『ブルース・ブラザース』あらすじとネタバレ映画批評・評価

ブルース・ブラザースの概要:「ブルース・ブラザース」(原題:The Blues Brothers)は、1980年のアメリカ映画。監督は「ケンタッキー・フライド・ムービー」のジョン・ランディス。主演はコメディアンであるジョン・ベルーシとダン・エイクロイド。彼らは実際にR&B/ブルースの音楽バンドとしても活動している。

ブルース・ブラザース

ブルース・ブラザース あらすじ

映画『ブルース・ブラザース』のあらすじを紹介します。

イリノイ州のジョリエット刑務所から出所したジェイク(ジョン・ベルーシ)は、孤児院で弟のように共に暮らしてきたエルウッド(ダン・エイクロイド)の迎えを受けた。帽子からサングラス、ネクタイ、スーツ全てを黒に統一した服装で中古のパトカーに乗り、早速孤児院に行った二人は母親代りのシスターに会うが、彼女は資金難で税金が払えず、すぐにも五千ドルが必要だということを知らされる。過去に孤児院で世話になったカーティスに相談すると、ジェームス牧師(ジェームス・ブラウン)の移動礼拝に出席することを勧められる。気乗りのしないジェイクをエルウッドが礼拝に無理矢理連れてくると、ジェームス牧師の説話を聞いていたジェイクは突然神の啓示を受ける。二人は以前仲間と作っていたリズム&ブルースのバンドを再結成し、「聖なる任務」という名目でコンサートで金を稼ごうと考える。早速、以前の仲間たちを集める二人。ホテルの雇われバンドになったマーク(マーフィー・ダン)らを説得し、メンバーは元通りに揃った。しかし、その途中でパトカーとトラブルを起こし、二人は追われる身になった。さらに若い謎の女(キャリー・フィッシャー)が現れていきなり火炎放射器で命を狙われる。ドタバタ劇をくぐり抜け、ようやく郊外のパレス・ホールでコンサートが開かれることになり、当日ホールには溢れる程の聴衆が押し寄せた。しかし、聴衆に混ってパトカーの大群、商売を邪魔されたカントリー・バンドの面々なども席で待機している。コンサートは大成功し、レコード会社の重役がデビューを約束に契約金一万ドルが用意された。そして、厳重な警戒のホールから床下を通り下水道へと逃げ出す二人。しかし下水道には再び例の謎の女がマシンガン片手に立ちふさがる。彼女の正体はジェイクから結婚式を当日にすっぽかされた昔の恋人だった。何とか彼女から逃げ出した二人は、一路シカゴの税務署ヘ向かい、数百台のパトカーをはじめ、他の警官や途中でなぜか現れた軍隊や、訳の分からないネオナチの追手までを含む数千人にも及ぶ追跡をかわし、無事税務所に五千ドルを納めた。

おとなしく警察に従い二人は刑務所へ収監される。数日後、ブルース・ブラザースのステージで演奏される監獄ロックで、刑務所の集会場は大いに盛り上がっていた。

ブルース・ブラザース 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1980年
  • 上映時間:133分
  • ジャンル:ミュージカル、コメディ、アクション
  • 監督:ジョン・ランディス
  • キャスト:ジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャリー・フィッシャー、キャブ・キャロウェイ etc…

ブルース・ブラザース 批評 ※ネタバレ

映画『ブルース・ブラザース』について、2つ批評します。※ネタバレあり

超痛快な音楽エンターテインメント

とにかくストーリーはさておきの映画である。ジェームズ・ブラウン、レイ・チャールズ、キャブ・キャロウェイ、アレサ・フランクリン…。一体どこまでR&Bの大物が出てくるのかという豪華メンバーであり、スター・ウォーズのレイア姫役である、キャリー・フィッシャーがマシンガン片手に大立ち回りを演じる。ジョン・リー・フッカー、チャカ・カーンに、何故かイーグルスのギタリスト、ジョー・ウォルシュまでがチョイ役の囚人役で出ており、音楽ファンは狂喜するようなシーンの連続である。そしてシカゴの納税課職員は何とスティーブン・スピルバーグであった。そういえば「ビバリー・ヒルズ・コップ3」にも遊園地の客としてチョイ役でジョージ・ルーカスが出演していたが、こういったところはハリウッドお得意の隠し球なんだろうと思わずニヤついてしまう。これといったテーマらしきものも感動的なクライマックスもなく、破壊と音楽にまみれた痛快娯楽作品として最高のエンターテインメントである。

音楽ばかりではなくブラックユーモアに溢れた場面展開の妙

ジョン・ランディス監督が絶頂期に撮った音楽映画の歴史的傑作!ニューウェーブが台頭し始めたこの時期に、ブルースのカッコ良さを若い連中に伝えるのには最高のキャスティングだろう。カーチェイスのシーンは間違いなく「フレンチ・コネクション」のパクリである高架下のシーンが演出され、同じ種類のパトカーを惜しげもなく次々と破壊してゆくリズム感のあるカークラッシュも気持ちがよい。最後の税務署のシーンでは戦車やヘリまでが出動し、何千人という数の追跡者が二人を追い詰めてゆくのだが、「ワーーーーーッ!」という追跡者の一斉の叫び声が、不思議と腹を抱えて笑うような面白さを含んでいるのだ。

まとめ

1998年公開の「ブルースブラザーズ2000」では本作のキャスティングに加え、さらにエリック・クラプトンやB.B.キング、ドクター・ジョンという超ビッグネームもクレジットに名を連ね、ジャズの有名ミュージシャンまでが登場するのだが、インパクトと破壊力に於いては本作が一枚上だろう。ジョン・ベルーシが若くして亡くなってしまったのは残念であるが、 ブルースブラザーズはR&Bの復活に貢献し、80年代のアメリカ音楽史に多大な影響を及ぼした一作であることには間違いない。

Amazon 映画『ブルース・ブラザース』の商品を見てみる