映画『コープスパーティー Book of Shadows』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『コープスパーティー Book of Shadows』のネタバレあらすじ結末

コープスパーティー Book of Shadowsの概要:人気ホラーゲームを元にした、2015年公開の「コープスパーティー」の続編。多くの犠牲を払って現実に戻った直美とあゆみが、死んだ友人たちを取り戻すために、時間を遡って再び異世界に足を踏み入れる。

コープスパーティー Book of Shadowsの作品概要

コープスパーティー Book of Shadows

公開日:2016年
上映時間:86分
ジャンル:ホラー
監督:山田雅史
キャスト:生駒里奈、前田希美、池岡亮介、石川恋 etc

コープスパーティー Book of Shadowsの登場人物(キャスト)

中嶋直美(生駒里奈)
あゆみや哲志と「しあわせのさちこさん」のおまじないをして、異世界にある天神小学校から戻ってきたショートヘアの女子生徒。哲志とは両想いだったが、告白などはしていなかった。はじめから存在が消えてしまった友人たちの話をしたため、病院に入院させられていた様子。あゆみに誘われ、死んだ友人たちを取り戻すために、再び天神小学校に向かうことになる。
篠崎あゆみ(前田希美)
直美たちと「しあわせのさちこさん」のおまじないをして、天神小学校から戻ってきた女子生徒。哲志に片思いしていて、直美と哲志の距離が近いことに嫉妬していた。姉ひのえの資料やサチコの骨を見て、哲志たちを助ける方法は時間をさかのぼってやり直す事だと思い込み、直美と共に再び天神小学校に飛ぶことになる。直美とは和解していて、哲志への思いを断ち切ろうとする。
持田哲志(池岡亮介)
過去に直美たちと「しあわせのさちこさん」を行い、戻ってこられなかった男子生徒。直美と両想いだったが、思いを告げることはなかった。あゆみが、直美を置いていこうとした事に気付き、自分の持つ紙と直美のものを交換したために命を落とした。一緒に「しあわせのさちこさん」を行った由香という妹がいて、重度のシスコン。
岸沼良樹(JUN)
過去に直美たちと「しあわせのさちこさん」を行った、金髪の男子生徒。天神小学校で命を落としていた。時間をさかのぼってきたあゆみから、自分たちに起こること全てを聞かされ、今度こそ生きて戻るために奔走する。
篠原世以子(喜多陽子)
過去に直美たちと「しあわせのさちこさん」を行った、直美の親友。以前は、天神小学校でサチコに憑依された直美に、首つり自殺を装って殺された。なぜか首に黒いあざがあり、子供たちの幽霊から死ぬ運命は変えられないと宣言されてしまう。
黒崎健介(水石亜飛夢)
霧崎、刻命たちと「しあわせのさちこさん」を行った男子生徒。サチコから隠れていたところ、直美たちと出会い、一緒に脱出しようとする。
霧埼凍孤(石川恋)
黒崎、刻命たちと一緒に、「しあわせのさちこさん」のおまじないを行った女子生徒。顔半分に怪我を負っている。刻命に助けを求めることが多い。
刻命裕也(青木玄徳)
霧崎、黒崎たちと「しあわせのさちこさん」を行い、天神小学校に飛ばされた男子生徒。足を怪我した友人を置き去りにしようとして、友人から“人殺し”と罵られたことをきっかけに、殺人鬼と化す。以前は小動物を殺していたらしく、死ぬ瞬間が一番命が輝く瞬間だと言って、直美たちの命を狙う。
篠崎ひのえ(石森虹花)
あゆみの姉。黒魔術に精通していて、霊能力を持つ。「しあわせのさちこさん」にまつわるあゆみの話を唯一信じた人物で、解決策を探していた。サチコの骨を入手し、それを使って禁断の魔術書「ブック・オブ・シャドウズ」を探しに来ようとしていた。

コープスパーティー Book of Shadowsのネタバレあらすじ

映画『コープスパーティー Book of Shadows』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

コープスパーティー Book of Shadowsのあらすじ【起】

一生離れ離れにならないようにするおまじない「しあわせのさちこさん」。
だがそれは、この世に恨みを残して死んだサチコさんという少女が支配する、異世界にある天神小学校で地獄を味わう事になる、呪いの儀式だった。

かつて「しあわせのさちこさん」を行い、お互いに思いあっていた持田哲志のおかげで現実に戻って来られた中嶋直美。
しかし、哲志や死んだ友人たちの存在は最初からなかったことになっていて、空想の友達の話をする直美は入院させられていた。

