『BONES/ボーンズ 骨は語る シーズン7』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「BONES/ボーンズ 骨は語る シーズン7」のネタバレあらすじ結末

BONES/ボーンズ 骨は語る シーズン7の概要:妊娠しているブレナンが、骨を調べる今シーズン。ブースとブレナンは同棲を始めるが、時々ぶつかり合う。今回も、骨を調べ事件解決に努める。

BONES/ボーンズ 骨は語る シーズン7の作品概要

BONES/ボーンズ 骨は語る シーズン7

公開日:2011年
話数:全13話
ジャンル:ミステリー

BONES/ボーンズ 骨は語る シーズン7の登場人物(キャスト)

テンペランス・ブレナン(エミリー・デシャネル)
優秀な法人類学者。ラボで、遺体の骨を調べている。ブースと付き合い始め、妊娠しているも、結婚はしていない。妊娠しているため、感情が不安定。
シーリー・ブース(デヴィッド・ボレアナズ)
FBI捜査官。ブレナンとの、将来を考えているが、一向に進まないブレナンに、時々苛立つことも。

BONES/ボーンズ 骨は語る シーズン7のネタバレあらすじ

海外ドラマ『BONES/ボーンズ 骨は語る シーズン7』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

第1話 埋もれた記憶

サバイバルゲームをしていた男が、腐敗した遺体を発見する。ブースと妊娠しているブレナンは、仲良く同棲していた。ブースは、ブレナンに結婚について話す。そんな時、事件の電話が。

現場に向かうが、ブレナンは妊娠中のため感情が不安定だった。そして、ブースとブレナンは新居のことで喧嘩してしまう。

被害女性のクレアは、2度の失踪届けが出ていた。クレアの頭蓋骨に新しいヒビが発見される。ブース達は、クレアの友人であるトレバーに話を聞きに向かう。トレバーは、クレアが夫を怖がっていたと話す。そして、夫が暴力を振るっていたことが判明する。

クレアを撃った銃がわかり、その銃は過去に強盗で使われていた。共犯だった男の元に、ブースが向かう。男は、クレアの発見された場所をいいあてる。そこには、大金を入れたバックを隠していたと証言する。

サバイバルゲームで使われた塗料の下に、歯型のついたガムを発見する。歯型は、クレアの担当医のものと一致。担当医はギャンブル依存症でお金に困っていて、殺したと認める。

第2話 フードファイター殺人事件

発見された女の白骨遺体はネズミに食い荒らされていた。そして、遺体が倒れていたのは蛇の家だった。蛇の捜索をすると、ともに遺体をラボに。カミールが、遺体を調べていると、お腹の中から、蛇が。

遺体は、ティナ・トーマスと判明し、夫が呼ばれる。夫は、ティナが大食いの大会に出ていて、それでお金を稼いでいたことを話す。ブースとブレナンは、ティナの出ていた大会へ向かう。そこでは、新たな勝者が。ブースは、新たな勝者を疑う。

ティナが近頃、よく吐いていたことを知る。ブレナンは、ティナが妊娠していたことに気付く。それと共に、彼女の骨から、珍しい寄生虫が。その寄生虫は、日本にしか生息しておらず、当てはまる人物は1人しかいなかった。

男は、ティナのスポンサーで、ティナが引退すると稼げないため、怒り突き飛ばしたら死んだと答える。男が逮捕され、事件は解決した。

第3話 悲しきプリンス

袋に入った女性の遺体が発見される。肉が完全に溶けていたため、液体と化していた。だが、指紋を採取できたため、身元が判明した。デビー・コルテスという女性で、弟が捜索願を出していた。

デビーは優秀な社員だったが、最近病欠でよく休んでいたし、こそこそメールをしていたと話す同僚。その頃、ラボではデビーの骨折箇所が一直線であることに気付く。デイジーとブースが、会社のシャッター付近で血痕を発見する。デビーの骨折は、シャッターによるものだったのだ。

デビーのメールをチェックすると、おもちゃをオークションに出している人物と連絡を取っていた。そのおもちゃは、会社から盗まれた物で、売主は弟だった。デビーは、弟に返却しなければ、通報するといっていた。弟が連行されてきたが、弟は否認する。デビーには、恋人がいたことが発覚。だが、彼は殺していなかった。

デビーはシャッターで骨折した後、窒息死していた。車のトランクに入れられていた可能性があった。デビーのボスであるビアンカの車が調べられる。そこには、大量の血痕が。ビアンカは、会社を辞めようとしていたデビーを止めようとしてシャッターを閉じたら、デビーが転んで挟んでしまったと答える。

関連作品

次作 BONES/ボーンズ 骨は語る シーズン8
前作 BONES/ボーンズ 骨は語る シーズン6