映画『BORUTO NARUTO THE MOVIE』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「BORUTO NARUTO THE MOVIE」のネタバレあらすじ結末

BORUTO NARUTO THE MOVIEの概要:『NARUTO-ナルト-』の次世代が活躍する劇場版第11作目。親であり火影となったナルトと、子であるボルトの確執から、大切なことを親から子へと継承する様を描く。サスケとナルトの息の合ったコンビネーションや、それぞれのキャラの活躍を再び見ることができる作品。

BORUTO NARUTO THE MOVIEの作品情報

BORUTO NARUTO THE MOVIE

製作年:2015年
上映時間:95分
ジャンル:アクション、アドベンチャー、アニメ
監督:山下宏幸
キャスト:三瓶由布子、菊池こころ、竹内順子、杉山紀彰 etc

BORUTO NARUTO THE MOVIEの登場人物(キャスト)

うずまきボルト(三瓶由布子)
ナルトの息子。火影である父ナルトに反発しているも、実は忙しくて構ってもらえないことを不満に思っている。幼い頃のナルトと生き写し。負けず嫌いで強がり。
うちはサラダ(菊池こころ)
瞳術を持つうちは一族、最後の子供。うちはサスケの娘で何事も優秀で賢い。ボルトのお目付け役。気が強く、腕っぷしも良い。ナルトに憧れ火影を目指している。
うずまきナルト(竹内順子)
四代目火影の息子にして、尾獣クラマを宿している最強忍者。木の葉の里の長である七代目火影。手を取り合い、和を作ることを信条としており、何者をも受け止める広い心の持ち主。仙術も使う。天涯孤独の身であったため、息子の扱いに手を焼いている。
うちはサスケ(杉山紀彰)
瞳術を持つ最強忍者。ナルトとはライバルであり親友。冷静沈着で切れ者。大概無表情。ナルトと戦った際、左腕を失っているが、そのままにしており、左目に輪廻眼を持っている。
ミツキ(木島隆一)
ボルトの仲間。ボルトを観察中。常識を知らないことが多いため、ボルトから学んでいる。蛇のように両腕を伸ばして攻撃する。オロチ丸の子供。
大筒木モモシキ(浪川大輔)
全てを見通す白眼を宿し、両手の平には輪廻眼を持っている。大戦の原因となったカグヤの血を引く大筒木一族の系譜。カグヤの悲願を実践しようと画策している。

BORUTO NARUTO THE MOVIEのネタバレあらすじ

映画『BORUTO NARUTO THE MOVIE』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

BORUTO NARUTO THE MOVIEのあらすじ【起】

忍びの里、木の葉。長を務める七代目火影、うずまきナルトにより平和が保たれ文明も成長した時代。ナルトの息子ボルトも下忍となり、任務へ参加するに至っている。
だが、父子の関係は依然変わらず、ボルトは反発してばかり。火影である父親の七光りともて囃されることも嫌だったし、仕事ばかりで家族に寂しい思いをさせていることにも、腹が立って仕方ないのだった。

近々、忍の里5国合同で中忍試験が行われる予定だった。試験への参加必須条件はスリーマンセル。現在、同期であるうちはサラダとミツキ、ボルトでチームを組んでいるが、ボルトは試験には出ないと宣言していた。仲間は参加して欲しいとボルトを説得。ボルトは仕方なく了承した。

その日はボルトの妹の誕生日。ナルトは影分身で自宅へ帰宅するも、誕生日ケーキを運ぶ段になって影分身が消えてしまう。本人が帰宅したのではなかったことに、ショックを受けるボルトと妹。ナルトは結局、家族サービスができず、子供達との間には更なる溝ができてしまうのだった。

その夜、ナルトの家にサスケが訪問して来る。彼が父親の唯一のライバルだと知っていたボルト。サスケに憧れを抱く。
サスケはナルトがいる火影室へ向かい、大戦の原因となったカグヤ城探索の報告書を提出。その後、帰宅しようとするも、ボルトの襲撃に遭う。ボルトはサスケに弟子にして欲しいと嘆願するが、ナルトの得意技である螺旋丸が打てるのか確認。ボルトはまだ螺旋丸が使えなかったため、使えるようになってから来いと言うのだった。

BORUTO NARUTO THE MOVIEのあらすじ【承】

ボルトは早速、先生に螺旋丸の作り方を教えてもらいに行った。段階を踏んで修行に励むボルト。小さいながらも螺旋丸が作れるようになったため、サスケに見てもらうものの、小ささを指摘され最後まで話を聞かずに飛び出してしまう。

町を歩いていて、技術部部長と会ったボルト。機械仕掛けによる化学忍具をもらい受ける。それを使って、サスケの弟子になったボルト。少年は努力もせず、ずるい手を使ったのだった。

忍者は体内を巡るチャクラという力を用いて術を発動させる。修行することにより、チャクラは増えていくものである。努力なくして、強い忍者には成り得ないのだ。ボルトはサスケの修行を受けつつ、ずるい手を考えていた。