退院して高校に戻った直美は、一緒に異世界から戻ってきた篠崎あゆみと再会。
哲志に片思いしていたあゆみは、嫉妬心から直美が戻ってこられないようにしたのだが、哲志が自分を犠牲にしてそれを阻止した。
直美に謝罪するあゆみ。
そして、姉・ひのえが天神小学校での出来事を信じ、天神小学校での時間に戻れる方法を探し出したと言う。

姉が見つけたサチコの骨を勝手に持ち出したあゆみは、それを使って時間をさかのぼり、天神小学校から友人たちと戻って来ようとしていた。
直美とあゆみは、再び天神小学校に戻る。

コープスパーティー Book of Shadowsのあらすじ【承】

目覚めた直美は、かつて自分が殺してしまった世以子と再会。
しかし、首吊り自殺を装って殺された世以子の首には、黒いあざがあった。

一方あゆみは、友人の良樹、哲志、哲志の妹の由香と再会。
サチコに襲われるが、直美が助けに入る。

別の学校で「幸せのさちこさん」を行った黒崎健介は、霧崎凍孤、刻命裕也と逃げていた。

あゆみが天神小学校に向かったことに気付いたひのえは、妹を追って時間をさかのぼった。

直美、あゆみ、哲志、良樹、世以子は、サチコを成仏させて現代に戻ろうとしていた。
そして黒崎たちを見つけ、一緒に現代に戻る儀式を行うが、天神小学校から出られない。
そこに成仏したはずのサチコが現れ、世以子を殺す。
サチコの体から出てきた口が裂けた少女サチは、霧崎のことも殺害。

逃げる途中で仲間たちとはぐれてしまった直美、黒崎、刻命の3人は、学校に置いてあるカメラの映像を見て、あゆみたちを探すことにした。
録画映像をチェックしていると、刻命が友人を殺す映像が見つかった。
直美の友人・森繁も殺したという刻命は黒崎の命も奪い、直美に襲い掛かる。

コープスパーティー Book of Shadowsのあらすじ【転】

刻命は、自分の意志で人を殺していた。
直美は慌てて逃げ出す。

一方、あゆみ、良樹、哲志の3人は、サチと亡霊に追いつめられていた。
3人はひのえに助けられる。
サチコが成仏したため、生まれることができなかったサチコの双子の妹サチの世界になったから、儀式は意味がないという、ひのえ。
ひのえが通ってきた時空の裂け目を通るしか、帰る方法はなかった。

直美を探すあゆみたちの前に刻命が現れ、直美とはぐれたと言う。
黒崎はサチに殺されたと言うが、哲志は刻命の袖についた血を怪しく思う。

刻命は、哲志と良樹を殺す。
しかし最後の力で、良樹と哲志は、刻命に硫酸を浴びせた。

時空の裂け目は閉じてしまい、仲間たちを救えなかったあゆみは絶望する。
そこに直美が現れる。
ひのえは直美に、禁断の魔術書「ブック・オブ・シャドウズ」を見つければ、死んだ友人たちを生き返らせることができると話す。
天神小学校のどこかにあるはずで、ひのえはそれを探しに来るはずだったが、あゆみが暴走してしまったのだ。

コープスパーティー Book of Shadowsのあらすじ【結】

サチコの声に導かれて歩いていると、顔半分がただれた刻命がひのえを殺す。
ひのえは最後に、あゆみにメッセージを残した。

サチコの声に導かれるまま、禁断の魔術所を探すことをやめない直美とあゆみ。
本が隠されている部屋を見つけるが、そこに刻命が現れ、直美とあゆみに襲い掛かる。
直美を殺そうとする刻命だったが、サチによって殺された。

直美を襲うサチを止めたあゆみは、姉の最後の言葉を直美に伝え、サチを道連れにして命を絶った。

禁断の魔術書「ブック・オブ・シャドウズ」を手にした直美。
そこにサチコが現れ、微笑みながら直美に触れた。

気を失った直美は、あゆみと一緒に天神小学校へさかのぼる直前の教室に戻っていた。
しかし、あゆみの存在も、最初からなかったことになっていた。
「ブック・オブ・シャドウズ」を開き、ひのえが残した言葉を思い出して、本が導く通りにしようとする直美。
願いは、最初からいなかったことにされてしまった友人たちが、生き返ることだった。

すると、天神小学校で死んだ友人たちの声が。
1体の怪物としてよみがえった友人たちを前に、直美は絶望した。

Amazon 映画『コープスパーティー Book of Shadows』の商品を見てみる

関連作品

前作 コープスパーティー