映画『暴力教室(1976)』あらすじネタバレ結末と感想

暴力教室(1976)の概要:監督は岡本明久。主演に松田優作。出演に初演技の舘ひろし率いるクールスを迎え、荒れた学校に荒れた生徒と新米教師がぶつかり合う。しかし、ほんとに腐っているのは権力を持った校長や理事長だった。腐った大人に殴りかかるバイオレンスアクション。

暴力教室 あらすじネタバレ

暴力教室
映画『暴力教室(1976)』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

暴力教室 あらすじ【起・承】

愛徳学園高校に赴任してきた教師 溝口(松田優作)、彼は荒れたクラスの不良グループを叩き直すために校長に呼ばれた、溝口は校長室に行くと、手を焼く連中のファイルを見せられ、大量退学による学校のイメージダウンを避けたいために叩き直してほしいと、学校側の意図も伝えられた。

早速クラスに行き、挨拶をしていると、ナイフが飛んできて黒板に刺さる、投げたのはクラスのリーダー格の喜多条(舘ひろし)だ。
溝口は悠然と投げ返すと喜多条も顔色を変えずどっしり構えている、早速クラスの雰囲気を味わう。

溝口には高校生になる妹 淳子(山本ゆかり)がいた、二人は貧乏だが、仲良く暮らしていた、そんな二人をクラスの不良グループに見つかり、ヤジを飛ばされる。

このクラスには他の教師たちも手を焼いていた。授業をボイコットや、妨害されていた。だが教師たちは怯えて何も言うことができないでいた。
溝口も体育教師として赴任してきたので、体育を受け持つのだが、授業のランニングの際も不良たちは抜け出し、万引きなどやりたい放題。
学校以外でもバイクに乗りまわし、好き放題やっていた。

ある日、不良グループが行きつけのクラブに行くと、女から理事長の娘を紹介される。
娘は不良と一緒にシンナーを吸い、酒を飲み、ベッドで脱いだ。その一部始終をカメラに撮り、理事に写真を送ったのだった。
溝口はグループのアジトへ行き、ネガを返すよう要求した、だがグループの連中は応じず、溝口は何度も殴られる、だが溝口は一向に手を出そうとしない。溝口はあまりの猛攻に無意識で一発殴ってしまったが、喜多条は打たれても向かってくる姿勢にネガを返すことにした。

暴力教室 あらすじ【転・結】

溝口は喜多条に校庭の見える丘へ呼ばれていた。喜多条は溝口のことを調べ上げ、ついには正体を突き止めていた。溝口は元ボクサーで、試合中の事故で相手を殺していたのだった。
さらに喜多条は、溝口に腹の中で笑っている犬教師だと言ったが溝口は相手にせず、
「次、先生に用事があるときは、自分からこい」と伝え、その場を去った。
溝口はおもしろくなかった。
放課後、仲間とバイクでたむろしているところに、溝口の妹を発見する。
中条は後をつけていき、淳子がアパートに入ると、侵入して淳子を犯した。
溝口が帰ると、下着の淳子が、外には喜多条のバイクが走っていた、喜多条は「あれは俺の話会いだ」と捨て台詞を吐いた。溝口が言った「話があるならお前から来い」と言ったのに対して、喜多条なりの答えがこれだった。

二人は殴り合いのケンカをする、それが新聞になり、溝口は謹慎、喜多条は退学になる。

理事長たちは、学校を移転する際に浮いた利益を着服する計画を練っていた。
さらに、生徒会長の新田に、武道会の連中を率いて、不良グループをシメるよう指示していた。

夜の街を女教師の花房が歩いていると、シンナーを吸う理事長の娘を目撃する、理事長の娘に訳を聞くと、理事長の汚職を暴露した。
花房は汚職の件を紙に起こし、大量にコピーしているところを生徒会長の新田に目撃される、新田は校長に問い詰めるが、校長は上手く言いくるめて、すべて生徒の為であることを強調し、さらに、花房と、淳子が二人でいるところを、生徒会や武道会の連中にレイプさせた。その時にわざと、不良グループの犯行に見えるように、覆面を付け、シンボルマークの蛇のついたライダースジャケットを着せた。
淳子は逃げたが、車にはねられ意識不明の重体で病院へ。

