映画『ブラインドネス』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ブラインドネス」のネタバレあらすじ結末

ブラインドネスの概要:ある日突然、失明する原因不明の感染病が流行。隔離施設に収容された盲目者達は、それぞれに代表者を立てて、不衛生な施設で生活を続けるも、高圧的な支配者が現れたことで人の醜さが顕わになる。人間の本質を描いた作品。

ブラインドネスの作品概要

ブラインドネス

製作年:2008年
上映時間:121分
ジャンル:SF、ヒューマンドラマ、サスペンス
監督:フェルナンド・メイレレス
キャスト:ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、アリシー・ブラガ、伊勢谷友介 etc

ブラインドネスの登場人物(キャスト)

眼科医の妻(ジュリアン・ムーア)
唯一、失明しない女性。見えないフリをして、夫と共に隔離施設へ入る。人々のありのままの姿をずっと、見つめ続け涙する。慈悲深い女性。
眼科医(マーク・ラファロ)
最初に失明した男を診察した医師。優しい性格で理性的。妻を愛しているも、つれなくされてサングラスの娘にぐらついてしまう。
最初に失明した男(伊勢谷友介)
日本人男性。妻に対して独占欲を顕わにしている。隔離施設脱出後は妻との仲も、穏やかなものになる。
最初に失明した男の妻(木村佳乃)
日本人女性。夫のことを疎んじており、つんけんしている。隔離施設脱出後は夫に寄り添い、思い合うようになる。
サングラスの娘(アリシー・ブラガ)
若い娼婦。元々は穏やかな性格。理性的でリーダーシップの取れる眼科医に、思いを寄せていたが、その後は眼帯の老人に寄り添うようになる。
黒い眼帯の老人(ダニー・グローヴァー)
壮年の黒人男性。穏やかな性格で、ひっそりとラジオを聞いている。ここぞと言う時に、一声を掛けられる人物。
バーテンダー / 第3病室の王(ガエル・ガルシア・ベルナル)
小型の銃を隠し持っており、20代後半から30代前後の男性。横暴で横柄。無理な要求を課して人々を支配しようとする。

ブラインドネスのネタバレあらすじ

映画『ブラインドネス』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ブラインドネスのあらすじ【起】

朝の渋滞した交差点。青信号なのに発進しない車が1台。そのせいで、交差点は混乱し周囲が異変を感じて近寄ってくる。中には日本人男性が乗っていたが、彼は突如、目が見えなくなったと言う。日本人男性が家に送って欲しいと言うため、1人の男性が運転手を買って出てくれた。

車は無事に発進するも、この辺りだろうと降ろされた場所は道路の真ん中。車は男性に乗って行かれ、1人残されてしまう。数分後、同じ男性がちゃんと現れて住まいへ送ってくれたが、どうも怪しい男性である。日本人男性は送ってくれた男性を早々に帰した。

しばらくして、日本人男性の妻が帰宅。突然、目が見えなくなったとの夫の言葉に、眼科医の元へ受診。結局、車は盗まれてしまったので、行き帰りはタクシーである。検査を受けるも原因は不明だった。その後、日本人夫婦は帰宅。

日本人男性を皮切りに、眼科医の元には突然、盲目になる人々の受診が絶えなかった。
眼科医は帰宅して妻にそのことを話して聞かせた。

翌朝、目覚めた眼科医。目の前が真っ白で何も見えなくなっていた。恐らくは、昨日の患者から感染してしまったのだ。その日から、街中の人々が次々と盲目に。病院は目が見えない患者で溢れた。

突如、盲目になるのは感染によるものとして、政府は隔離施設を設置。眼科医の妻も見えなくなったと嘘を吐いて、夫に付き添い隔離施設へと入った。
同じ病棟には、最初に失明した男と車を盗んだ男、サングラスの娘、幼い男の子、眼科医と眼科医の妻がいる。隔離施設はとても不衛生な場所だった。

ブラインドネスのあらすじ【承】

翌朝、更に5人の失明者がやって来る。その中には日本人男性の妻もいた。
ベルの音がしたため、眼科医と妻は急いで出入口へと向かった。前日に1人が転んで怪我をしてしまったのだ。そのために薬を貰おうとするが、入り口に立つ兵士は銃口を向け、近付くなと威嚇してくる。眼科医とその妻は、諦めて病棟へ戻った。

政府の対応はどうなっているのか。その日の昼の食事も足りなかったし、救急セットも貰えない。眼科医の妻は緊急連絡電話で要求するも、その電話でさえいつも留守電対応である。

翌日、更に6人の失明者がやって来た。その後も続々と失明者がやって来る。病棟には人が増え、ゴミが散乱し排泄場所も酷い状態に。ベッドも足りず、各所で寝る人もいた。
見えているのは眼科医の妻だけ。彼女はゴミを集めて燃やし、病棟の中に秩序を保とうとし、清潔についても気を配るように配慮した。

