映画『ブルーラグーン』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『ブルーラグーン』のネタバレあらすじ結末

ブルーラグーンの概要:ブルック・シールズ主演「青い珊瑚礁」の続編。太平洋の名もなき島で生まれた少年が、再び命を受け継いでいく。日に焼けた若きミラ・ジョヴォヴィッチの姿が何とも美しい、愛と青春の物語。

ブルーラグーンの作品概要

ブルーラグーン

公開日:1991年
上映時間:101分
ジャンル:ラブストーリー、青春
監督:ウィリアム・A・グレアム
キャスト:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ブライアン・クラウズ、リサ・ペリカン、ピーター・ヒアー etc

ブルーラグーンの登場人物(キャスト)

リリー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)
宣教師の娘。幼い頃の海難事故で、母と共に漂流。無人島で育つ。賢く、現実的で、愛嬌がある。美しいものが好き。
リチャード(ブライアン・クラウズ)
無人島で生まれ育った青年。両親は海難事故で自殺。サラに拾われ、リリーと共に育てられる。好奇心旺盛で、まだ見ぬものへの憧れが強い。
サラ(リサ・ペリカン)
リリーの母。未亡人。伝道経験があり、未開の地での生活能力がある。たくましく、子供を守る強い母。無人島でも信仰心を失わず、歌やお祈り、祝祭行事で生活を彩る賢い女性。
シルビア(ナナ・コバーン)
無人島に立ち寄った貿易船の、船長の娘。裕福なお嬢様。自分の魅力に自信があり、サラを見下し、リチャードを誘惑する。

ブルーラグーンのネタバレあらすじ

映画『ブルーラグーン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ブルーラグーンのあらすじ【起】

南太平洋を航海中のある船が、漂流している木のボートを見つけた。救助すると、中には一組の男女の死体と、眠る幼い男の子が乗っていた。男女は15年前の海難事故で無人島へ流れつき、人知れずそこで成長し、夫婦となった者達だった。今再びボートで流された彼らは、死を決意して自ら命を絶ち、子のリチャードだけが命拾いをしていた。

リチャードを救った船には、未亡人のサラが赤子のリリーを連れて乗船していた。親を亡くしたリチャードの世話をすると決めたリリー。しかし、この船をも不幸が襲う。コレラ患者が出たのだ。発症すれば、命は無い。船長は、サラと子供達だけをこっそり小舟で逃がす事に決めた。世話係に頑強なケニーを同行させるが、小舟を大海原に出す事は、漂流させるも同じ事だった。

灼熱の太陽の下、次第に水が無くなってくると、ケニーが粗野な本性を現した。水を確保するため、泣く子供達に手をかけようとしたのだ。サラはケニーを銛で殴り、海に落とした。そしてただ海を彷徨い、力尽きかけたその時、サラの目の前に陸地が現れた。

上陸した小島を探検し、荒れた小屋を見つけたサラ。すると、リチャードが歩き出し、ママを呼ぶ。ここは、リチャードの生まれ育った島だった。サラはリチャードを抱き上げ、彼の母になると決めた。

ブルーラグーンのあらすじ【承】

サラが聖職者の夫と過ごした伝道生活で得た知識は、無人島での暮らしに大いに役立った。彼女は食べ物を集め、家を修理し、島の危険をよく調べた。同時に、子供達には英語を教え、マナーを教え、文明社会に戻る準備も怠らない。子供達は服を着たがらない野生児だが、健康で明るい少年少女に育っていた。

サラが決めた一家のルールは、日暮れまでに家に戻る事、満月の日には島の北側に行かない事、サメに近づかない事。どれも、子供達を守るためだった。ある日、小舟で遊んでいたリリーとリチャードは、船を流されサメに狙われてしまう。リチャードが釣った魚を囮にして何とか浜辺まで泳ぎ戻るが、サラは彼らを強く叱った。サラは子供達を深く愛しており、危険から守ると同時に讃美歌を教え、楽しい遊びも教えた。リリーとリチャードは、幸せに暮らしていた。