喜多条たちグループは、自分たちが警察に探されていることを知る。
病院へ喜多条が向かうと、溝口にボコボコに殴られてしまう、だが、本当に喜多条達がやったのか、溝口は疑いだしていた。

喜多条たちは武道会の一人を拉致して校長の命令であることを吐かせた。
溝口は、喜多条の元へ妹が死んだことを告げにきた、そこで喜多条たちも、校長と理事長の汚職を打ち明ける。

不良グループは退学、学園移転の話は進み、会議が行われていた、そこへ溝口が現れ、辞表を投げつける校長が「狂ってるのかね?」というと、溝口が「狂ってるのはお互い様だ」と言い、掴みかかるが、武道会の連中に妨害される、そこへ不良グループも参戦し、学校中で暴れまわる。
溝口は校長を殴り倒し、狂ったように笑い、校門にいる警察の元へ歩く。

暴力教室 評価

  • 点数:65点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★☆☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1976年
  • 上映時間:85分
  • ジャンル:アクション、青春、フィルムノワール
  • 監督:岡本明久
  • キャスト:松田優作、舘ひろし、山本由香利、安西マリア etc

暴力教室 批評・レビュー

映画『暴力教室(1976)』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

若き日の舘ひろしと松田優作が拝める

若き日の二人の勇姿が拝める、特に映画初出演の舘ひろしなんかすごく若い。
松田優作も「太陽にほえろ!」の三年後の作品ということで、まだまだ若い。そして演技が凄まじい迫力!

配役のリアリティがいい

松田優作はこの映画の撮影中は、とあるドラマの撮影中に予備校生に暴力をふるって事件になり、謹慎処分中の身であった。
その松田優作が演じるのは、元ボクサーで、相手選手を試合中殺してしまい、引退して教師になったという設定だ。劇中も極力生徒に手を出さないようにしているシーンがなんとも現実と被るのだ。
一方の舘ひろしは、当時の本物の不良グループであり、バイクチームであり、ロックバンドであった「クールズ」出身、当時は現役バリバリである。不良生徒役には似合いすぎる配役である。

学園物でよくあるお涙頂戴はない

涙を誘おうとしているシーンはないように感じられた。その辺は潔くてよいのだが、それゆえに美しさはない。暴力や犯罪が大半を占める。男らしさというか臭さといっても過言ではない。
そう、それは豚骨ラーメンのような臭さである。上品なスープをお好みならおススメしない。

暴力教室 感想まとめ

映画の内容は敵対関係にあった先生と生徒が、最終的に権力者の汚職に立ち向かう話になる。
だが、難点は所々で不良グループの行動に不快な思いをすることもある。
なので、立ち向かう姿に感情移入しづらいのでは?と思う。
さらに、教師の溝口がアルコール中毒ではないかというぐらいの酒浸りで、オープニングから酒を飲み登校するシーンがある。なので、こちらも決して真面目な先生ではないのだ。というか、あるまじき行為であろう。

良いところを挙げると、内容のわかりやすさだろう。
さらに痛快なアクションもある。
調べてみると、この映画の正式なジャンルはクライムフィクションというジャンルらしい、
クライムアクションはわかるが、クライムフィクションってなんだ?よくわからないが、
まぁ、学園ドラマではないことは確かだ。

個人的には理事長の娘がシンナーを吸うシーンや、校長が日本刀を持ち出し、切りかかってくるシーンなんかも好きだ。だが、それはこのご時世、地上波では放送されないであろう。ゆえに、貴重な映画でもある。よいこの諸君はマネしないように。

Amazon 映画『暴力教室(1976)』の商品を見てみる