲットになってしまうため、ジョーは引退する機会を伺っていた。危険すぎない仕事でお金を得て、足を洗う気でいるのだ。ジョーは次の仕事を最後の仕事に決めた。

ジョーはバンコクの街に降り立ち、人気のない安全な住み家を確保した。そして、街に繰り出し、写真を撮りながら周りの様子を観察した。ジョーはそこで客引きをしている男(コン)を、運び屋として雇うことにした。運び屋として雇う条件は3つあった。少し英語が話せること、お金で動くこと、使い捨てにできること。

ジョーはコンに携帯を渡し、鳴ったらすぐに出るよう指示を出した。そして、腕時計を渡し、指定の場所に1分でも遅れたら報酬はなしだと忠告した。コンはふてぶてしい態度だったため、ジョーは苛立ちを募らせながら、運び屋としての仕事を任せた。

バンコック・デンジャラスのあらすじ【承】

コンはジョーの指示通りに鞄を受け取って戻ってくるが、途中で信号無視をしたため、警察に追跡されそうになる。それを見ていたジョーは、コンに報酬を渡さずに鞄だけ受け取って追い返した。鞄の中には男が写っている写真が入っており、ジョーはそれを見てすぐに火を点けて燃やした。

ジョーが仕事に向けて準備をしている最中、少年に顔を見られてしまう。構わずにバイクを走らせ暗殺を決行するが、去り際に先程の少年と接触事故を起こしてしまう。ジョーは腕に怪我を負ってしまったため、薬局に薬を買いに出かけた。ジョーはそこで出会った耳の聞こえない女性店員(フォン)に、一目惚れしてしまう。

コンは運び屋の仕事をしている最中、金をだまし取った男達に襲われてしまう。なんとかその場から逃げ出しジョーに鞄を渡すが、鍵が開いていたことと、時間に遅れたこととで怒られてしまう。しかも、コンは鞄の中の写真を見てしまっていた。コンはジョーに殺されそうになるが、暗殺者の仕方を伝授してくれと頼み、命を助けてもらう。

ジョーはなぜコンを殺さなかったのか、自分で自分のことが理解できなかった。ただ、コンと自分自身が重なったように感じた。それからジョーはコンに戦い方や、暗殺者としての心得を教えた。

バンコック・デンジャラスのあらすじ【転】

コンはニュースで、写真に写っていた男が殺害されたと知り、何とも言えない気持ちになる。ジョーが1度に仕事をするのは4件までなので、後2件誰かが殺されることになるのだ。

ジョーはフォンが気になったため、薬局に会いに行き夕食に誘った。フォンが承諾してくれたので、一緒に夕食を食べに出かけることになる。ジョーは手話ができなかったため、身振り手振りで会話をしながら、フォンとの時間を楽しんだ。

コンの殺し屋としての指導も終わりを迎え、ジョーはお祝いにバイクをプレゼントした。その一方で、ジョンはフォンとのデートも重ねていた。そんな時、コンが運び屋の仕事をしている最中に、依頼主の手下に後をつけられてしまう。連絡を受けたジョーは携帯を鞄の中に入れて捨てるよう指示を出した。ジョーは携帯に電話を掛け、依頼主の男に次同じことをすれば妻を殺すと脅した。

ジョーはフォンの家を訪れ、フォンの母親と挨拶を交わした。母親から何の仕事をしているのか尋ねられ、ジョーは咄嗟に銀行マンだと嘘を吐いた。ジョーはフォンの家から帰った後、運び屋を殺すために用意していた麻薬を捨てた。

バンコック・デンジャラスのあらすじ【結】

ジョーはコンを連れて仕事に向かうが、ミスを犯してしまい標的に気づかれてしまう。ボートで逃げた標的を追い、激しい銃撃戦の末射殺した。その後、ジョーはいつものようにコンに運び屋の仕事を任せた。コンはジョーが悪人を殺す正義の味方だと感じており、そのことをジョーに伝えた。ジョーは何とも言えない気持ちになる。

ジョーはデートの最中に、フォンから「あなたといると幸せ」と書かれた手紙を貰う。それを眺めていると突然強盗に襲われ、ジョーは咄嗟に反撃して殺害してしまう。フォンは恐怖で顔を強張らせながらその場を立ち去った。

ジョーの最後の標的は、コンが正義の味方だと話していた政治家だった。政治家の殺害は契約外だったため、ジョーは仕事を引き受けずに逃げるか、仕事を引き受けて大金を持って逃げるか、悩むことになる。その後、ジョーは依頼主に報酬の値上げを要求した。依頼主は自分の存在が殺し屋にばれていることを感じ取り、手下に殺し屋達を殺害するように指示を出した。

依頼主の手下はパイプ役に使っていた女を脅し、コンを呼ぶように仕向けた。その結果、コンは手下に捕まってしまう。その頃、ジョーはパレードに準じて標的の政治家を殺害しようとしていた。だが、民衆達から愛されている様子を見て、今まで殺害してきた標的やフォンの泣き顔が蘇り、殺すことを躊躇ってしまう。その間に警察に見つかってしまい、ジョーは殺しを諦め、民衆に紛れてその場から逃げ出した。

ジョーが住み家に帰り逃走準備をしていると、銃を持った男達が侵入してくる。あらかじめ用意していた爆弾を使い、家ごと破壊した。ジョーは男の腕にコンに贈った腕時計がハマっているのを見て、捕まっていることを知り、居場所を聞き出して殺害した。その後、ジョーはフォンに一目会いに行き、何も言わずに立ち去った。

ジョーは依頼主のアジトに行き、手下達を殺害してコンの元まで向かった。そして、コンに女と逃げるよう指示を出した。その後、ジョーは依頼主を殺害しに行くが、ジョー自身も酷い傷を負っており、パトカーに囲まれ逃げられない状態に追い込まれる。ジョーは自分の頭ごと依頼主の頭を撃ち抜いた。その姿をコンは悲しそうな表情で見ていた。

Amazon 映画『バンコック・デンジャラス』の商品を見てみる