次第に、男女の体の違いに興味を持ち始める子供達。サラはこれから体に起こるであろう変化について話し、苦労して性教育を試みる。母の苦心など知らず、子供達はあっけらかんとしたものだった。彼らにとっては、自然の生き物達の交尾が一番の教科書だった。

サラは子供達と文明社会に戻る事を目指していたが、その願いは叶わず、肺病にかかってしまう。自らの死期を悟った彼女は、子供達に自分の埋葬と葬儀の手ほどきをした。子供達はその通りに墓を作り、母を弔い、リリーとリチャード二人きりの暮らしが始まった。

ブルーラグーンのあらすじ【転】

リリーとリチャードは、立派な青年に成長した。リリーは母が好んだ文明的なイベントを止めようとするが、リチャードは母の遺志を大切にしていた。イースターの日恒例の、カラフルな卵を探すゲームを始める二人。リチャードの発案で、勝者に賞品を贈るルールに変更だ。リリーは無邪気に卵を集めるが、リチャードはそっと自分の卵を隠し、わざと負ける。そして海に潜り、賞品の大きな真珠をリリーに贈った。リリーは真珠を飽きずに眺め、髪に飾った。

仲の良い二人だが、リチャードの子供っぽさがリリーを苛立たせる時もある。彼が危険を承知でサメと泳ぎの勝負をし、怒ったリリーと口論になった。二人は自分達の心や体や相手との付き合い方が今まで通りにならない事に戸惑い、寝る場所を別にした。

ある日、リリーが初潮を迎え、大人になった。血を見てパニックになるが、すぐに母の教えを思い出すリリー。リチャードの体にも変化が訪れていたが、彼はリリーほど素直にそれを喜べず、大人になった事を証明しようと、満月の日に禁止されていた島の北側へ行ってしまう。

そこでは、遠くに住む島の先住民が、死者の埋葬の為に墓で踊り夜を明かしていた。体に泥を塗り、隠れてその様子を見るリチャード。明け方、先住民の一人と行違うが、争いにはならなかった。嬉々として家に戻ると、心配したリリーが迎えに来ていた。二人は無事の再会を喜び、抱き合い、キスをした。永遠の愛を約束し、結婚式を挙げる二人。

ブルーラグーンのあらすじ【結】

夫婦になったリリーとリチャードは、始終愛を確かめ合い、幸せに暮らしていた。そこへ、一艘の船から降ろされた小舟が島へ近づいてくる。乗組員は8人。1人は若い女性だ。彼らは貿易船の者達で、航海の途中、水の補充に立ち寄ったのだ。女性は船長の娘のシルビア。彼らは、きちんとした英語と握手で自分達を迎えた半裸の男女に驚いた。

リリーとリチャードは、精一杯のもてなしで彼らを歓迎した。事情を知り、彼らをサンフランシスコまで連れて行こうと協力する船長。服を贈り、シルビアがその世話をする。シルビアは、ワイルドで美形のリチャードを気に入っていた。化粧をしてドレスを着、夫に媚びを売るシルビアを見て、初めて嫉妬という感情を知るリリー。

リリーは絵の具で顔を塗り、髪を結ってリチャードに披露する。しかし、その姿は滑稽なだけだった。シルビアに釣りを教えると出かけて行くリチャードに怒り、リリーは一人泉で水浴びをし、絵の具を落とす。その様子を、乗組員の男がじっとりと見つめていた。

男は泉から上がったリリーを追いかけ、家で彼女の真珠を奪う。そしてリリーに襲い掛かろうとした時、リチャードが駆け付けた。リチャードもまたシルビアに誘惑されたが、リリーへの愛は揺るがず、シルビアを置いて帰宅したのだ。男ともみ合いになるリチャード。ライフルを持った男から逃れ、海に出る。リチャードは巧みに男を誘導し、男はサメの餌食となった。

騒ぎを受け、貿易船は翌朝出航する事になった。彼らもその船に乗るはずだったが、突然行きたくないと言い出すリリー。彼女のお腹の中には、二人の子が宿っていた。リリーは、子供を文明社会で育てる事を望まなかった。そして数か月後、どこまでも青い海の中で、愛しい我が子を抱き上げる二人の姿があった。

Amazon 映画『ブルーラグーン』の商品を見てみる