映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のネタバレあらすじ結末

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の概要:アカデミー賞で最優秀を勝ち取った話題作。出演者に実力派エドワード・ノートンや新進気鋭の女優、エマ・ストーンなどを揃えている。現実と妄想が次々と交差して行く世界観に、自然と自分もその境目が分からなくなって行く。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品概要

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

公開日:2014年
上映時間:120分
ジャンル:SF、サスペンス
監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
キャスト:マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、アンドレア・ライズブロー etc

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の登場人物(キャスト)

リーガン・トムソン(マイケル・キートン)
かつて有名ヒーロー映画、「バードマン」で一躍有名となった俳優。その後パッとした活躍がなく、今回一念発起するべくブロードウェイで舞台を企画する。
マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)
負傷した俳優の代わりに急遽起用された舞台俳優。その実力は折り紙つきだが、その傍若な振る舞いからリーガンを精神的に追い込んで行く。
サマンサ・トムソン(エマ・ストーン)
リーガンの娘。親子仲は悪く、アルコールと麻薬中毒でついこの前まで施設に入所していた。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)のネタバレあらすじ

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)のあらすじ【起】

『バードマン』とはかつて爆発的な人気を誇った、全3部作構成の人気ヒーロー映画です。その主役であるバートンを演じていたのが俳優、リーガン・トムソンです。バードマンの人気と共に一躍スターダムを駆け上がったリーガンでしたが、そのシリーズが終了して以降はパッとした仕事もなく、世間はリーガンの存在を忘れつつありました。

そしてバードマンシリーズが終了してから実に20年という月日が流れました。リーガンは再び自分の名を世間に知らしめようと、ブロードウェイで新たな舞台を行う計画を立てていました。有名作品であるレイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自らがアレンジして、その作品で自らを主役に起用したのです。娘のサムをアシスタントに据え、リーガンは舞台の準備を進めていきます。

しかし自身の一世一代の挑戦に不安を隠せないリーガンは、精神的に徐々に追い詰められていきます。そしてなんと、もう1人の自分とも呼べる存在、バードマンの声が聞こえるようになるのでした。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)のあらすじ【承】

バードマンの声はリーガンにしか聞こえず、また、リーガンはバードマンの声だけでなく彼の持っている超能力も実際に使えるようになります。不安定なリーガンの精神状況の中、さらに彼に追い打ちをかけるような出来事が生じます。稽古中に、出演俳優であるラルフに照明が落下、幸い命は取り止めたものの怪我を負って降板となってしまうのでした。

代役としてリーガンが起用したのは舞台俳優、マイク・シャイナーという男でした。マイクの演技力は他の俳優と比べ物にならないほどずば抜けており、そんなマイクにリーガンは舞台の成功を確信します。しかし自分の実力を理解しているマイクの態度はかなり傍若無人、好き勝手に行動してはリーガンを振り回します。

とうとうプレビュー公演を迎えたその日、ベッドシーンを演じたマイクは何と勃起してしまい、観客の注目はストーリーやリーガンの演技などではなく、全てそのマイクの勃起事件に移ってしまうのでした。そしてなんと、マイクとサムが肉体関係に陥ってしまいます。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)のあらすじ【転】

サムはリーガンが別れた前妻との間の子供で、アルコールと薬物中毒でついこの前まで施設に入所していました。自分を振り回す憎き若手俳優と大事な1人娘がキスをする姿を見てしまったリーガンは、気を鎮めるために1人裏口でタバコを吸っていました。するとなんと扉が閉まってしまい、リーガンは外に締め出されてしまいます。

最悪な事にラストシーンを演じるため、リーガンは現在パンツ一枚といった格好です。扉は外側には開かないので、このままではリーガンは舞台を締めくくることができません。意を決してリーガンはパンツ一枚で外を闊歩し、表口から堂々と舞台に上がったのでした。リーガンのその姿はたまたま見ていた通行人により動画サイトにアップされ賛否両論を得ます。

完全に追い詰められたリーガンの前に、とうとう実体化したバードマンが現れます。そして自分のヒーローに「お前はできる」と告げられたリーガンは自信が満ち溢れ、元妻であるシルヴィアに連絡を取り、和解する事に成功します。そして舞台の最後のシーンで、実弾入りの銃を自分に向けて引くのでした。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)のあらすじ【結】

リーガンのその行動は自殺未遂として世間に捉えられます。頭を狙って放ったはずの銃弾は何故か頭をそれ、リーガンの鼻を吹き飛ばすに至りました。リーガンは入院する羽目になりましたが、舞台評論家のタビサから「無知がもたらす予期せぬ奇跡」と高評価を受けます。リーガンの長年の夢であったカムバックは成功したのです。

病院のベッドの上で喜ぶ父親を見ながら、サムはふと病室の窓辺に立ちました。そしてサムは何かを見つけたように空を見上げ、嬉しそうに微笑み物語は幕を閉じます。

(ストーリーとしては明確にされていないものの、実際にはリーガンは実際に銃弾を頭にくらい死んだことが示唆されています)。精神的に追い詰められていったリーガンは途中からバードマンが現れる空想の世界と実際の現実の境目がわからなくなっていきます。最後にサムが微笑んだのは、長年役者として苦しんできた父親がようやくその苦悩から解き放たれた為とされています。)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の解説・レビュー

全編ほぼワンカットと言う演出

本作ではまるで全編がほぼワンカットによって撮影されたかのような演出がなされている。実際には細かくカットを切って撮影して後で編集によって日本の長回しの作品のようにつなげているのだが、監督であるアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥーの巧みな演出力とゼロ・グラビティで撮影監督を担当したエマニュエル・ルベツキの撮影によってそれを可能にしている。この演出は一体何を意味しているのだろうか。簡潔に言ってしまうならばそれは人生そのものを描こうとする演出所以であるといえる。

我々が見ているこの世界、すなわち人生は、映画のようにカットが切れる事はなくずっとつながったものとして目に見えている。本作においてそういう演出をとることで、主人公のリーガンのこれまで歩んできたであろう人生とそれから先に待ち受けているであろう人生が浮かび上がるように設計されているのだ。

ラストの展開

本作で伝えようとしているメッセージについて理解できないという人はさほど多くないとは思うが、評価が分かれるであろうポイントはおそらくラストの展開ではないだろうか。主人公にとってはあの選択こそが自分の俳優生命というものを尊いものにするための行為であると言えるが、あまりにもダウナー過ぎると受け取ってしまう人もいると思う。

しかしながら、本作においてロマンチックなのは実際に主人公を演じたマイケル・キートンが本作で実際にカムバックを果たしたということである。本作での演技をきっかけにマイケル・キートン自身の俳優生命もまた息を吹き返したのだ。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の感想まとめ

アカデミー賞とは文字通りアカデミックな映画に対して贈られる賞である。これはすなわち一般的な観客が抱く面白さと言うものが評価の尺度になっていないという事でもあるのだ。そのためアカデミー賞を受賞した作品は必ずしも一般的な訴求力を備えた作品であるとは限らず、 ときには生理的な面白さとかけ離れたものであることもある。どちらかと言えば本作はそう言った系統の作品であると言える。そのため、エンターテイメント方向に特化した楽しい映画を見たいというニーズには合致していないとも言える。

そのため、映画が何を伝えようとしているのかというメッセージやその圧倒的な映像と言うものそれ自体を堪能しようという姿勢で鑑賞するのがオススメである。

Amazon 映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の商品を見てみる