映画『ボーイズ・ドント・クライ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ボーイズ・ドント・クライ」のネタバレあらすじ結末

ボーイズ・ドント・クライの概要:女性として生まれながら、性同一性障害のため男性として生き、差別によって迫害され命を奪われた実在の人物ブランドン・ティーナの半生を描く。主人公を演じたヒラリー・スワンクの繊細な演技が絶賛された。

ボーイズ・ドント・クライの作品情報

ボーイズ・ドント・クライ

製作年:1999年
上映時間:119分
ジャンル:ヒューマンドラマ、伝記
監督:キンバリー・ピアース
キャスト:ヒラリー・スワンク、クロエ・セヴィニー、ピーター・サースガード、ブレンダン・セクストン三世 etc

ボーイズ・ドント・クライの登場人物(キャスト)

ブランドン・ティーナ / ティーナ・ブランドン(ヒラリー・スワンク)
性同一性障害のため、身体的には女性だが、男性として生きている。ネブラスカ州リンカーンで生まれ育ち、幼い頃から自分の性について違和感を覚えていた。外見的には小柄な美青年。
ラナ(クロエ・ゼヴィニー)
ブランドンと出会い、恋に落ちる女性。食品工場で働きながら、バーのカラオケで歌って鬱憤を晴らしている。田舎町フォールズシティでの生活に閉塞感を覚え、いつか街を出たいと考えている。
ジョン(ピーター・サースガー)
フォールズシティで暮らす青年。ふとしたことがきっかけでブランドンと友人になる。粗暴で男臭く、頭に血が上りやすい。数年前の入所中に、幼いラナからの手紙に励まされたことから、ラナに対し異常な執着心を持っている。
トム(ブレンダン・セクストン3世)
ジョンの友人。ジョンと連れ立って犯罪行為に及ぶ。自分の家に火を放って家族を火事に巻き込んだことがある。自傷癖がある。
キャンディス(アリシア・ゴランソン)
ブランドンと親しくなる女性。ラナの友人で、ジョンやトムとも親しい。バーで働きながら単身で一人息子を育てている。男性としてのブランドンに魅力を感じている。
ラナの母(ジーネッタ・アーネット)
ラナの母親。ジョン達全員の母親的存在で、周囲から『ママ』と呼ばれている。自堕落な生活を送っており、酔ってリビングで寝ることもしばしば。
ケイト(アリソン・フォラント)
ラナ、キャンディスの友人。ラナと同じ食品工場で働いている。
ロニー(マット・マクグラス)
ブランドンの従兄で良き理解者。ゲイ。無鉄砲なブランドンに呆れつつも心配している。

ボーイズ・ドント・クライのネタバレあらすじ

映画『ボーイズ・ドント・クライ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ボーイズ・ドント・クライのあらすじ【起】

1993年、ネブラスカ州リンカーン。性同一性障害を持つブランドンは、心身ともに男性になることを夢見ている。ブランドンは、本名ティーナ・ブランドンをブランドン・ティーナに変えて名乗り、胸に布を巻いて股間に男性器を模した遊具を挟み、男らしく振る舞って生活している。

ブランドンは、少女をナンパしてはその家族達に異常者として追われる。従兄ロニーにも愛想を尽かされ、ブランドンは居候していたトレーラーハウスから追い出される。

ある夜、ブランドンはバーで、フォールズシティから来たキャンディスに声をかけ、その友人ジョンとトムを紹介される。ジョン達はブランドンをフォールズシティに連れて行き、ブランドンはキャンディスの家に滞在する。

ブランドンは、過去の傷害事件の裁判を一週間後に控えており、もし出廷しなければ確実に刑務所へ送られることになる。ブランドンはロニーに電話をかけて状況を説明し、すぐ帰ってくるように急かされる。

ブランドンは、ジョン達と共に行動する。ブランドンはキャンディスの友人ラナと出会い、一目惚れする。歌が上手いラナは、バーのカラオケで歌って鬱憤を発散している。

ボーイズ・ドント・クライのあらすじ【承】

ブランドンは、ジョンやトムに持ち上げられ、危険なトラクターレースに参加する。ラナ達が心配する中、ブランドンは男性らしさを示そうと競技に挑戦する。ジョンとトムは、ブランドンを男友達として認める。

