『ブレイド』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

ブレイドの概要:「ブレイド」(原題:Blade)は、1998年のアメリカ映画。マーベル・コミックの「ブレイド」を映画化した作品。監督はスティーヴン・ノリントン。主演は「デモリションマン」、「ザ・ファン」などのウェズリー・スナイプス。共演に「バック・ビート」、「ブラッド&ワイン」のスティーヴン・ドーフ。「スター誕生」、「天国の門」のクリス・クリストファーソンなど。

ブレイド

ブレイド あらすじ

映画『ブレイド』のあらすじを紹介します。

ヴァンパイア・ハンターのブレイド(ウェズリー・スナイプス)は、黒人とヴァンパイアの混血として生まれてきた男である。母親が出産前にヴァンパイアに襲われたのが原因で、自らの忌まわしい運命を呪いつつ、人類から地球の支配を取って代わろうと目論むヴァンパイアたちを抹殺する使命に燃えていた。ヴァンパイアの一味であるクインも、一度捕らえて焼き殺したが、検死に回された遺体は起き上がり、女医カレン(N’ブッシュ・ライト)の首を咬んで逃走する。ブレイドは仲間のウィスラー(クリス・クリストファーソン)がいるアジトに彼女を連れて行き、ニンニクエキスの注射をしてヴァンパイアに変身するのを予防する。

そんな中で、人間と共存し続けてきた純血ヴァンパイアのリーダー、ドラゴネッティ(ウド・キアー)は、ブレイドの母を死なせた張本人であり、世界制覇の野望を持つ新種のヴァンパイアであるフロスト(スティーヴン・ドーフ)の身勝手な行動に警告を与えていた。彼は古代予言書「マルガの再臨」をコンピュータで解読し、全能の力を得ようと企んでいた。そしてブレイドは宿敵フロストと、彼らのアジトである暗黒院で対面するが、クインたちの攻撃により劣勢になるがウィスラーに危ういところを助けられる。やがてフロストはドラゴネッティを殺害し独裁者になる宣言をする。フロストが「マルガ」を蘇らせるにはブレイドの血が必要だった。彼はブレイドのアジトを襲いウィスラーは瀕死の重傷を負い、最後は自ら命を絶った。そして拉致されたカレンを救出するために、暗黒院に乗り込むブレイドを待っていたのは、死んだはずの彼の母親だった。動揺したブレイドは捕らえられ儀式のために血を抜かれてしまい、フロストは「マルガ」の力を得てしまう。間一髪でカレンの助けの下に復活したブレイドは、死闘の末に敵を全滅させた。

ブレイド 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1998年
  • 上映時間:92分
  • ジャンル:アクション、ホラー
  • 監督:スティーヴン・ノリントン
  • キャスト:ウェズリー・スナイプス、スティーヴン・ドーフ、クリス・クリストファーソン、ウンブッシュ・ライト etc

ブレイド 批評 ※ネタバレ

映画『ブレイド』について、2つ感想批評です。※ネタバレあり

コミックが原作ながら細かい描写がリアリティを描く

コミック原案でありながら、ヴァンパイアの血液成分やらを医学的な見地で分析している設定にリアリティがある。所詮は物の怪相手なので科学的根拠はあり得ないと話なのだが、主人公のブレイドがヴァンパイヤの血が流れていながら、変身するのを防ぐため血清を打っているようなシーンも、リアルな描写力として映画のエッセンスになっているところがハリウッドらしい。アクションシーンも縦横無尽のカメラアングルで小気味よいスピード感とスリルに溢れた描写はダイナミックである。架空の世界を現実として実写で表現する場合は、このようなリアリティがあってこそ観る者が映画の世界に入って行けるものであり、物の怪だと言ってぞんざいな扱いをするのならば、よほどシナリオが面白くなくてはならない。本作は単なるゾンビ的なバンパイアものでなく、血液のDNA分析など細かな科学的描写のリアリズムがアクションと相俟って退屈しない所以である。

注意して観ると笑えるシーンも多い

黒人の角刈りヴァンパイアハンター。一風変わった日本刀とカスタム銃が武器であり、専用のモービルや飛び道具なども凝った作りである。ヴァンパイアとアクションを合体させるという新しいジャンルを開拓した画期的な作品だろう。まぁ、とにかく一番笑ったのは、卑猥な歌を唄う怪しげな日本のアイドルグループの出演するクラブにある敵アジトの入り口が、店の厨房にある冷蔵庫という設定が藤子漫画の「怪物くん」とそっくりだというところだった。フランケンと狼男が出てくれば更に面白かったと思うのだが、アジトにいるのは「ざんす」と語尾に付けないヴァンパイヤだけだった。

ブレイド 感想まとめ

ヴァンパイヤの世界でも、新しい世代と古い世代の確執みたいな話があるというのも現代的な設定である。他にも古文書の謎解きなど色々な設定が織り交ぜられて、悪魔的儀式やミステリー要素も含まれた展開には見応えがある。最後の格闘シーンは最後の最後でそんなアホなというような、ちょっと噴いてしまうような部分もあるが、それはそれでハリウッドらしい思い切ったエンディングだった。今思えば「吸血鬼ドラキュラ」にしても、心臓に杭を打たれたりするような殺し方なので、表現は違うものの似たり寄ったりという感じである。エンターテインメントとして深く考えずに楽しめるアクション・ホラー映画である。

Amazon 映画『ブレイド』の商品を見てみる

関連作品

次作 ブレイド2