中忍試験当日。最初の試験はサラダとミツキの助けによって、試験を通過。化学忍具はチャクラを必要とせず、術を発動させることができる。忍者でなくても、誰でも使える道具だ。ボルトは忍具を使うことに躊躇う。

第2次試験は、旗の取り合いである。ボルトは咄嗟に、化学忍具を使用して自軍の旗を守った。サラダの瞳術により、試験は無事に通過。結果を聞き、密かに喜んだナルトは夕方、息子を褒めに帰宅し次の試験の応援をした。ボルトにはそれだけで、涙が滲むほど嬉しいことだった。

BORUTO NARUTO THE MOVIEのあらすじ【転】

第3次試験は個人戦でチームの勝利を競う。会場には5国の長も観戦に訪れていた。ボルトは修行の成果を実践せず、味を占めた忍具を使って勝利。サラダ、ミツキも順当に勝利を収める。
次の対戦で窮地に追いやられたボルトは、またも忍具を使って勝利したが、ナルトはボルトがやっていることに気付いてしまう。妻の全てを見通す目で精査した結果、やはり忍具の使用が発覚。ナルトはボルトを失格にした。そして、下忍の証である額宛てを取り上げてしまう。

そこへ科学部部長が乱入し、忍具の良さをアピールし始める。だが、別の何者かが姿を現し、会場を破壊。ボルトを避難させようとしたナルトだったが、更に現れた者に急襲されてしまう。かつて、大戦で活躍したナルトの仲間達の活躍により、怪我人は最小で済む。敵はナルトが持つ九尾クラマを狙っているようだ。大筒木モモシキとその従者である。

カグヤとは、別の星からこの星にやって来た者で、忍術の祖であったが、世界を破滅させる存在でもあった。大筒木モモシキらは、そのカグヤの系譜だと言う。モモシキは仙丹を作るため、より多くのチャクラを吸い取っているのだ。仙丹は1粒で修行をせずとも、多くの力を使うことができるらしい。ナルトは仙丹の存在を否定。仙丹を飲んだからと言って、それが本人の本当の力とは言えないのである。

モモシキは多くの仙丹を使用し攻撃するも、ナルトが九尾の力を利用し仲間を守る。サスケも協力するが、モモシキの力は強大であった。
ナルトはサスケに子供達を託し、自らは九尾クラマと一体になり、奴らの力へと対抗した。驚異的で圧倒的なチャクラを発し、守ろうとする父親の背中を目にしたボルト。サスケが以前、ナルトの本質を語っていた言葉が脳裏を過った。

病院のベッドで目を覚ましたボルトだったが、ナルトが皆を守った挙句、連れ去られたことを知る。ボルトは父がいつもいた火影室へ向かった。父との思い出などそんなに多くはないが、それでも寂しさは募る。そこへ、サスケがやって来て言う。試験で忍具を使ったボルトは誰からも敬遠され、母は怪我をして妹は泣いている。ボルトを守る者などもう誰もいない。幼い頃のナルトと同じ状況だと。

BORUTO NARUTO THE MOVIEのあらすじ【結】

サスケはナルトのチャクラを感知することができる。尾獣を宿す者は、尾獣を抜かれれば死んでしまうが、感知できているということは、ナルトはまだ生きているということだ。サスケはナルトを助けに行くと言う。更に他の里の長も加わる。かつて、ナルトが来ていた服を身に着けたボルト。サスケから授かった木の葉の額宛てを装着。その姿は、かつてのナルトと生き写しだった。

サスケの輪廻眼により、別次元へ移動。一先ずはナルトを救出。大筒木の従者を捕縛し、モモシキを追い詰めるが、反撃に遭う。モモシキは従者のチャクラを食らい、鬼と成り果てるのであった。

そこに立ち向かうは、ナルトとサスケである。鬼化したモモシキと戦闘開始。サスケとナルトのコンビネーションは随一。ナルトのクラマに鎧を着せるサスケ。2人は力を合わせ、モモシキを倒すが、そこへ科学部が乱入してモモシキにチャクラを与えてしまう。一気に形勢を逆転される。

サスケはボルトに螺旋丸を作らせ、モモシキへ向けて発射させた。ボルトの螺旋丸は消える魔球である。モモシキは更に仙丹を服用。ボルトの螺旋丸にナルトが力を加え、更に巨大化。かつてはナルトも、四代目である父から螺旋丸を継承したのだ。螺旋丸は親から子へと継承される。

サスケとのコンビネーションで、モモシキの右手の輪廻眼を攻撃。そこへ巨大な螺旋丸を投下。力はボルトの身に余るものだったが、そこは根性でカバー。これにより、モモシキは完全に消滅したのだった。

無事に帰還したボルトは一躍、英雄扱いとなる。父ナルトとの溝も埋まり、中忍試験は会場の再建が済み次第、再開となった。サラダはナルトに憧れ火影を目指しているが、ボルトはサスケに憧れ、サスケのような忍になろうと決めるのであった。

この記事をシェアする