映画『ボーン・スプレマシー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『ボーン・スプレマシー』のネタバレあらすじ結末

ボーン・スプレマシーの概要:CIAと縁を切り恋人と平和に暮らしていた暗殺者ジェイソン・ボーンだったが、ある企みにまきこまれ、恋人を殺されてしまう。ボーンは真相を突き止めるため、再びCIAに戦いを挑む。マット・デイモン主演スパイアクション第2弾。

ボーン・スプレマシーの作品概要

ボーン・スプレマシー

公開日:2004年
上映時間:108分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:ポール・グリーングラス
キャスト:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ジョーン・アレン、ブライアン・コックス etc

ボーン・スプレマシーの登場人物(キャスト)

ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)
CIAの極秘計画“トレッドストーン作戦”によって暗殺者に育て上げられた「殺人兵器」。任務失敗により記憶を失いCIAに追われる身となった。ついに追手を逃れ、恋人のマリーと平穏な生活を送っているが……。
パメラ・ランディ(ジョアン・アレン)
CIA職員。諜報員が殺された事件にボーンが関わっていると考え、彼の行方を追い始める。正義感が強く実直な性格。常に冷静で仕事能力も高い。
ワード・アボット(ブライアン・コックス)
“トレッドストーン作戦”の実権を握っていた人物。どうやらトレッドストーン作戦を使って暗い陰謀にかかわっているようで……。ボーンは自分の過去を知るためアボットを追う。
ニッキー・パーソンズ(ジュリア・スタイルズ)
“トレッドストーン作戦”において、暗殺者たちの管理・監視をおこなっていたCIA諜報員。
グレツコフ(カレル・ローデン)
ロシアの石油会社CEO。ボーン殺害をスナイパーに依頼した男。
コンクリン(クリス・クーパー)
“トレッドストーン作戦”におけるボーンの上官。前作でボーンを追う指揮を執っていたが、“トレッドストーン作戦”の実権を握るアボットに秘密保持のため殺された。
マリー(フランカ・ポテンテ)
前作で偶然ボーンの逃走を手助けする羽目になり、ボーンと恋に落ちた。前作のラストで再会し、2人で平和に暮らしていたが、ボーンを狙った何者かによって亡くなってしまう。

ボーン・スプレマシーのネタバレあらすじ

映画『ボーン・スプレマシー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ボーン・スプレマシーのあらすじ【起】

前作から2年。ジェイソン・ボーンはCIAと縁を切り、恋人のマリーとインドで平和な日々を過ごしていた。しかし2人が乗った車が何者かに襲われ、マリーは死亡してしまう。スナイパーはボーンを始末したと勘違いし、その場を去る。ボーンは彼女の仇をとることを誓う。

ロシアのモスクワ。ボーンを狙ったスナイパーが雇い主のグレツコフに報告をする。

ベルリンで不正送金事件を調べていた諜報員が殺され、現場にボーンを示す証拠が残されていた。これをうけ、CIA本部ではパメラ・ランディがボーンの資料を調べ始め、当時の“トレッドストーン作戦”責任者であるワード・アボットを問いただす。ボーンの上官だったコンクリンはボーンに殺された事にされていたが、実は作戦の秘密を守るためにアボットが殺す指示を出していた。

コンクリンの口座に大金が送金されていることがわかり、CIAはボーンがコンクリンと手を組んでいて、発覚を恐れて諜報員を殺害したのでは?という見解をまとめる。時を同じくして、ボーンがナポリで見つかった。

ボーン・スプレマシーのあらすじ【承】

ボーンはナポリの現地警察に捕まっていた。事情を知らない米国領事館のスタッフがボーンに話を聞く。そこへ領事館スタッフにパメラから電話が入り、ボーンを拘留しておくよう指示する。しかしボーンは彼らを倒し、その場を去る。領事館スタッフの携帯のSIMカードを抜き取るのも抜かりない。

ジェイソンを始末する命令が下り、アボットとパメラは現地へ飛ぶ。

オランダのアムステルダム。アボットは当時ボーンの監視役だったニッキーに接触する。彼女はトレッドストーン作戦において、パリで戦略の管理と工作員の精神状態をチェックしていた。ニッキーはボーンに詳しいと考え、パメラはニッキーをベルリンへ連れて行く。ジェイソンがナポリで再び姿を現した。わざと居場所がばれるようにだ。

ドイツのミュンヘン。トレッドストーン作戦でボーンと同じく暗殺者だった男の家にジェイソンは侵入。ボーンはトレッドストーン作戦のせいでマリーが死んだと思っていたが、その作戦はすでに終わったのだと教えられる。

ボーン・スプレマシーのあらすじ【転】

ベルリン。ジェイソンはパメラの居場所を突き止める。パメラはジェイソン確保の作戦を練っていた ジェイソンはパメラを監視しながら彼女に電話をかける。ニッキーの姿を見て、ボーンは彼女を交渉役に呼び寄せる。

ボーンはニッキーから、自分が諜報員殺しの濡れ衣を着せられていることを知る。その時、失われていたボーンの記憶がフラッシュバックする。初任務をベルリンで行ったという記憶だった。しかしその任務は記録には残されていない。「ネスキーと言う男がターゲットだったはず」。そう言ってボーンはネスキーの正体を調べ始める。インドで命を狙われ恋人を殺されたというボーンの主張を聞いて、パメラはボーン犯人説とアボットに疑いを持ち、事件の真相を探り始める。しかしアボットは、何としてもボーンを殺したい。部下から諜報員殺しがボーンではない証拠を見せられたアボットは、その部下を殺してしまう。

ボーンは記憶を頼りにネスキーを殺したホテルの1室にたどり着く。そこでまた記憶が戻る。それは自分がネスキーとその妻を殺してしまったという記憶だった。ドイツ警察に捕まりそうになるが、何とか逃げ切る。

ボーン・スプレマシーのあらすじ【結】

ボーンはアボットと対峙する。銃を突きつけられ、アボットは一連のトレッドストーン作戦の真相を全て告げた。実はアボットはグレツコフとつながりがあり、不正送金やロシアの改革派政治家だったネスキー暗殺もグレツコフがからんでいたのだ。ジェイソンは引き金を引かずその場を去る。しかし彼はその告白をこっそり録音していた。パメラがアボットの元に向かうが、アボットは自殺した。

ボーンはロシアに飛んだ。自分が暗殺してしまったネスキーの娘に会うためだ。しかし、マリーを殺害したスナイパーに見つかり、命を狙われてしまう。壮絶なカーチェイスの末、ボーンは暗殺者を倒した。

ネスキーの娘に会うことができたボーンは、父親は自分が殺し、それに母親も巻き込んでしまったと言う真相を告白する。彼女は両親の死の真相を知らずに育っていた。ボーンは自分がマリーの死の真相を知りたかったのと同様に、ネスキーの娘も両親の死の真相を知るべきだと考えたのだ。

ボーンがパメラに送った自白テープで事件は解決した。再びパメラに電話をしたジェイソンに、彼女はボーンの本名がデビッド・ウェッブであることなど彼の出自を伝える。

Amazon 映画『ボーン・スプレマシー』の商品を見てみる

関連作品

次作 ボーン・アルティメイタム
前作 ボーン・アイデンティティー