そんなある日、黒い眼帯の老人がラジオを持っていることに気付いた眼科医の妻。彼から外の世界がどうなっているかを、皆に語ってもらうことにした。
最初の24時間で数百人が感染。症状は無痛で“白の洪水”。政府の対応は早く、まずは仮の隔離施設を設置。その後、世界中の専門家医が知恵を出し合うも原因は分からず。
だが、感染は増え続け、相乗効果も相まって次々に起こる事故の犠牲者が増加。パニックに陥った人々は家に引き籠るようになり、交通渋滞は緩和した。
静まり返った病棟に、眼帯の老人がラジオで音楽をかける。誰もがその音楽に耳を傾けた。

その後も隔離施設には盲目者が増え続ける。やがて、施設を警備する軍の兵士が、群から外れた1人の男性を射殺。人々は大パニック。そうして、建物から外へ出ると射殺されることになった。

やがて、病室は第3病室にまで至る。眼科医は第1病室の代表として、食料の分配や射殺された遺体の埋葬を相談にやって来る。しかし、第3病室の王は埋葬よりも食事を優先させると横柄な態度である。
そうして、彼らは全てを支配しようと食料を独占。第3病室の王は隠し持っていた銃で人々を脅し、金目の物と食料を物々交換しようと言い始めるのだった。

ブラインドネスのあらすじ【転】

各病室では金目の物を集め、食料と交換を始める。だが、第3病室の王は第1病室には食料を少なく渡すのだ。自分を不甲斐なく思い、落ち込む眼科医。妻は夫の面倒を見ることに疲れ、離れていく。眼科医は慰めてくれたサングラスの娘と、つい体を重ねてしまうのであった。
その姿を目撃してしまう眼科医の妻。彼女はサングラスの娘に自分が見えることを明かし、この状況では仕方ないと逆に慰めるのだった。

金目の物を奪い尽くした後は、食料と交換に女の提供を要求してくる第3病室の王。第1病室からは8人の女が志願して向かった。その中には眼科医の妻を筆頭に、最初に失明した男の妻も入っている。男たちにいいように蹂躙され、最中に1人の女性が殴られて亡くなった。遺体を抱いて戻った彼女達は、女性の全身を綺麗に拭い弔う。

眼科医の妻は状況を打破すべく、一計を案じることにした。彼女は取り置いていたハサミを持って第3病室へ。お楽しみ中の王を刺して女達を逃がした。
第1病室の男達は報復を恐れ、バリケードを作り始める。そんな中、眼帯の老人が戦って食料を奪おうと提案。ようやく男達が立ち上がる。

ブラインドネスのあらすじ【結】

第1病室が戦いの準備をしている間、1人の女性が第3病室へとこっそり向かう。彼女は眼科医の妻に言われ、ライターを隠し持っていた。そのライターで第3病室の布に着火。火はみるみる燃え上がり、室内は煙で充満し始める。

火事は隔離施設全体を覆い、盲目の人々は全員が外へ。しかし、警備兵を呼んでも誰も出て来ない。もう世界には、見える人が誰もいなくなったのだろうか。
とにもかくにも、隔離施設の盲目者は自由の身となった。

眼科医の妻を筆頭に、手や肩をふれあい列を作りつつ、街へと向かう。街は雑念として荒れ果てていた。盲目の国と成り果てた世界である。

食料の生産もできず、ある物を奪い合うしかない。スーパーを見つけて中へ。地下の倉庫には鍵が無ければ誰も入れない。見える者は眼科医の妻だけ。彼女は地下の倉庫で大量の食糧を発見。2つの袋に詰め込んで戻ろうとするも、物音に気付かれ襲われてしまう。眼科医が妻を救って、どうにかスーパーを脱出した。

飢えた人々と動物が同じ生き物に見える。眼科医の妻は1人涙する。この世界の凄惨さを。無事に服を持って戻った夫と共に仲間達の元へ。外には雨が降っていた。雨は天然のシャワーであり、飲み水となる。仲間達は無事に戻った眼科医の夫婦を労った。

1夜を明かし、翌日は眼科医の自宅へ向かってみる。幸い侵入者は無く、家はひっそりとしたものだった。ようやく安寧を見つけた一行。

雨で身綺麗にし、気の合う仲間同士に笑顔が戻る。目が見えないから肌の色も国も関係ない。そこには何も隔たりがないのだ。あるのは人としての本質だけ。歳も関係なく、純粋に心と心だけの存在となり、共に笑い合って寄り添い合う。

盲目となって初めて、誰もが穏やかに過ごした3日目の朝。最初に失明した男に突如、視力が戻る。その吉報に誰もが涙し喜んだ。彼に視力が戻ったならば、これから順番に視力が戻るに違いない。失明した者達は、誰もがその希望に歓喜した。

眼科医の妻も一緒に喜んでいたが、彼女は静かに微笑むばかり。皆に視力が戻るならば、恐らくは世界でたった1人、見えていた自分にようやく順番が回ってくるということだ。見えなくなる日がいつになるか。それは分からないが、世界は徐々に活気を取り戻すだろう。彼女はそうして、ベランダから街を見つめ、ただひたすらに微笑むのだった。

この記事をシェアする