映画『バッテリー』あらすじネタバレ結末と感想

バッテリーの概要:『バッテリー』は、あさのあつこの大ヒット小説『バッテリー』シリーズの実写映画。ピッチャーとしての天才的な才能を持つ主人公が、バッテリーを組む友人との交流を通して成長する物語。

バッテリー あらすじネタバレ

バッテリー
映画『バッテリー』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

バッテリー あらすじ【起・承】

原田家は、長男の巧が中学に入学するのに合わせて岡山の新田に引っ越してきた。巧は、監督として高校を甲子園出場に導いた祖父の血を受けつぎ、少年野球ではずば抜けた才能を発揮していた。
そんな巧の才能に、キャッチャーをしている永倉豪は惚れ込み、中学になったら野球は辞めるという父親との約束も反故にしてしまう。

巧の弟の青波は病弱で、母親も青波の方につきっきり。野球がやりたくてもできない青波だったが、兄に最高のパートナーができたことを喜ぶ。

中学に入学すると、巧と豪はすぐに野球部に入部する。監督の戸村に巧は従わず、自分のペースを崩そうとしないが、鬼監督といわれる戸村は巧の才能に目をつける。入ってきたばかりの1年にも関わらずレギュラーに抜擢された巧は、傲慢な態度もあって3年生の妬みの対象となる。
ついに巧は3年部員の一部に集団でリンチされ、これが学校で問題となる。校長は野球部を活動停止にしてしまった。

戸村はリンチに加わらなかった3年のためにも、公式試合には出場できないがせめて強豪校との試合で引退試合をさせてやろうと考えた。

バッテリー あらすじ【転・結】

試合相手の学校は、強力なスラッガーである門脇がいた。巧は、そんな門脇を三振に仕留める。
ところが試合は順調にはいかなくなった。豪が捕球ミスを犯し、バッテリーの信頼関係が揺らいだのだ。巧は豪を信じることができず、甘い球を投げて門脇に打たれてしまう。
巧は、過去にも同じ経験をしていた。またパートナーのミスで信頼関係が崩れ、負けてしまうのではないかという恐怖があり、これを豪に打ち明ける。豪は話を聞き、自分を信じてくれと自信を持って告げた。
青波の協力もあって二人は信頼を取り戻すが、身体の弱い青波は疲労から体調を崩して病院に運ばれる。母は巧を叱るが、青波は野球をやっている兄が生きる励みなのだという。父は巧と青波にも絆があると母を諭す。

巧は青波の思いに背中を押され、試合に戻る。信頼関係を取り戻したバッテリーは周囲も驚くような力を見せた。球場には、今まで青波の病気や野球のことで衝突していた母が巧を応援する姿があった。

バッテリー 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2006年
  • 上映時間:118分
  • ジャンル:青春、スポーツ、ヒューマンドラマ
  • 監督:滝田洋二郎
  • キャスト:林遣都、山田健太、鎗田晟裕、蓮佛美沙子 etc

バッテリー 批評・レビュー

映画『バッテリー』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

友情と家族愛

中学生野球をテーマにした作品なので、友情ばかりに主軸が置かれるのかと思えばそんなことは全くなく、野球・友情・家族との絆、全てがバランスよく描かれていた。
豪との友情は特に見どころで、天才肌で傲慢なところもある一匹狼タイプの巧と、誰に対しても愛想がよく、温厚な性格の豪。性格のバランスもいい。豪は巧と違い、キャッチャーとしての才能はあっても天才というわけではない。だから、いつか巧についていけなくなるという恐れも持っている。こういう天才と秀才(凡人)のバッテリーって、あだち充の漫画でもお決まりのパターンだけに、やっぱりいい。
家族については、短い映画の中でよくまとめ、いいところに落ち着いたと思う。兄にあこがれながらも野球は諦めるしかない青波との関係、野球一筋の父親のせいで野球嫌いになり、息子との接し方もよくわからなくなっていた母真紀子との関係、どちらもちゃんと解決して、最後は巧と豪のバッテリー関係だけでなく家族の絆も深まり、感動できる終わり方になった。

林遣都の代表作として

巧を演じた林遣都は、この映画がデビュー作である。デビュー作にして初主演。天才肌で一本筋の通った巧を上手く演じきった。演技初挑戦とは思えない演技力で、多数の新人賞を受賞している。これ以降いろんな作品に出演しているが、その中でも『バッテリー』は林遣都の代表作と言っていいと思う。
ドラマ化もされたが、それでもやはり林遣都のイメージが強い。それだけ印象に残る演技だった。

バッテリー 感想まとめ

中学生にしては飛びぬけた才能を持つ天才ピッチャー巧と、努力型のキャッチャー豪の友情、そして原田家の家族愛を描いた作品。主人公二人のキャラクターはしっかりできあがっていて、原作ファンも映画の世界観に入り込める。
原作は子供から大人まで楽しめる名作だが、児童小説なので思春期の少年少女にこそ一番楽しめるさわやかな映画である。あまりにも純粋でひねくれたところがない作品なので、様々な経験を積んだ大人が観るとやや物足りないかもしれない。

Amazon 映画『バッテリー』の商品を見てみる