その夜に月経が始まり、ブランドンは家を抜け出して商店に行き、生理用品を盗む。ブランドンは薬物で酩酊したラナに会い、家まで送り届ける。酔ったラナの母親が居間で寝ており、ラナはブランドンに家の中を見せたことを恥じる。ブランドンは、ラナに率直に好意を伝える。

ブランドンは、女性であることを必死に隠し、ラナ達に嘘の出自を語る。優しいブランドンにラナは好意を強め、二人は次第に接近していく。

ある夜、ブランドンはジョン達と酔って騒ぐ。ジョンはブランドンに運転を任せ、挑発してきた車を抜くよう煽る。一行はスピード違反で逮捕され、ブランドンは違反切符を切られる。ジョンはブランドンに責任を押し付けていきなり不機嫌になり、ブランドン、トム、キャンディスを降ろし、ラナと友人のケイトだけを乗せて走り去る。

裁判が目前に迫り、ブランドンは、リンカーンへ発つ前にラナに挨拶をする。ラナはブランドンに夢中になっており、二人はキスを交わす。

ブランドンは裁判所に行ったものの、女性であることを衆目の前で公言されることに耐えられなくなり、裁判直前で逃げ出す。ブランドンは盗んだバイクでフォールズシティに戻り、仕事中のラナを誘い出し、二人は屋外で体を重ねる。ラナは、ブランドンが女性であると気づかないでいる。

ボーイズ・ドント・クライのあらすじ【転】

ラナの自宅で、ブランドンのバースデーパーティーが開催される。酔ったジョンとトムが乱入し、その場の雰囲気が緊張する。ブランドンとラナの関係が気に入らないジョンは、ブランドンを牽制し、ラナのプライバシーに干渉する。

ラナは、ブランドンと街を出て都会に行くという夢を抱く。ブランドンは、ラナと同棲するため、ガソリンスタンドで働き始める。

スピード違反の罰金を払いに交通局は行った際に、ブランドンの以前の罪状が明らかになり、ブランドンは女子刑務所に投獄される。ブランドンがキャンディスの小切手を使おうとしたことから、キャンディスはブランドンの素性を疑い、ブランドンが女性であることに気付く。

ラナはブランドンを保釈する。ブランドンはラナに自分が両性具有者だと説明すると、ラナは理解を示し、二人は交際を続ける。

ブランドンが女であることが周囲に知られる。ラナがブランドンを自宅へ連れて帰ると、ジョン達はブランドンに罵詈雑言を浴びせて責める。ジョンとトムは、ラナの前でブランドンを裸にし、ブランドンが女であることを示す。

ジョンとトムは、ブランドンを街の外れの工場に連れて行き、暴行してレイプする。ジョン達は、他言したら殺すとブランドンを脅し、自宅へ連れ帰ってシャワーを浴びるよう強制する。ジョン達の目を盗み、ブランドンは浴室の窓から逃げ出す。

ボーイズ・ドント・クライのあらすじ【結】

ブランドンはラナの家に駆け込み、助けを求める。ブランドンは救急車で病院に運ばれ、治療とレイプ検査を受ける。

偏見に満ちた警察官達から屈辱的な事情聴取をされ、ブランドンは、涙ながらに性同一性障害であることを告白する。尋問を受けたジョンとトムは、レイプ事件には無関係だと言い張る。

キャンディスは大怪我を負ったブランドンを匿い、ブランドンは庭の小屋で寝泊まりする。ある夜、ラナが小屋にやってくる。ブランドンは、自分の出自を嘘で固めていたことをラナに謝る。ブランドンが女だと判明した後も、ラナはブランドンを愛している。二人は、フォールズシティを出てリンカーンへ行く計画を立てる。

荷物を纏めるために自宅へ戻ったラナは、急に怖気付き、街を出る決意が揺らぐ。突如、銃を持ったジョンとトムがラナの家に押しかけ、ブランドンの行方を尋ねる。警察に犯行がバレることを恐れ、ジョン達は口止めにブランドンを殺そうと考えている。

ジョンとトムは、ラナを連れ出し、キャンディスの家へ向かう。ジョンはキャンディスに銃を向けて脅し、助けようと姿を現したブランドンを射殺する。ジョンはキャンディスの子供の前でキャンディスを殺し、その場から逃げる。

ラナは、ブランドンの遺体に寄り添って夜を明かす。ラナは、ブランドンの上着から自分宛の手紙を見つける。手紙には、ラナへの純粋な愛が綴られている。事件が落ち着いた頃、ラナは街を出て、車で夜道を走り抜ける。

この記事をシェアする